団塊ジュニア

後悔を恐れない生き方

先日、同世代女性の多いある会食でキムタクの話になったのですが、最後まで「私は中居くん派です!」が言えなかった私…。そんな私ですが、今回のテーマは先日行われた中居くんの退所会見にしました。

■私は中居正広がどれくらい好きか?

SMAPがデビューした頃は光GENJIや男闘呼組が全盛で、私はあまりそっちに興味を持てなかったのですが、夢がMORIMORIという深夜番組で自由に暴れまわっていたSMAPと

もっとみる
やった!ありがとうございます!!
9

甘酸っぱくて、甘くて…やっぱり考えが甘いかなぁ

甘酸っぱい食べ物や甘い食べ物…。

私はあまり間食しないタイプだが、たまに甘酸っぱい食べ物や甘い食べ物を、欲してしまう。

体が欲するというか、心が欲しているのかな。

心で味わいたくなってしまう。

私は、パートで働く主婦だ。

その職場は、年配の女性が多く、自分の母親くらいの女性も多い。

数日前に退職された先輩も、自分の母親くらいの年代の女性だ。

私は、入社した当初、その先輩がこわかった。

もっとみる
スキありがとうございます!励みになります!
11

老害戦隊ダンカイジャー&若害戦隊ガキレンジャー

自分の仕事に加えて、社会貢献型として、世代間のギャップを取り上げたコンテンツを作成しました!


思いついた時に、本当は老害世代&若年世代がいるFacebookでやろうとしていたのですが、残念ながらFacebookは無期限活動休止するので、このnoteと中間世代がいるTwitterでシェアしていきたいと思います!

よくよく冷静に考えれば、FacebookよりTwitterは若年世代と中間層がいる

もっとみる

私たちの未来と人付き合い

どうも。
仕事を辞めるのは6月にしたい「つきのくつした。」です。
おはようございました。

先月、「あなたの人生とは」という記事を書きました。
結構自己主張が激しいことばっかり書いてるので、読者のみなさんはそんなこと言われても……。なんて思っているのでしょうが。

さて、今回も自己主張の塊ですが、自分の世代の生きて行き方について焦点を当ててみました。
皆さんはどのように捉えているでしょうか。今の自

もっとみる

団塊の世代ジュニアの少年時代(本編4)

3回目からはや3ヶ月が経ってしまった。
続きを。
4回目は釣りについて書き残しておきたい。
私が住んでいたのは、吹田市。小学生の男子は釣りに凝る割合が多かった。
自宅から、神崎川や淀川に自転車でいける距離だったので、日曜日に朝早くから、出かけていた。淀川は自転車でも1時間以上かかったのではなかっただろうか。
淀川にはわんどという川沿いに池がいくつもあり、本流ではなく、そのような池で鯉やふな、ブラッ

もっとみる

クロノトリガー

自分にとっては最高のRPG
リメイクしないかなあ

また読んでね!

SDK2「霧の森」

最近ガキの頃に聞いたゲーム音楽をよく聞いてる
癒されるというか、慰めてもらっているようだ

頭の中に、当時の友達や兄弟、両親、彼女のことが浮かんでくる
遊んだり喧嘩したり泣いたり笑ったりを思い出す
40過ぎた今、たかがゲーム音楽に救われる程自分が弱くなるとは
二十歳だった当時の俺は1mmも思ってなかったよ

また読んでね!

みんなどこにいるのー?

先日、友達と宝塚観劇をしたのですが、そのほかの時間に色々と話し込みました。
友達も転職したばかりなので、仕事の話ももちろんしたわけで。
共通点は、同い年くらいの人が面接先や職場にいないということ。
特に女性の皆さん、どこで働いているんですか。
家で在宅ワークとかクラウドワークス的なことをしているんですか。
専業主婦が多いのかな?
去年あたりからものすごく気になります。

あと話題にのぼったのは、同

もっとみる
ありがたき幸せ!フォローはお気軽に。
14

2012年8月15日「日本の国益と道徳を守る」/8月18日 日本滅亡の序曲/8月31日 全く誰にも相手にされなかった「女性論」

2012年08月15日 「日本の国益と道徳を守る」

 いじめ問題について。

 道徳教育の必要性を頑として認めない朝日新聞は中川翔子など芸能人の「逃げて。逃げて」という無責任なコメントを連日掲載している。

 正直激しい怒りを禁じえない。

 しかし、私は中2の時にいじめを受けていて、自宅マンションからの飛び降り自殺も考えたほどだが、絶対的な親の管理下に置かれ、学校しか社会のない未熟な子供にとっ

もっとみる
まだ移行作業中ですが、スキありがとうございます!

2012年08月03日 女性論・本論/08月11日 女性「驚異」論

「女性脅威論」。そう聞いただけで「偏った見方」と敬遠してしまう人も少なくないかもしれない…。事実、女性から全く反響がない。しかし私は、「ウォール街を占拠せよ」で有名なカレ・ラースンや、マイケル・サンデルよりも的確で、現代日本人に必須の人文学の叡智を結集した偉大なバイブルだと確信している。

 ラースンは「企業」に、サンデルは「市場」にそれぞれ道徳を求めている。

 だが、日本の場合は企業がアメリカ

もっとみる
まだ移行作業中ですが、スキありがとうございます!
2