思考130

考える。

マナブさんが言うように、10年、20年、30年と会社員として働くことには少し抵抗を覚える。

今のうちに何かスキルを習得しておきたい。

それについては、理想のライフスタイルから逆算すると良いと聞く。

私はどんなライフスタイルを送りたいのか。

今日は自身の理想のライフスタイルについて書いていこうと思う。

「若いうちは都心に住みたい、豪遊したい」という理想は今でも自分を駆り立てるエ

もっとみる
やったね!

コロナ禍でのアメリカ生活㉒「ロックダウンはまた起こりえる。UBIのように社会の基盤を支えている人達をサポートする仕組みを考えるべきでは?」

米国では4月に2,250万人が職を失った

米国の4月の失業率は第2次世界大戦後では史上最悪の14.7%となり、2,250万人が職を失った。州ごとに格差があり、失業率トップ3は、ネヴァダ州の28.2%、ミシガン州の22.7%、ハワイ州の22.3%。最も失業率が低い州はコネチカット州の7.9%で、それに続くのがミネソタ州の8.1%とネブラスカ州の8.3%である。驚くべきことは、ネヴァダの3月の失業率

もっとみる

リモート入社で直面した“カルチャーフィット”という課題とGNUS流アプローチ

はじめまして、GNUSでビジネス開発/コンサルテーションを行っているビジネス・アーキテクトの丹羽です(^^)/

早速ですが、今回は世の中に働き方として定着するであろうリモートワーク環境での新入社員の “カルチャーフィット”という課題とそれに対するGNUSのアプローチについてnoteしていきます。

コロナ真っ只中で入社した“リモート社員”

今回記事を書く、私丹羽は2020年4月1日、新型コロナ

もっとみる

ideaboard® 開発ストーリー連載 #1_発想編  | アイデアの種を育て続ける

2019年10月、中西金属工業株式会社(以下、NKC)が、新しいホワイトボード『ideaboard®(アイデアボード®)』の販売を開始しました。
片手で持ち上がるほどの軽量性と耐久性、アイデアの記録や共有、場の空間構成など多様な行為を促すデザインを兼ね備えた、シンプルな一枚板。極限まで削ぎ落とした造形と、その活用自由度、最低限の構成要素で実現したボード自立性が評価され、同年のiFデザイン賞とグッド

もっとみる

リアルな場の価値は変わらない

リアルな場の価値は変わらない。

変わらないどころか、これまで以上にリアルな場の価値は高まる。

なんてことはうそで、いやうそっていう訳でもなくて、全国民のリモートリテラシーが高まったことでリアルな場の価値がゼロになってしまう世界がくるかもしれないし、

何もなかったようにこれまで通りに戻るかもしれない。

1つだけわかっていることは、誰も未来は分からないということ。

ただし、未来が分からなくた

もっとみる

コロナ時代のワークスペース体験

コロナをトリガーとしたワークスタイル多様化への動きが速度を増している中で、インフラとなるオフィスの姿形もアップデートが求められております。どのようにアップデートがなされていくのか議論がはじまったばかりで、オフィス不動産事業者やオフィス設計事業者などオフィスに関するエキスパートの方々の動向を注視していきたいところではありますが、一方でこのたびのワークスペース体験の変化は、自宅スペースを巻き込むもので

もっとみる

【検証】パソコンなしスマホだけでデジタルマーケティングはできるか?

デジタルマーケティングはその名の通り、デジタル端末だったりオンラインで行われるマーケティングを指します。

それゆえ、多くのデジタルマーケティング担当者にとってパソコンが重要なツールです。

しかし世の中にはスマホだけ持っていてパソコンが家にない人も増えてきており、スマホだけでデジタルマーケティングできてしまう方が望ましい感じもあります。

実のところ、ホリエモンこと堀江貴文さんも新著『スマホ人生

もっとみる
スキありがとうございます、嬉しいです😊
3

MEMBERSによる最新オンラインセミナー: ポストコロナ時代のマーケティングのあり方 〜キーワードは「パーパス」〜

コロナで世界中の価値観が大きく変わり、コロナ後(ポストコロナ)の消費者心理、生活及び行動様式、ビジネスの仕方、そしてマーケティングもそのあり方を問われています。
今回はアメリカ在住のグローバルマーケターのJaM Japan Marketing代表 大柴ひさみさんをお招きし、アメリカでの消費者、特にミレニアル世代、Z世代の価値観の変化と企業、そしてマーケティングがどのように変わっていくのかのインサイ

もっとみる

自己紹介〜VIEW of LIFE〜

アクセス御訪問有難う御座居ます

 初めましてZEROと申します。

やぁ皆様こんにちわ
「丸太を命綱ZEROで渡ろう」の時間です。

 
  人生サバイバルゲーム

 と言うことで改めましてZEROと申します。

もう皆様、覚えて頂けましたでしょうか私

勿論、本名ではありません。フィクションです。

また登場してます人物は危なっかしい木を渡る方と私自身とは何ら共通点・親類関係等は一切、身に覚え

もっとみる
アナタにとって幸せな1日で有ります様に☆
13