感謝経済

腐るお金の話

こんにちは!非公式地下組織join代表の史朗です。

1年以上お金を使わない生活

前回1年以上お金を使わないで過ごした経験は?という投げかけをしましたが、そんな経験はありますか?

既にお気づきの方もいると思いますが、誰しも生まれてから初めてのお買い物までの間、数年間お金を使わずに過ごしてきましたよね(笑)。家族間の贈与で成り立っているという事でした。

これが家族の間だけでなく、「信頼度の可視

もっとみる
フォローもお願いします!
5

お金のいらない世界

こんにちは!非公式地下組織join代表の史朗です。

一番最初のjoinとは?という記事で、究極的にはお金のいらない世界になるのではという事に少しだけ触れましたが、今回はそのお金のいらない世界について書いてみます。

僕たちのVisionは「自分の好きなことで人の役にたつ、自分の出来ることでお互いに助け合う」という事を掲げていますが、ここで目指したいのは、相互扶助・感謝経済・贈与循環で動かす現代版

もっとみる
ヤッター!
11

第440回:金利とは、お金とは、国家とは、人類とは

ワシントンからマレーシアへ戻りました。総移動時間24時間、出発日から起算し到着までに2日ほどかかる旅程はなかなか堪えるものがありましたが、米国でのブロックチェーン展開に確かな手ごたえを感じましたので、結果オーライと致します。

もっとみる

第439回:CPAC2020とブロックチェーンを活用した電子投票制度

米国はワシントンにて、CPAC2020に参加して参りました。大変、映えある案件を頂きまして、この度、ACU(American Conservative Union)の模擬投票、そして世論調査(Year Role Polling)において、弊社が提供するBCvoteというプロダクトの技術が採用されました。CPAC2020では、来場者の方にブロックチェーンをベースとした電子投票が体験できるブースを設け

もっとみる

第438回:ビットコインの暴落と、コロナウイルスのマイニングと

金価格が暴騰しております。全体のトレンドが円安であるため、円建てで見る金の価格がまれにみる高値水準にリーチしております。円安、金高、株高(ダウ)、という構図を見ると、“有事の円”と言われた時代の、リスクオフ=円高という構図が崩れ、明らかに次世代金融市場に足を踏み入れているのだなという実感が強く湧きます。

もっとみる

第437回:決算と事業とブロックチェーンと

コロナウイルスの猛威が止まりません。日に日に感染者は増え、発症者も増え、感染が及んでおり、最悪のケースを試算し社会共有すべきタイミングに来ているように感じます。10年ほど前にリリースされた映画、『感染列島』(まさにコロナの予言的映画です。感染経路にコウモリも出てきます。お勧めです)を地で行く展開は非常に恐ろしく、もちろん立場としては事業家ですからこうした環境下でも常にベストパフォーマンスに尽力する

もっとみる

これって大丈夫ですか?

これって大丈夫ですか?

こんな質問を顧問先、コンサル先などに聞かれることは非常に多いのですが、

一般的には、例えば士業において、第一義的にはクライアント自身にとっての問題、具体的には行政法、刑法、税法的な問題がないかを回答している方が多いようです。

ただ、私の場合、その取引などをすること自体に問題がないか、または相手方がいる場合その相手との関係性を保つことを重視するため、なんらかの問題を起こ

もっとみる
スキ、ありがとうございます。

相続と贈与1分メモ

【相続と贈与 1分メモ】

本日も相続に関わる相談を受けたのですが、その中で、贈与をするという考えを持たれている方の書類作成(公正証書)の相談を受けました。

贈与自体はよいのですが、相続と違い控除される枠が非常に小さいので、税理士の意見も聞かないといけない案件になりました。

贈与の金額が数十万程度であるとそれほど大ごとにならないのですが、1000万単位となると税金その他の費用で100万を超える

もっとみる
Danke!thank you for your like!
4

第436回:コロナ汚染地域や米民主党の集計シーン、ブロックチェーンの活用可能性は拡大の方向へ

一時は沈静化したように感じる状況もあったコロナウイルスでしたが、直近の相場が下落傾向に入るなど、新たな悪材料を織り込みつつあるように感じます。中国政府は、当該ウイルスの感染発表において、大体死亡率2%の計算で推移していることを強調しますが、一部の識者からはその10~100倍の感染者がいてもおかしくないとの指摘もあり、引き続いて何が嘘で、何が事実か、不明瞭な状況が続いております。

もっとみる

第435回: コロナウイルスとLINEコインと中国封鎖

連日の報道にもあります通り、コロナウイルスが猛威を振るっております。非常に心配な状況が続きます。何が真実で何がゆがんだ情報なのか不明ですが、ともかく状況が不透明なのは事実です。今週は市場反応も上下に揺れておりましたが、金曜日のダウを見る限り、週明けの相場に対するネガティブな影響は覚悟が必要かもしれません。

もっとみる