蝉/浄土

梅雨時、ムクドリが列をなして何か地面から拾って食べている。たぶん虫。行方不明者の捜索隊の様に列を大まかに保ちながら進んでいく。去年の夏、ちょうど蝉が羽化する時期にもムクドリどもは残党狩りよろしく地面を舐めるように並んで歩いていた。

蝉は地中から出てだいたい2週間程度で死んでしまう。寿命を使い果たさなくても何かしらに食べられたりして死ぬ。地面から出て、運良く捜索網を潜り抜けてようやく羽を広げられる

もっとみる

あなたはそっち、わたしはこっち

自分とは性格も価値観もかなり逆な人とお付き合いをしたことがある。

彼は都会好き、わたしは田舎好き。
彼は集団でいることを好む、わたしは1人でいることを好む。
彼は論理派、わたしは感覚派。
彼は上昇志向が高い、わたしは上昇志向がそんなにない。

好きだと言われて始まった関係だったけれど
わたしの何をあの人が好きになったのかもわからない。
あの人の何をわたしが好きになっていったのかもわからない。

もっとみる

みんなそうだよ

「みんなそうだよ」

誰かになにか相談した時、「みんなそうだよ」っていう言葉をよく聞く。

ここ立て続けに、それを聞いた(笑)

グループカウンセリングに参加してみたのだけど

相談したら

「みんなそうだよ」って言われた。

そして、また別のカウンセリングでも「みんなそうだよ」を聞いた。

なんか、なんだろな、、、

私が「みんな」という呪いの言葉に侵されてるから

それでカウンセラーさんが「み

もっとみる
ありがとうございます\( ˆoˆ )/

『映え』の世界の住人たち

可愛い自撮り。豪華な食事やお酒。色とりどりのアクセサリーや、フォトジェニックな風景。

今やSNSの中で、これらを全く目にしない日はなくなってしまった。
ツイッターでもインスタグラムでも、いかに『映え』るかを競い合っている。
その人個人が、何を感じ、何を考え、どうゆう過程を経て今に辿り着いているか…なんてどうでもよく、
とにかく世間は、『映え』以外を認めようとしてくれない。

急に、それらのすべて

もっとみる
noteはじめたばかりなので、スキいただけてとても嬉しいです!
2

"ゆずる"ということは"急かす"ということ。

車で走っていると。

横断歩道を渡る人たちをゆずることがあったり。

逆に、ほかの車に「どうぞ」とゆずられたり。

でも僕は、"ゆずられて急がない人"を、まず見たことがない。

大抵の場合、

会釈とともに、歩行者なら、"走る"。走らないまでも、"早歩き"はする。

だから、必ずしも"ゆずる"っていうことが良いこととは限らないよね…って思う。

間接的にでも、急かしていることと同じにならないか、っ

もっとみる

意識する

自分だって、完璧じゃない。

めちゃくちゃ優しくて親切な時もあれば、

ちょっとぶっきらぼうになってしまう時だってある。

自分に色な思いがあるように、どんな人にもいろんな思いがあるんだ。

許して、許されていくしかないね。

ニュースを見て一言

くだらない

人間はもうすこし賢いと思っていた。
中共にしてもだ、弾圧する側も国民、弾圧される側も国民である。
暇すぎるというのも毒なのだということを知った。
人間は健康に生きれて50年くらいであるが、その大半を下らない権利争いに費やす人間の気が知れない。
コロナコロナだと騒いでいるが、働いているではないか。命が惜しいといいつつ働いているではないか。
私は社会が壊れようとも生きるだけなら出来る知恵

もっとみる

当たり前のこと

こんにちはー。スピカのきむらです。

雨がやっと・・・あがりましたね。気持ちの良い青空!
あちこちアジサイ咲いてますね。

もう7月なんですよね。
今年も半分過ぎました。
6月を振り返ると、やっと平常に戻って施術ができたので、個人的にはそれだけで、ホントよかったです!
あとはマイペースに淡々と、他人は気にせずぼちぼちやっていこうって気持ちを新たにすることができました。
自粛期間中に来れなかったお久

もっとみる

200701 | エスペラント語、ポーランド、そしてザメンホフさんについて語る記事だね

急にエスペラント語について語りたくなる時期が人間には誰しもあるね。そういうわけでエスペラント語について語ります。

本当にエスペラント語についてしか語らないから注意してください。

===

エスペラント語をしっていますか。中二病のみんなは知っているよね。人工的に作られた世界共通語だね。

エスペラント語はルドヴィコ・ザメンホフという人が作った言語。可愛いは作れるし言語も作れる。

違う言葉を話す

もっとみる
好きなお菓子言います。鳩サブレ
9

生(セイ)の実感

昼から夜までずっとやる気も出ずぼんやりしていた癖に、布団に入ったら頭がすっきりし始めて困った。例のごとく眠れないうちに空が白んできてしまったので、布団から出ることにした。昼夜逆転など知るか。

豆乳の空パックを洗って開く。ゴミ袋を持って外に出る。頭が動いていない時は視界に入っていても意識されなかったそれが、今はひとつひとつ現実感を帯びてそこに「ある」と認識出来る。

外はすっかり晴れてほの明るく、

もっとみる
スキして頂き感謝です。