ごちっぷ(公式)

ごちっぷの公式アカウントです。 このページではごちっぷの最新情報をお届けします。

ごちっぷ(公式)

ごちっぷの公式アカウントです。 このページではごちっぷの最新情報をお届けします。

    最近の記事

    「ごちっぷ」をリリースして気づいた価値

    こんにちは!ごちっぷ株式会社 代表の高橋です! ごちっぷは2021年2月にリリースし、今では全国の飲食店を中心に35店舗ほど導入決定を頂いております。 ~すべてのおもてなしに感謝と対価を~をテーマに、飲食店などで提供されるおもてなしに、「お金」と「メッセージ」という目に見える形で感謝を伝える文化をつくりたいという目的をもって、日々サービス改善をしております。 ごちっぷを実際に運用してみたり、いろんな方にお話を聞いて頂く中で、我々も気づいていなかったごちっぷの価値がたくさ

      • ごちっぷが飲食店4店舗にて初導入されます!!

        こんばんは!ごちっぷの高橋です! ごちっぷ、着々と開発を進め、ついに2021年2月8日より東京神田で飲食店を経営されている株式会社スマイルリンクル様に導入いただけることになりました! 実際のテスト店舗は下記になります。 ーーーーーーーーー ☑ フレンチビストロ Tchin-Tchin GORO 神田駅前店 : https://tabelog.com/tokyo/A1310/A131002/13237203/ ☑ Big-Pig 神田カープ本店: https://tab

        • オリンピックこそ「おもてなし」が注目される最高のチャンス!

          ごちっぷの高橋です。 今日たまたま道を歩いていると、「オリンピックまであと243日」と書いてある電光掲示板を見ました。 もともとごちっぷを始めたきっかけとしてもオリンピックというのは非常に重要なキーワードだったのです。 滝川クリステルさんのスピーチで有名になった「お・も・て・な・し」という言葉。このような日本の素晴らしい文化が世界に認めてもらえるチャンスがオリンピックだと思っています。 私たち一般人でも何かオリンピックの際に、世界の人に認めてもらえる/楽しんでもらえる

          • 【投げ銭】と【ごちっぷ】の違い

            こんばんわ!ごちっぷの髙橋です。 クラウドファンディングにて「ごちっぷ」を知ってもらい、色々と興味を持っていただく機会も多くなりました。 今回は、その中であった1つの質問にお答えしたいと思います! 「ごちっぷって投げ銭みたいなもの??」私たちはこの問いには、明確にNOであると答えています。 例えば「チップ」みたいなものと捉えると大枠、似たように感じるかもしれません。 でも「投げ銭」と「ごちっぷ」では起点が違うのです。 「投げ銭」の裏側にあるキーワードは「応援」だと

            「感謝経済」をつくりたいのです!!

            こんばんは!ごちっぷの髙橋です! 私たちが運営している「ごちっぷ」ですが、これが広まるとどんないいことがあるの?ということを書きたいと思います。 「感謝」を見える化すると日本の経済が変わるのですちょっと飛躍した感じに聞こえますが、私たちは心からそう信じてます。 私たちは「すべてのおもてなしに感謝と対価を」をテーマにサービス運営しています。 みなさんは心のこもったおもてなしを受けたときに、もう感謝を伝えたくてしょうがない!!という感情になったことはありませんか? 私の

            「ごちっぷ」クラウドファンディング~7日で目標の1118%達成です!!

            こんばんは!ごちっぷの髙橋です。 2020年11月2日よりごちっぷのクラウドファンディングを開始しました。 目標金額を10万円に設定していましたが、なんと開始19分で目標達成!ご支援いただいた皆様、心から感謝しています! そして開始から7日目となる今日、大台の100万円も突破し、目標の1118%達成となっています! ーーーーーーーーーー Aさん:がんばっている人、本当に価値を提供していただいている方にお礼をしたいという思いがありました。応援しております! Bさん:

            すべてのおもてなしに感謝と対価を渡せる「ごちっぷ」をスタートします!

            はじめまして!ごちっぷ株式会社代表の髙橋拓矩(たかはしたくのり)と申します。 私たちは「ごちっぷ」というサービスを開発しているのですが、その背景には私たちが描く理想の世界があるのです!(少しお付き合いください・・) 皆さんは、誰かから受けたおもてなしに対して言葉にできないほどの感謝を感じたことはありませんか? 私の周りでもこんな話をよく聞きます。 東京在住 Aさん 34歳 とある飲食店に行った際、数回しか来店してないのにもかかわらず、顔を覚えてくれていて感動しました