山梨県立文学館

文学館の学芸員さんのお仕事

文学館の学芸員さんのお仕事

山梨県立文学館のPR活動に参加させていただく機会が増え、「山梨文学館文学館で印象に残っていることは何だろう?」と思い返すと、展示を楽しむのはもちろんのこと、毎回の学芸員さんとのお話も楽しみの一つでした。そこで、学芸員さんが具体的にはどのようなお仕事をされているのか、どのような方なのか知りたいという気持ちからインタビューの機会をいただききました。 今回ご協力してくださったのは学芸員さんの中野和子さんです。私(谷)は中野さんにお会いするのは3回目でしたが、少し緊張しながら取材へ

スキ
4
富士山に登る際に文学で富士山を知る
+1

富士山に登る際に文学で富士山を知る

みなさん、こんにちは。 富士山が7月10日から開山になり、登山を検討している人もいるのではないでしょうか。そんな方に、富士山をもっと知ってもらうため、より良い思い出にするためにおすすめしたいのが、山梨県立文学館の特設展「文学の中の富士山」です。 山梨県立文学館へのアクセス山梨県立文学館は、山梨県甲府市貢川にある芸術の森公園の中にあります。山梨県立文学館から富士山までは、車で約2時間かかるので、はっきり言ってかなり遠いですが、登山帰りによるというのは難しいかもしれませんが、

スキ
1
作家の見る富士山に触れる〜富士山の魅力〜
+9

作家の見る富士山に触れる〜富士山の魅力〜

みなさん、こんにちは。突然ですが質問です! みなさんは『日本の山といえば?』と問われたら、何と答えますか?みなさんの答えを当てて見せましょう。 ・・・ 『富士山』ではないでしょうか! 富士山は国民的な山です。学校の音楽の時間でも「富士は日本一の山♪」とうたいますよね。 今回は、様々な著名な文豪たちの見た富士山を体感することができる特設展のご紹介をします。 1.山梨県立文学館ってどこにあるの? 文学館は甲府駅からバス・タクシーで約15分。自家用車であれば中央自動車道

スキ
2
それぞれが思う「富士山」
+1

それぞれが思う「富士山」

みなさん、こんにちは。 私は山梨県立文学館で開催されている特設展「文学の中の富士山」に行ってきました。展示の内容に合わせてか、展示室に向かう階段の部分に富士山が! 天井にも富士山カラーの飾りがつるさげてあって、文学館の方々の心遣いを感じました。 古典から近代現代文学にかけて、作家によってさまざまな形で表現された富士山の魅力を風景、暮らし、アウトドアという身近な視点から紹介してしていくという特設展「文学の中の富士山」。 展示室の中に入ると、最初に目に飛び込んできたのは河

スキ
1
魅力の一つ、学芸員さん
+2

魅力の一つ、学芸員さん

文学館に顔を出す機会が増え、「いつもの学芸員さんだ!!」と顔なじみになりつつある今日この頃… 私は山梨県立文学館にお邪魔するまで文学館という場所に足を運んだことがなく、どこか「難しさ」や「堅苦しさ」を持っていました。また、学芸員さんというお仕事は、様々な方とお話する必要があり、対応力が求められるお仕事なんだろうな~という印象が強かったです。少し遠い存在な気がしていました。 山梨県立文学館はそうでなくて、学生を歓迎してくださっていて足を運ぶだけで声をかけてくださる素敵な皆さ

スキ
2
初めて山梨県立文学館・美術館に行ってきました!

初めて山梨県立文学館・美術館に行ってきました!

今日、山梨県立文学館と美術館へ行って来ました!文学館と美術館は隣り合わせ。せっかくの機会ですので、両方おじゃましました。 まずは文学館へ行きました! 芥川龍之介の原稿や樋口一葉の作品など有名どころの文学作品が多く展示されていました。私の勝手なイメージなのですが、作家さんはみんな字が上手いものだと思っていました💭 実際に原稿の字を見てみると丸文字だったり、走り書きだったり意外と雑な字で書かれていました。字はその人の性格を表すので、字からその人がどんな人なのか想像するのも面

スキ
4
画面では魅力って伝わらないんです。。。

画面では魅力って伝わらないんです。。。

こんにちは、min☆teaです! 突然ですがみなさん、最近本って「何で」読んでますか? というよりそもそも「紙の」本って手に取ってますか? いま、新型コロナウイルスの影響でなかなか外にも行けず、おうち時間を 過ごすことも多いですよね。 でも、結局やるのはいつもと変わらない家事や育児、そして気分転換でも映画鑑賞やネットショッピングとなんやかんやでお金がかかる・・・ なら、せっかくの機会に本の、作家のリアルを覗きに少し足を伸ばしてみませんか? 今回はそんなみなさんを特設展『作

スキ
7
山梨県民プレゼン!はじめての文学館

山梨県民プレゼン!はじめての文学館

こんにちは、min☆teaです! 今日は生まれも育ちも山梨の私が人生初の文学館に行ってきた様子を 特設展『作家の愛用品』とともにお伝えしようと思います。 突然ですがみなさん、山梨県立文学館ってご存じですか? (お恥ずかしいことに私はきちんと知らなかった汗) 外観はこんな感じです↓ 場所はあの有名なミレーの『落ち穂拾い』が収蔵されている山梨県立美術館の向かい側にあります。迷ったら左側に写る噴水が目印! 設立から約35年とまだ歴史は浅いですが、山梨にゆかりのある数々の作家

スキ
6
文学館関係者の方々の優しさと私なりの提案

文学館関係者の方々の優しさと私なりの提案

◎はじめに山梨県に引っ越して来てから、もうすぐ2か月が経ちます。360度山に囲まれるような景色は見慣れてなさ過ぎて、何かがしっくりこないような感じがして。今回の課題である【山梨に関する記事を書く】という内容にも正直、あまり乗り気がしませんでした。理由は、山梨に対して何も思いがないからです。しかしながら、文学館からの帰り道に「来てよかったな」と思うことができました。それは、高校生の頃に文豪作家を題材にしたアニメやゲームについて、友達とたくさん話したことを思い出すことができたから

スキ
5
友達の好きなものがこの県に詰まっている

友達の好きなものがこの県に詰まっている

山梨県に引っ越して来てから、もうすぐ2か月が経つ。360度山に囲まれるような景色は見慣れてなさ過ぎて、何かがしっくりこないような、ソワソワしてしまうような、そんな落ち着かない日々。「東京帰りたいな」なんて一日に10回は考えている。今回の課題である【山梨に関する記事を書く】という内容にも正直、あまり乗り気がしなかった。理由は、山梨に対して何も思いがないということ。 でも、文学館からの帰り道に「来てよかったな」と思うことができた。それは、高校生の頃に文豪作家を題材にしたアニメや

スキ
7