夏目漱石の『永日小品』を読む⑩ 行列

行列

 ふと机から眼を上げて、入口の方を見ると、書斎の戸がいつの間にか、半分明いて、広い廊下が二尺ばかり見える。廊下の尽きる所は唐めいた手摺りに遮られて、上には硝子戸が立て切ってある。青い空から、まともに落ちて来る日が、軒端を斜に、硝子を通して、縁側の手前だけを明るく色づけて、書斎の戸口までぱっと暖かに射した。しばらく日の照る所を見つめていると、眼の底に陽炎が湧いたように、春の思いが饒かになる。

もっとみる
スキありがとうございます。近代文学2.0を始めましょう。
2

夏目漱石の『永日小品』を読む⑨ 儲口

儲口

「あっちは栗の出る所でしてね。まあ相場がざっと両に四升ぐらいのもんでしょうかね。それをこっちへ持って来ると、升に一円五十銭もするんですよ。それでね、私がちょうど向うにいた時分でしたが、浜から千八百俵ばかり注文がありました。旨く行くと一升二円以上につくんですから、さっそくやりましたよ。千八百俵拵らえて、私が自分で栗といっしょに浜まで持って行くと、――なに相手は支那人で、本国へ送り出すんでさあ

もっとみる
スキありがとうございます。近代文学2.0を始めましょう。

夏目漱石の『永日小品』を読む⑧ 紀元節

紀元節

 南向きの部屋であった。明るい方を背中にした三十人ばかりの小供が黒い頭を揃えて、塗板を眺めていると、廊下から先生が這入って来た。先生は背の低い、眼の大きい、瘠せた男で、顎から頬へ掛けて、髯が爺汚く生えかかっていた。そうしてそのざらざらした顎の触わる着物の襟が薄黒く垢附づいて見えた。この着物と、この髯の不精に延びるのと、それから、かつて小言こごとを云った事がないのとで、先生はみなから馬鹿に

もっとみる
スキありがとうございます。近代文学2.0を始めましょう。
1

森鴎外と明治

明治の知識人にとって、王政復古や大政奉還の結果としての維新が、帝であった天皇を神格化してしまったことは受け入れがたかったのではないかと私は考えている。夏目漱石作品にはあからさまな明治天皇批判があり、江戸を荒らされた怒りがある。そのことは『坊ちゃん』において維新が「瓦解」と表現されていることなどから、半藤一利なども指摘している。明治維新とは薩長政府が後から作った言葉であるとして、「明治新政府だの、勲

もっとみる
スキありがとうございます。近代文学2.0を始めましょう。

小田原城に県庁が置かれていたってホント!?

今日のTwitterのトレンドに「小田原城」がありました。
みんな #刀ステ一挙無料配信 というタグをつけていましたが、編集部はエンタメに明るくないので全然わかりません。
今日はこの小田原城にちなんだ雑学をご紹介します。

小田原城とは

小田原城といえば、神奈川県小田原市のシンボルとなっている城です。15世紀に北城早雲が北条早雲が取り、その後戦国時代のなかで後北条氏の関東支配の拠点となっていまし

もっとみる
ありがとうございます!是非フォローよろしくお願いします!
37

ハリウッドザコシショウ、ネオシティポップバンド結成。は?

みなさん、おはようございます。

この世には、誰も予測できない事が起こりうる事が多々あります。

どんなに計画を練ったって、ある事がきっかけで上手くいかなったり、不測の事態に陥ったりするのが世の常で、

まただからこそ人生は面白いのかもしれません。

そしてまた、誰もが予測しなかったニュースが昨日、ナタリーなどのエンタメ、音楽ニュースを賑わせました。

それがこちら。

ハリウッドザコシショウ、ネ

もっとみる
スキスキスキスキスキスキスキだって伝えてくれてありがとうby朝子
5

辻利 お濃い抹茶

2020年5月25日(月)

やっぱり氷菓よりアイスが好き

辻利 お濃い抹茶 チョコレート&クランチ

滅多に食べない抹茶味

クランチが入っていてイイ感じ
美味しゅうございました

この後のお楽しみは
「鍵のかかった部屋 特別編」

もっとみる

私を構成する5つの漫画【便乗】

最近よく見るこちらのタグに便乗することにいたしました☆

漫画好きとしては見逃せないこのタグ!

...しかし、書こう書こうと思っているのになかなかとりかかれない、
ADHDフル発揮。

始めたいのに、まずパソコンを開くという初動ができないんですねいつも。

コロナショックが続く中、

確定申告(遅い)、持続化給付金、緊急小口資金などなどの申請やら取り掛かりやらにまたADHD発揮しまくって、何故か

もっとみる
【スキ】ありがとうございます!頑張ります。
7

学長の言葉で考える「最近関心をもった社会的な出来事」の表し方

今回はESの設問や面接でよく聞かれる「最近関心をもった社会的な出来事」の考え方や表現の仕方をより身近な話題を用いて解説していきます!

はじめに

最初に学長の言葉というものが何か、明治大学関係者以外の読者の方もいらっしゃると思うので補足させてもらいます。

此度のコロナウイルスによる学校閉鎖に伴って、授業の質の低下や施設が使えない等の理由で学生たちから学費返還を求める声が上がっていました。その声

もっとみる
よろしければシェアもお願いします!
14

ジョゼフ・ドゥ・メストゥル、フリートゥリヒ・ユリウス・シュタール、陸實、帝国憲法、ピーター・ドゥラッカー

現代日本の立憲君主制の国体や政治概念としての「自由(liberté)」の論理的規定には、ジョゼフ・ドゥ・メストル(Joseph de Maistre、1753年4月1日~1821年2月26日)やフリートゥリヒ・ユリウス・シュタール(Friedrich Julius Stahl、1802年1月16日~1861年8月10日)らの法哲学思想の著作のフランス語から日本語への陸實(陸羯南、1857年11月3

もっとみる