誰かにかけてあげたい言葉

誰かにかけてあげたい言葉は、 本当はいちばん自分にかけてあげたい言葉なのかもしれないと、思う。

#7 小説の舞台が変わる時

 私はどちらかと言うと古いタイプの人間だと思っています。  本は紙の方が好きですし、人と話す時は直接顔を合わせて話したいです。最近は現金よりもクレジットカードを使うようになりましたが、少し前までは100%現金主義でした。  ですが、時代は動いています。この流れの中で小説の立ち位置も…

#333 歌川広重が雨を「線」で表現する前の、雨の表現を見に行く。

浮世絵作家の歌川広重が世界で初めて雨を「線」で表現する前の世界、雨はどう表現されていたのか、見に行ってきたので、メモ。 1、世界で初めて雨を「線」で表現したのは歌川広重。絵で雨を表現するなら、「線」で表現するのは今や「常識」です。 この表現を世界の「常識」にしたのが、浮世絵作家の…

代休

『あれ?擦った??』 との問いに凍りついた たまにこの流れで軽くお説教が始まるからだ それか、『ま、これぐらいなら大丈夫です』 のどちらかだ この違いは眼科医のご機嫌によるものなのだと勝手に思っていたけど、実際の所見からのお言葉なのだろう 顕微鏡からカルテに視線を移し、厳しい横顔で私の…

社会人になると友達ができなくなるのは何故か

これ、結構悩んでいる人多いんじゃないでしょうか。 少なくても、僕の周りには「社会人になると友達ができない」できないって人が結構いました。 色々考えたんですが、"社会人が友達ができにくい環境"というよりは、"学校が死ぬほど友達ができやすい環境"なんだと思います。 めちゃくちゃ今更なことで…

悩みなさそう

先日、ある方から私の人生において珍しいことを言われた。 「悩みなさそうだよね」 なんだかビックリした。 これまで生きてきて、あまり言われることのない言葉だったし、人によっては「闇あるね」と言われる類の人間だったもんで、こう見られる意外性に驚いた。 そして、そんな風に見えるのかと少…

本当に暑いです。 本当に6月なのでしょうか。 アスファルトに反射する日光が憎いです。

どうしても好きになれない後輩

大学時代のバイト後輩でどうしても好きになれない子がいた。 その子は絵に描いたようなサブカル少女で、華奢で豆粒みたいなさっぱりした顔立ちと、サバサバした性格が男の子たちから人気だった。 当時はサバサバした性格を盾にタメ語を使ってくるところと、サブカル気取りのインスタグラムがいけすか…

不自由さをより快適に!を楽しもう

ご覧いただき、ありがとうございます😊 天気予報によるとこの週末までは天気が良いようで、来週からは不安定な天候でそろそろ梅雨に入りそうなことを言っていました。 私はまたベランダで何か料理を作ってのんびりしようかな〜?なんて思っています。 さて、こんな記事があってちょっと気になったの…

脳内結婚式

先週末、私の9歳上の兄が 結婚から一年半で 念願の結婚式を挙げました。 やっぱり 結婚式って 最高の世界…🌏 毎度のことですが 挙式では、お互いの両親より  私が ギャンギャンに泣いておりました🥲 バージンロードの最後に 新婦さんの手が、お父さんから新郎さんに渡る時。 これまでのそれぞ…