労働力不足

外国人労働者の受け入れのカギは「多文化共生政策」

コロナ禍でおきた「外国人差別」

今回のコロナ禍において、在留資格を持つ外国人に対する日本政府の対応が問われました。
9月25日に政府は、3か月以上にわたって日本に滞在するすべての外国人の新規入国を認める方針を打ち出しました。

コロナの感染が爆発的に拡大する中、159の国と地域の入国を原則禁止してきました。海外から帰国する邦人の入国が認められている一方で、在留資格を持つ外国人労働者や留学生の日本

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!

若い人たちに来てほしいなら若い人たちが生き生きできる環境をつくることから始めよう その4 ~ツノスポーツアカデミーの取り組みを紹介します。~

ツノスポーツコミッションとJ.FC MIYAZAKI(Jリーグ入りを目指すサッカークラブ)は、サッカーに一生懸命取り組みたい高校生を都農町で受け入れられるように、通信制高校とも提携して、全寮制のツノスポーツアカデミーを創設しました。
ツノスポーツアカデミーは「良き社会人であれ」というコンセプトのもとで活動しています。
J.FC MIYAZAKI U-18に所属してブラジル人監督の下で質の高いサッカ

もっとみる
しかし、信じあう心だけは完璧なつもりだぜ!(テリーマン)
3

外国人技能実習制度とは?搾取とよばれてしまうワケ

約7割の事業所が労基法に違反

2017年11月1日に施行された技能実習法。外国人技能実習制度の問題として、労働力の搾取ではないか、ということが問われています。
2018年に厚生労働省によって行われた実習実施者に対する監督指導・送検等の状況によると、労働基準関係法令違反が認められたのは、全体の事業所の約7割にも及びます(5,160/7,334事業所)。

主な違反事項は(1)労働時間(23.3%)

もっとみる
スキありがとうございます!

Jリーグクラブでインターンシップの受け入れを担当してきた甲斐がありました。

前回の記事の流れから、少し脱線しまして、この機会に私がFC岐阜に所属していた時に受け入れていたインターンシップについて、少々書き留めておきたいと思います。

ちなみに前回の記事はこちら。

サッカークラブは規模のわりに業務の幅が広く、サッカーの現場でもトップチーム、アカデミー、スクールなどがあり、監督やコーチなどの指導者だけでなくマネジャーやトレーナーも関わっていれば、フロント業務では、営業、販売

もっとみる
へのツッパリはいらんですよ!(キン肉マン)
5

外国人留学生は日本で就職しにくい!?企業と留学生のミスマッチ

企業側と留学生でミスマッチが起きている!?

日本学生支援機構の「平成29年度 私費外国人留学生生活実態調査」によると、卒業後は日本で就職をしたいと回答した人は全体の64.6%を占めています。

平成30年度に卒業・修了した留学生は59,650人で、そのうち日本国内で就職したのは20,402人。これは卒業・修了した留学生全体の35%にしか満たず、企業側・留学生側双方でのミスマッチが指摘されています

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
1

若い人たちに来てほしいなら若い人たちが生き生きできる環境をつくることから始めよう その3 ~今西和男に感化された若者たちを私は確かに見たんだ~

私がまだ地元岐阜で働いていたころの話です。

私は新卒でFC岐阜という、当時Jリーグに昇格したばかりのクラブにフロントスタッフとして入社しました。地域貢献推進部という部署に配属されました。
当時、直接あるいは間接的によく言われたのは
「早稲田の大学院まで出て、なんでそんなところで働いているの?」と
「Jクラブでは社会人経験がないと(即戦力じゃないと)役に立たない。」
ということでした。これについて

もっとみる
へのツッパリはいらんですよ!(キン肉マン)
8

若い人たちに来てほしいなら若い人たちが生き生きできる環境をつくることから始めよう その2 ~大学生とオンラインで出会う今日この頃です~

私は、大学生が真剣に何かに取り組むことに、とても可能性を感じています。

先日、宮崎大学の学生とのオンライン会議がありました。

私はこの1年半、都農町地域おこし協力隊として都農町で活動しているのですが、そこで行っているプロジェクトの一部が、学生がゼミで考えたこととリンクするのではないかということで、先生から連絡があり、都農町役場の担当職員とともにオンライン会議に参加することになりました。

ひと

もっとみる
へのツッパリはいらんですよ!(キン肉マン)
4

外国人労働者も都心部に集中している!?

2019年10月末時点で日本において外国人労働者を雇用している事業所数は242,608か所、外国人労働者数は1,658,804人います。労働者の国籍は中国人・ベトナム人・フィリピン人が上位3か国を占めています。

日本で就労する外国人のカテゴリー

日本で就労する外国人は、出入国管理及び難民認定法上、5つの形態での就労が可能です。

①就労目的で在留が認められるもの
「専門的・技術的分野」に従事す

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
5

少子高齢化と外国人労働者

地方創生

まち・ひと・しごと創生「長期ビジョン」、「総合戦略」人口急減、超高齢化という我が国が直面する大きな課題に対して各地域がそれぞれの特徴を活かした自律的で持続的な社会を創生することを目指します。

「稼ぐ地域をつくるとともに、安心して働けるようにする」
「地方とのつながりを築き、地方に新しい人の流れをつくる」
「結婚・出産・子育ての希望をかなえる」
「ひとが集う、安心して暮らすことができる

もっとみる
スキありがとうございます!
1

クラウドファンディング支援のお願い

この度スカホは、少子高齢化を緩和するべく、人材紹介業を行う資本金を募るためのクラウドファンディングを立ち上げました。

SUKAHO事業所の思い

少子高齢化の緩和策として外国人労働者を確保することが日本の危機を救う現実的な手段と考えられます。現在日本に住んでいる外国人は約230万人、総人口にすると約1.8%になります。そのうち生産年齢は80%を占め、働ける15才~65才までの年齢の人が多いという

もっとみる
スキありがとうございます!
4