保育園時代

書いてみる

新着の記事一覧

友情コンプレックス

1か月前

小一の壁

4か月前

ギフテッド?:私の自分史②(保育園)

小1の壁の正体①「保育園と全然違うやんけ!」

30.息子の保育園時代 その2

5か月前

杉山版『あめ』は、”聞いてごらんよ、音がする”など、雨の日の楽しみ方を提案してくれてるようなところが好きでした。”(池の中の)金魚はどうしているかしら”という歌詞も、優しくて、いい。家の中で傘をありったけ広げて、妹と’基地’を作って遊んだのを思い出します。

1年前

白秋の『雨』は抒情的な美しい日本語で、雨の日の薄暗くてジメッとした感じがよく出てるなあ、と思います。私は二番までしか知りませんでしたが、本当は五番まであるらしい。なぜか”紅緒のカッコも緒が切れた”という歌詞が好きです。カッコは小さい子が履く下駄のこと。大正時代の唄なんですね…。

1年前

保育園に通っていた時、好きだった”雨”の歌(童謡)が二曲ありました。一曲は北原白秋作詞の『雨』。もう一曲は、杉山米子作詞の『あめ』。どちらも何となくアンニュイで、メランコリックで…。子供は外で走り回って遊ぶものだった時代の歌。雨の日=お外で遊べない、がテーマだったようです。

1年前

2021.1.19火曜日快晴☀☀15:30 またつぶやきが止まらない。ツインカレが知りたがっている??保育園時代は本当に軟弱者のへなちょこりんだったなあ。保育園行きたくなくて駄々こねた。祖母に連れられ園へ向かうと園の集団が帰ってくる。その中に混じってわたしは喜々として家に帰った。

2年前

2021.1.19火曜日快晴☀☀☀14:59保育園時代、お昼ご飯時、箸が無いとシクシク泣き出す。毎日続いた。友のKちゃんちは駄菓子屋さん。母と買い物中、○○ちゃん、昼に箸が無い、と泣くんよ👉母は友人母から初めて惨状を聞いて驚く。翌日から箸持参。何故母に言わなかったわたし?!

2年前