【建築設計】 アーキテクチャーフォトに掲載された同級生

TwitterのTLを眺めていたら、大学院の同級生による住宅が、アーキテクチャーフォトに掲載されていました。嬉しい気持ち、尊敬する気持ちの両面から今日はこのお話を取り上げようと思います。昨日流れてきたTweetがこちら。

大学院の同期というのが、上掲したTweetに出てきた岸本くん。

大学院では、木造住宅建築の世界で著名な建築家である横内敏人先生が主宰する横内スタジオで僕と岸本くんは学ばせて頂

もっとみる
また楽しい記事書けるように頑張ります!!
2

【百年ニュース】1920(大正9)10月29日(金) 創建される明治神宮の御飾式が完了,準備が整う。31(土)明治天皇と昭憲皇后の御神体を宮中賢所から移し仮安置,翌11/1(日)早朝に鎮座祭。3(火)までの三日間は一般参拝で大混雑が予想され,警視庁は東京市の巡査総動員で警備すると発表。

この頃日本国民の思潮に大きな変化が生じた。明治という時代や明治天皇を,その現実を離れて理想化しようという動き,すなわち「明治という理想」の始まりである。明治時代の懐古的研究が徐々に隆盛し,年々各方面に拡大した。

伊藤之雄『政党政治と天皇』講談社学術文庫,2010,171頁

もっとみる
ありがとうございます!励みになります。

【交換note】中間地点で振り返る

どうも
イシゲです。

村井さんからのお題ですが、私実は演劇部ではなかったんですよね……。
ので高校の時に居たバスケ部の思い出を。

実家から離れた高校に通っていたのですが、今の職場が実は母校にとっても近いのです。
同級生とか知り合い来るかなー、と思っていたのですが、高一の時のバスケ部の部長が来ました。
私は一目で分かったのですが、あちらは最後まで気づきませんでした。
30歳の高校の同窓会でも「め

もっとみる
今通知見てニヤッてしてますよ(笑)

【前後セット席チケット】何色何番㉑和色企画プレ公演 朗読劇『留守』

こちらは『留守』プレ公演の【前列/後列セット席チケット】のご案内ページになっております。
村井がご案内させていただきますよっ

■どの席から観るか?

コンセプトとしては『劇場ではないけど、劇場感を感じてもらう』ために
2バージョンを作成しました。
たかつさんの発案/実行です!
〇役者の表情がよく見える前列席
〇全体の様子が見える後列席
になりますが正しくは、
劇場で見る分の☀昼ステージ/☽夜ステ

もっとみる
スキはご褒美!!嬉しい!!
1

【後列席チケット】何色何番㉑和色企画プレ公演 朗読劇『留守』

こちらは『留守』プレ公演の【後列席】のご案内ページになっております。
ご案内は私イシゲでございます。

■どの席から観るか?

劇場で演劇を観るとき、楽しみの一つに「どの席から見るか」というものがあると思います。
今回、映像作品をお届けするわけですが、より演劇的にお客様にお届けするため、たかつさんが考え抜き、出した答えが、本来場面によって、アップ、引きと使い分ける予定だったものを全く別物として、

もっとみる
ありがたや!
1

【前列席チケット】何色何番㉑和色企画プレ公演 朗読劇『留守』

こちらは『留守』プレ公演の【前列席】のご案内ページになっております。
ご案内は私イシゲでございます。

■どの席から観るか?

劇場で演劇を観るとき、楽しみの一つに「どの席から観るか」というものがあると思います。
今回、映像作品をお届けするわけですが、より演劇的にお客様にお届けするため、たかつさんが考え抜き、出した答えが、本来場面によって、アップ、引きと使い分ける予定だったものを全く別物として、

もっとみる
ありがとうございます~!
1

『小林清親 光と影』@川崎浮世絵ギャラリー

小林清親の展覧会が川崎でやっていると知り、先日行ってきました。「いきなり宿場町とは関係無いんかーい!」と思われた方、申し訳ありません。川崎も宿場町ということで多めに見てやってください(笑)

お恥ずかしいのですが、今回の展覧会でこちらのギャラリーを知りました。川崎駅と直結したビルの中に入っているため、アクセスがとても良かったです。

小林清親は1847(弘化4)年に江戸の下町・本所で、幕臣の家系に

もっとみる
励みになります!
5

"残飯屋"というフードファイター

ずっと積読のままだった『日本の下層社会』は大学時代に何かの授業で引用されていたはず。最近ようやく読破して明治、大正期の仕事に俄然興味を持った。たくさんの職業が紹介されていた中で目に留まったのがこの残飯屋だ。

残飯屋とは何か

日清戦争期(1894年 明治27年)ごろより始まり、日露戦争期(1904年 明治37年)にかけて最も繁盛したとされる。貧民街の住民に対して、安価で仕入れた軍隊や病院、学校で

もっとみる