No.1  米英豪の新安保理

No.1 米英豪の新安保理

 核拡散の恐れ拭えない  米国、英国、オーストラリアが新たな安全保障の枠組み「AUKUS(オーカス)」を構築すると突然表明した。3カ国が結束してインド太平洋地域の平和と安定を図るという。  米国は「いかなる国に向けられたものでもない」としているものの、中国を意識していることは明らかだ。この地域には既に経済、技術開発の協力を目指す日米豪印4カ国の「Quad(クアッド)」がある。オーカスはさらに軍事面でも、中国を包囲するのが目的なのだろう。  中国が覇権主義的な態度を強めている

有料
150
社説を読む 最低賃金の引き上げについて

社説を読む 最低賃金の引き上げについて

こんばんは。 時間があるので、本日2度目の投稿です。 ちなみにまだスタバにいます。 最近カフェにお金かけ過ぎだなとも思うけど、リフレッシュになるし、作業に集中できるので、定時退勤できたときや土日によく通ってしまいます。 1回行くのに数百円だから、まあいいかとも思っています。 今回の社説は、「最低賃金UP」についてです。 ※注意事項  ・あくまで社説を読んだ上での個人的見解です。  ・政策に興味はありますが、深く知っているわけではないので、   至らないコメントも多々

スキ
1
社説を読む 死刑廃止について

社説を読む 死刑廃止について

こんばんは。 今日、久々に稲妻を見ました。 一瞬ですが、脳裏に焼き付く感じ、遠くで見る分には嫌いじゃないです。 では、本日の記事を読んでいきます。 ※注意事項  ・あくまで社説を読んだ上での個人的見解です。  ・政策に興味はありますが、深く知っているわけではないので、   至らないコメントも多々あります。 ================================== 朝日新聞(2021年7月14日) 死刑廃止30年 世界の歩み見て自問を https://ww

社説を読む 原油価格高騰、脱炭素について

社説を読む 原油価格高騰、脱炭素について

おはようございます。 今日は時間があるので、社説を2つ読んでいきたいと思います。 ※注意事項  ・あくまで社説を読んだ上での個人的見解です。  ・政策に興味はありますが、深く知っているわけではないので、   至らないコメントも多々あります。 ================================== 読売新聞(2021年7月10日) 原油価格上昇 世界経済の停滞招かぬように https://www.yomiuri.co.jp/editorial/2021070

スキ
1
社説を読む 国立大学の交付金について

社説を読む 国立大学の交付金について

こんばんは。 社会人になってから、布団に入ってから1分くらいで寝ている気がします。 すぐ寝ちゃう人は気絶しているのと同じらしいですよ。 普段6~7時間寝ているのですが、睡眠不足なのかな。 でも、自分の勉強時間やリフレッシュ時間もほしいし。。。 と悩んでいます。 さて、今回の社説は国立大の交付金についてです。 ================================== 朝日新聞(2021.7.7) 国立大交付金 深まる矛盾に目向けよ https://ww

スキ
1
社説を読む 遺贈のための環境整備について

社説を読む 遺贈のための環境整備について

こんにちは。 今回の社説は、「遺贈」についてです。 遺贈とは、遺言書を作成して、自らの死後の財産をNPO団体や慈悲団体に寄付することです。 私は初耳でした。 では、読んでいきます。 ※注意事項  ・あくまで社説を読んだ上での個人的見解です。  ・政策に興味はありますが、深く知っているわけではないので、   至らないコメントも多々あります。 ============================== 毎日新聞(2021年7月4日) 遺産の寄付と社会貢献 志生かす環境

社説を読む 北極海の利用について

社説を読む 北極海の利用について

こんばんは。 今日も社説を読んでいきたいと思います。 今回の社説で新しく学んだことがあります。 それは、「南極条約はあるが北極条約はない」ということです。 南極条約はなんとなく聞いたことがあったので、北極条約もあると思っていたのですが、まさかなかったとは。。。 では、それがなぜかというと、「南極は大陸、北極は海」だからです。 海には現行の海洋法が適応されているため、新たな法的枠組みの策定の必要はない、と2008年のイルリサット宣言で各国が一致したようです。 ではこ

スキ
4
社説を読む コロナと女性の働き方

社説を読む コロナと女性の働き方

こんばんは。 今日も1日が無事に終わりそうです。 今回は、コロナと女性という社説を読んでいきたいと思います。 ※注意事項  ・あくまで社説を読んだ上での個人的見解です。  ・政策に興味はありますが、深く知っているわけではないので、   至らないコメントも多々あります。 ============================== 読売新聞(2021年6月23日) コロナと女性 働き方の課題が表面化した https://www.yomiuri.co.jp/editoria

スキ
3
社説を読む 納税の電子化について

社説を読む 納税の電子化について

こんばんは。 さっきまで夜風に当たりながら散歩をしていました。 日中外で歩くことはできる限り避けたいですが、夜の散歩はとても気持ちがいいです。 では、今日の社説を読んだ感想を書いていきたいと思います。 ※注意事項  ・あくまで社説を読んだ上での個人的見解です。  ・政策に興味はありますが、深く知っているわけではないので、   至らないコメントも多々あります。 ============================== 読売新聞(2021年6月21日) 納税の電子化 

スキ
1
信濃毎日新聞、社説で「東京五輪・パラリンピックは中止すべき」表明。

信濃毎日新聞、社説で「東京五輪・パラリンピックは中止すべき」表明。

ハフポスト日本版は2021年05月24日に、信濃毎日新聞2021年05月23日付の社説で、「東京五輪・パラリンピックは中止すべき」と表明したと報告した。 https://time-az.com/main/detail/74459 丸山貢一論説主幹はハフポスト日本版に対して「ここ1、2カ月の間、論説委員の中で議論し、開催が迫ったいまのタイミングで出すべきだと判断した」と説明したと伝えている。 私は2021年05月21日に、香港の英字新聞「SCMP(South China

スキ
2