女性の自立

女性の自立

これがなかなか上手くいかないですね

特にこの国ではね

私論です

あくまでも私の個人的な意見を述べさせて頂きます

女性の自立を求めるなら

社会においては

まずは捨てましょう諦めましょう

女性の武器と言われている

男へのアピール、媚、性的なものを

プライベートでは捨てる必要は全くありませんが

しかしオフィス職場学校ではこれらは諦めた方が良くありませんか?

何故ならば

もっとみる
もうちょっと 上かな
6

断食-『大奥』と『遥かなる水の音』

思いたち、本日ファスティングをしました。

1日だけのゆるいのです。

でも私に出来るとは思わなかった。。。めちゃくちゃ食いしん坊なので(^◇^;)

とりあえず24時間経過した、今晩。風呂に入る前に体重計ったら、朝から-0.7kg、昨日の夜から-1.3kg。

今晩乗り切った明日の朝の体重が見たい、、、‼️

その期待から今晩、頑張りますー( ´_ゝ`)

はたまた、よしながふみ『大奥』

そん

もっとみる
スキを大事に♡thanks💪
1

重陽の節句-男女逆転『大奥』とnoteが書けない気持ち

菊を酒に浮かべて飲む日。

月餅🥮を食べる日。

ちょいとnoteを書くことに緊張し始めた今日この頃。

今日は「重陽の節句」。

よしながふみ『大奥』

映画化もされた有名な作品。この『大奥』で重陽の節句が出てきます。映画には出てこないシーンではありますが印象的だったので覚えています。イベントって大事だよなぁと。そもそも重陽の節句含めた五節句(1月7日、3月3日、5月5日、7月7日、9月9日)

もっとみる
スキを大事に♡thanks💪
5

コロナ禍で読む『大奥』よしながふみ(白泉社)

よしながふみの『大奥』がとにかくすごい。徳川吉宗が女だったという設定もすごいけど、読み進めるうちにわかるのが、徳川家光も、家綱も、綱吉も家宣も家継も女!!

『大奥』第一巻は、

八代将軍徳川吉宗が、「ひょっとすると昔は、男が将軍だったのではないか?」と、大奥の御右筆頭・97歳の村瀬に会い、将軍が男から女へと代わった背景を紐解いてゆく。(*´Д`)

ここからのドラマの展開がすごくて、涙なしでは読

もっとみる
感謝ドグ~!(^▽^)/
82

『十六夜日記』は誰のもの

誰が書いたとか何の話かも覚えていないのに、

「十六夜(いざよい)」

この言葉だけは覚えていた。今宵は十六夜。

『十六夜日記』は阿仏尼という人が書いた作品だ。成立は鎌倉時代。読みたいけど読んでいない。すべて漫画になってくれればいいのに。

歴史や古典は大体漫画で覚えている。漫画になっていればとりあえずは1回ぐらい手を取る。これまで読んだ作品を時代毎に分けてみよう。

〜700年代(奈良時代まで

もっとみる
スキを大事に♡thanks💪
1

よしながふみ『大奥』雑感2

長すぎたので分けました。後半は正直家定様のことしか覚えてません。だいたい妄想です。

徳川家定と家光

三代将軍、最初の女将軍であった家光となんとなく顔が似ていることと、その理由について、私は家定のことを「幸せになれた(周囲の人に恵まれた)家光」という解釈をしています。(妄想です)

出自に振り回され、歪んだ愛を向けられ、育った環境が「女のくせに」という価値観だったため自身を仮の将軍としていた点も

もっとみる
明日はハッピーな日になるよ!
2

よしながふみ『大奥』雑感1

私のなかで人にお勧めしたい漫画第1位の漫画です。もう何度目か分からないけど読んでいるので、読みながら思ったことをメモしていこうと思います。だいたい妄想です。

家光と有功

この時代まだ男女が同数で男性の方が立場が上という社会構造と、有功の美しさや賢さや性格の良さにより誉め称えられてきたであろう過去(ただ有功は父親とはあまり良い関係ではなさそうでしたが)から来るものだろうけど、有功は、作中周囲から

もっとみる
ゆっくり寝てねーおやすみ
2

大奥/よしながふみ

映画化にもドラマ化にもなった漫画。
この漫画のすごいところは、実は歴史が男女逆転していたというトリッキーな設定なのに、物語が綿密に作り込まれているので、歴史の辻褄が合っていて、リアルで違和感がないところ。

私は10巻の終わりが好きだよ、いつの時代でも正しい行いをするものや才能があるものが報われるとは限らず、叶えたい理想や、通したい主張があるならば、それを阻もうとする不純なものよりも不純さを持つ必

もっとみる

大河ドラマ『篤姫』の神回、第36回「薩摩か徳川か」、1回に見どころをこんなに詰め込んでよいのかと息をのみ、涙する。

演劇でもテレビドラマでも時代劇でも、括りはどうであれ、一定の人たちの間でときどき話題に上るのが、歴代大河ドラマの中で何が一番好きか、という永遠のテーマ。もちろん、年代や、そのときどきの実生活の忙しさ等により、選択の対象となる作品群には人によって違いはあるが、物心ついた頃以降の大河ドラマでタイトルや主演俳優すら聞いたことがないという作品がある人はそうそういないので、良い議論の種になる。

<大河ドラ

もっとみる
もしよろしければ広めてください!
2

最近読んでた本ドグ。(´ω`)本当に面白ければ、本はいくらでも読めるから。もしも、読書が進まないならそれは自分のせいじゃなくて、本の側の責任ドグよ。よしながふみさんの『大奥』、こんなに面白いものをこれまで読んでいなかったなんてと後悔。龍も。面白い本ならドグ子でも読めるドグ〜!

好きドグ~!
81