上遠野浩平

ジャンプの真髄

「恥知らずのパープルヘイズ」
上遠野浩平

よんだ

しょこたんじゃないけど、承太郎さまがすき笑

主人公は、本書を手にとったあなただ。   『ブギーポップは笑わない』著:上遠野浩平

----------------------------------------------------------------------------
「そ、それじゃあ・・・・・・世界を本当に救ったのは」
「オレでもブギーポップでもない・・・・・・エコーズに優しくしてやった、あの寂しがり屋で、惚れっぽいお人好しだ。・・・・・・そういうことになる。でも、オレたちはそのことであいつに『ありがとう』と

もっとみる
疲れるか?私の文章を読むのは
3

新作短篇に備えよ! 上遠野浩平〈製造人間〉シリーズ振り返り

〈ブギーポップ〉の裏側を明かす異能力者たちによる対話集、『製造人間は頭が固い』『憎悪人間は怒らない』が絶賛発売中の上遠野浩平氏。
SFマガジン2021年6月号(4月24日発売)に待望の新作短篇が掲載予定。この機会にシリーズを振り返りましょう!

■『製造人間は頭が固い』収録作

上遠野浩平『製造人間は頭が固い』ハヤカワ文庫JA
682円(10%税込)ISBN:9784150312794
発売日:2

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは『ヒトの目、驚異の進化』です!
20

○今日は 上遠野浩平 先生のお誕生日です おめでとうございます!1212

※この記事は2017年01月10日に書かれたものです。

上遠野浩平○パンゲアの零兆遊戯の破れかぶれ
■96年(陽子)の条件あり大半会天冲殺年に
「スーパーマジック・ハイパーマシン」で
第1回ソノラマ文庫大賞最終候補、
翌97年(灯丑)の同じく条件あり支合天冲殺年には、
「ブギーポップは笑わない」で第4回電撃ゲーム小説大賞を受賞。
98年(山寅)のDNA「鳳」の半会年に同作にてデビュー。
同作は発

もっとみる
○とてもありがとうございます♪この機会に自己修正しませんか?
7

【アフターコロナの恋愛事情】『しずるさんと見えない妖怪  ~あるいは、恐怖と脅威について~』上遠野浩平

作者プロフィール

著者:上遠野浩平
第4回電撃ゲーム小説大賞を受賞、電撃文庫から『ブギーポップは笑わない』でデビュー。
同作はライトノベルの潮流を変え、後続の作家にも多大な影響を与えた。『事件シリーズ』『ナイトウォッチ三部作』など著作多数。 Jブックスからは『JOJO』シリーズのノベライズ『恥知らずのパープルヘイズ』を刊行。

それでは物語をお楽しみください。

しずるさんと見えない妖怪
 ~あ

もっとみる
心より感謝申し上げます!! 編集部一同
60

9/18 『憎悪人間は怒らない』を読んだ

面白かった。
いろいろと懐かしい人たちが次々と出てきて、過去作品のあれこれへと繋がっていくことが伺われ、そういう縁起を描いてくシリーズなんだっけこれーーとか思っていたところ、カチューシャがささいな小間使いみたいなチョイ役で出てきたり、名前だけだけどミセス・ロビンソンなんていう懐かしさもひとしおな名前が出てきたあたりでふと気づいたが、ひょっとして今作に出てくる人たちはみな、裏切り者ばかりなんじゃない

もっとみる

はつメモ#8:殺竜事件(オススメ)

2000年にトンデモない小説が世に現れた。

竜…。それは善悪を超越したもの。
十万もの勇者、千万の軍を以てしても倒す事の
出来ぬ、無敵にして不死身の存在。

その万物の王たるに等しき竜が、
完全に閉鎖された場所で刺殺された。

不死身であるはずの竜は、
誰に、何故、どのようにして殺されたのか。

著者はあの"ブギーポップ"で賞を獲り、ライトノベルの世界に新しい価値観を生み出した上遠野浩平氏。

もっとみる
スキ、ありがとうございます!
5

〈ブギーポップ〉の裏側を明かす異能力者たちの対話集、待望の第2弾! 上遠野浩平『憎悪人間は怒らない』8/20発売!

人間を生物兵器「合成人間」に変化させる能力を持つ"製造人間"ウトセラ・ムビョウと、彼とともに暮らすことになった"無能人間"コノハ・ヒノオ。
彼らと「合成人間」たちの邂逅、そして対話の果てに待つものは――
前作『製造人間は頭が固い』に続く異能力者たちの対話集第2弾、『憎悪人間は怒らない』は8/20発売です!(電子版同日発売)

上遠野浩平『憎悪人間は怒らない』ハヤカワ文庫JA
本体価格720円+税

もっとみる
ありがとうございます!『アンドロイドは電気羊の夢を見るか』おすすめです
30

『アフターコロナの恋愛事情』恋愛小説の短編連載はじめます。

Jブックス編集部の六郷です。リモート環境でこれを書いています。自宅は鳩が来るのでうるさいです。
Jブックスでは、ジャンプ恋愛小説大賞という、恋愛をテーマにした小説賞の運営を担当しています。
運営しておいてなんなのですが、僕はとてもわからなくなりました。恋愛をテーマにしたエンターテインメントどうなるのか、ということがです。

コロナ禍の時代に生きる以上、生活様式の変容は避けられないと言います。
エン

もっとみる
ありがとうございます!今後もよろしくお願いします!
28

世界と「僕」を巡って|上遠野浩平と伊藤計劃〔前編〕|前島賢

「ファンタジー・ブームを終わらせた」作品

 前回の連載では、ライトノベルにおける最初の(ライトノベルの始まりとともにあった)ファンタジーの歴史を大雑把に振り返った。続く今回は、そのファンタジーブームを「終わらせた」と言われている作品から始めたい。上遠野浩平『ブギーポップは笑わない』だ。
 本書は電撃文庫の小説新人賞、電撃ゲーム小説大賞(現・電撃小説大賞)の第4回大賞受賞作として、平成10年(19

もっとみる
ありがとうございます!今日のおすすめは「物書きのための創作教室」です。
10