住民

縦の糸と横の糸・・・防災のために大切なこと

昨日、防災ボランテイアの方の
話を聞きました

災害後は、住民の方のニーズを
探すことから始めるそうです。

ですが

せっかく住民のニーズがわかっても
ニーズに対応すべく
行政の動きが鈍いことも多いとか・・・

例えば

土砂災害などの場合
土壌の衛生を保つために
消毒用の消石灰を撒く必要がありますが

行政の動きが遅く
なかなか消石灰を現場に持って行けない

など

もっとみる
お役に立てると嬉しいです^ ^
1

祭りの後…

僕の任地の人たちって思ってた以上に綺麗好きなのかなあ。

3日前から任地のちょっとした広場にステージと音響が設置され、お酒を売るテントも10個くらい建てられている。

昨日は日曜日ということもありかなり盛り上がっていた。みんな歌って踊って飲んで…。

こういうお祭りで問題となるのがゴミ問題。日本でもお祭りとかハロウィンの後は道端にすごいゴミが発生しており、発展途上国の問題とは言えないと

もっとみる

いよいよ薪ストーブを導入へ

いろいろと諸説あるから値段はピンキリだけど、とりあえず50万円ほど予算を立てて、家をそれなりに全体を温めてくれそうなストーブの工事に取り掛かってもらうことにした。家に関わってから、ペース的3年に1回くらい、ちょっとした工事をしてもらっているかもしれない。

そして今回は薪ストーブ。冬をなんとか乗り切っていくための必須アイテムである。自分で工事でもできりゃやればいいのだが、時間も知識もないし、代わり

もっとみる
あえて言おう。ぼくもスキ。
14

港区の黙示録-20191009編-

「禍福は糾える縄の如し」という諺のとおり、一昨日は朗報であったが昨日は悲報に触れることになった。しかし、港区の終わりっぷりをできるだけお届けするのが私の仕事のような気がするのだ。これはもちろんoccupation=職業ではない、workである。

その中で、一人でも多くの方に私たちが、なんの疑いも持たずに払っている税金に対価である行政サービスがいかに杜撰であるかを理解していただくことがこと活動の第

もっとみる
(੭ु ˃̶͈̀ ω ˂̶͈́)੭ु⁾⁾バンバン!
10

闇の中の光 ~地域おこし協力隊考察~

1、目覚まし時計としての協力隊

この記事では、地域おこし協力隊の1つの役割と、実際に試行錯誤した方の事例をご紹介していきます。

地域おこし協力隊は、構造的な課題をいくつか抱えています。そのうちの1つが、地域や行政との関係でしょう。

あえて極端に単純化すれば、関係者は次の3者です。

◆協力隊員
◆地域住民
◆行政担当

このうち、3者とも「地域再生」に熱量が高く、何でも協力し合ってお互いの立

もっとみる
あなたの一押しが私の財産です!
11

今日は大学で講義(26日(水))

開いていただきありがとうございます。
 
オフィス エンレイソウ
 
エンレイソウ法務事務所
 
工藤保広です。
 
https://www.enreiso.com (事業者の問題解決のお手伝い)
 
https://www.shukatsu.enreiso.com (終活・遺言・相続のお手伝い)
 
 
今朝の
 
手稲山の麓は好天です。
 
札幌も今日は暑くなりそうですね。
 
 
今日は、北

もっとみる

ネトウヨ脳から抜け出そう!

地方選で国政を批判すると不利になるという風潮があるが、実はこれ!わりとネトウヨ的な思考回路ではないだろうか?と私はずっと思っております。なぜなら、選挙でなにを訴えようが、そもそも憲法で保障されている『表現の自由』ですし、NHKから国民を守る党のようにワンイシューに特化して当選してしまうほうが危険だと思っているからであり、まさに改憲派の考え方ではないでしょうか?

逆に例えば、「羽田新ルート断固阻止

もっとみる
スキありがとうございます。
16

地域考

<あなたにとって「地域」とはどの範囲ですか?>
この問いに、町内会と回答した割合が6割程度と、あるアンケートの結果で報告されていました。ほかには、小学校区、歩いて行ける半径500メートル程度、向こう三軒両隣という選択肢があって、それぞれに回答者がいました。「地域」の範囲は時と場合によっても変わったりします。同じ県内に住む人同士での「地域」と、小学校の同級生における「地域」が、わかりやすいでしょうか

もっとみる
また書きます!
3

引っ越し引っ越し!さっさと引っ越し!

私の政策チラシや選挙公報に、空き家問題、空き地問題と港区は高齢者にやさしくない社会ですということをちょろっと書いておいたのですが、残念ながらこの異常事態は色々起こっていますので、これらの問題を本記事にまとめていきます。

先に結論を述べますと、今後4年間はあまり「これだ!」という打つべき手段がないものと思われるため、私はいい感じのところでこの港区という地域に見切りをつけ、引っ越しを検討しなければな

もっとみる
スキありがとうございます。
11

平和なゴールデンウィーク

ゴールデンウィークが始まって、さっそく僕は奈良県に出張中なのだが、家はとっても平和だ。前は寿司屋で働いた前田くんが、断熱王子を労わってマッサージしている姿は、息子が親父の身体を労わるかのようである。

ふたりとも丹波市立農(みのり)の学校の生徒であり、ゴールデンウィークはお休みらしいので、たぶん井戸でも掘るのではないだろうか。

今日の料理は2種類のパスタのようだ。

もともと料理が得意な遥ちゃん

もっとみる
このスキであと300m走れます(涙)
9