支配ということ。信仰すること。

「日本人の考える無神論は、神に支配されたくないという感情なんです。」

「日本人が神に支配されたくないのは、そのぶん自分の主体性を奪われるから。日本人は主体性が大好きで、努力が大好きで、努力でよりよい結果を実現しようとする。」

「神道がカミの像をつくらなかったのは、キリスト教から見ればおもしろい点です。なんでカミの像をつくらないかといえば、像をつくると拝まなければならないから。」

これらの言葉

もっとみる

宗教とはなんなのか

こういうテーマはいかがなものかと思ったが、戦争を行い続けてきた人類を考える上では避けて通れないと思ったので、書いてみようと思う。

日本では無宗教の方が多いのに対して、世界ではほとんどの人が何かしらの信仰を持っている。

何故?

やっと私なりの答えが出た。

信仰の対象であるのが、人間ではないという事だ。
キリスト教では神だったり、神の使いであったり。
心の拠り所を人間ではない絶対的なものに寄り

もっとみる
ありがとうございました😭アナタにも幸運がきますように!

🤍言霊の本を読んで🤍

言霊1つ1つの細かい部分はまだ理解出来ていませんが、思った事、気になった事を書き留めようと思います。

-----------------------------------------------

まず、現世の宗教やユダヤ人というのは、物質文明を急激に栄えさせる為に、元々、日本の天皇(約8000年前)の元にやって来て、弟子入りみたいな感じでお仕えして、日本の天皇の指示により、それぞれ担当を持っ

もっとみる
わーい🙌ありがとうございます✨
5

重力にしたがって下りつづける私たちへ

上から下へ。
それが地上の法則だ。

木からはなれたりんごが落ち、飛んでいた鳥は落ち、
繋いでいたその手が落ち、自分の心も落ち。

りんごは落ちたら、拾い集める。
どこで見たのかも忘れてしまった、
紙袋からりんごがこぼれ出すシーンを思い出す。
りんごの持ち主が急いで拾い集め、周りの人も拾い出す。

そしてその人は袋に入れたりんごを家に持ち帰る。

そのように、持っていたものを離したら落ちるのだ。

もっとみる
アリガトー!!!!!!
1

「意識高い系」というもの

こんにちは。前回の記事で、大学生にとって悩ましいトピックを増やすといいましたが、今回はその第1弾です。ある種の大学生に関連するトピックであろうかと思います。私が意識高い系でないとは言い切れませんが、今回は「彼ら」について色々感じることを述べてみます。ただし、この記事では私個人の「人生観」を述べるというよりは、「彼ら」について私個人の印象を述べるという形になります。

意識高い系の特徴をみる意識高い

もっとみる

ノーム倫理教

 修行するぞ! 修行するぞ! 修行するぞ! 修行するぞ! 修行するぞ! 修行するぞ! 修行するぞ! 修行するぞ! 

 サティアンが「大声」による地鳴りで揺れている。

 修行するか! 修行するか! 修行するとき! 修行すなら! 修行すれば! 修行すれば! 修行すれば! 修行すれば! 

 するぞ、するぞと言っておきながら
 なかなか「修行する」気配の無い信者たちが、ヘッドギアを付けてあぐらジャン

もっとみる
アオーン!ガオウゥオウ!バァウ!ワァウ!(オレ、オマエ、マルカジリ)

しょせん世の中は銭?

日本のクリスチャン(キリスト教徒)の間では名の知れた晴佐久神父がご近所の上野教会におられることがわかり、このところ、木曜日に彼の話を聞きに行っています。
話を聞く度言霊という言葉を思い出す、熱のこもった話をされる方です、晴佐久神父。

彼の信条は、
Good Newsを独り占めするなよ、みんなに伝えようよ
つらい状況にある人や困っている人に手を貸そうよ
っていうあたりにあります。

駅にいったら、

もっとみる
どうもありがとうございます。うれしいです。
1

#12 「戦わなくてはいけません」



エホバの証人二世にとって運動会は二つの意味で「戦い」です。

一つは、教理として避けるべき「戦い」
戦争や偶像礼拝に関係する種目が盛り沢山で、正直運動会に参加すること自体気が引けます。

もう一つは、二世側の「戦い」
まず、先生に参加できないこととその理由を伝えて、練習の時点から見学します。
騎馬戦や応援合戦なら仲の良い女子と話したりして、なんとかやり過ごせるのですが、行進となるともう隠れよう

もっとみる

要点まとめ:ファン・ルールのアジア経済史解釈

第二次大戦で戦死したオランダ人の歴史家・社会学者、J・C・ファン・ルールの作品をまとめた本、「Indonesian Trade and Society: Essays in Asian Social and Economic History」。何度読んでも興味深い作品だと思うのだけれど、しばらくすると全体像を忘れてしまうので、まとめておくことにします。

ファン・ルールという人本名、Jacob C

もっとみる
かたじけない。
27

【インドネシア】ラマダン最終日のタクビランとは!

タクビールの合唱ラマダン断食月の最後に日は、マラム・タクビランと呼ばれます。夕方になるとムスリム達は料理や果物や飲み物を持参して、モスクや礼拝所に集まります。

月を観測して、ラマダン明けの瞬間になると街中がどよめきます。街は沸き返り苦しい断食をやり通した喜びが爆発する瞬間です。

街は歓喜に湧き、神を立てる唱和であるタクビールの大合唱が行われます。普段は時間にルズなインドネシア人達も、タクビラン

もっとみる
ありがとうございます!
2