下北沢、線路と街

「下北沢 線路と街」は、下北沢の街と、そこで⽣きる⼈々への取材を中⼼に、これからの時代…

下北沢、線路と街

「下北沢 線路と街」は、下北沢の街と、そこで⽣きる⼈々への取材を中⼼に、これからの時代のまちづくり、⼈と街をつなぐお店や商いのありかたについて考えるメディアです。

マガジン

  • この店の歴史が、この街の歴史。

    この街を長らく見つめてきたセンパイたちは、 いまの下北沢をどう見ているんだろう。 下北沢で長くお店を営んでこられた先人たちに聞く、 お店と、街と、この街を通り過ぎていった人たちの物語。

  • いい店の人と考える、これから先のいい店って?

    お店というのは、住まう人や訪れる人と地域を結びつける、街にとっての“窓”みたいなものなのではないか。そう考えたとき、これから先の街を、社会を、そして住まう人を元気にしていくような「いい店」とは一体どういうものなのだろう? お店を始めたい人も、既にやっている人も、いい店が好きな人も。みんなが知りたいこれから先の「いい店」のことを、いま実際に「いい店」に関わっている方に伺っていく連載です。

  • これからのまちづくりの話をしよう

    豊かな街とは何か?豊かな街を作るとは? 近頃よく聞く広場って?パブリックスペースって? 市民が参加してまちづくりを成功させた例って? 下北沢線路跡地の再開発をきっかけに、 ちょっとまじめに都市開発のいまと未来を考える読み物です。

  • シモキタ・スナップ −下北沢から、今日も。

    この街の空気感を作るのは、この街で生きる人。 下北沢で働く人。舞台やライブハウスに出る人、目指す人。 そんな空気に触れたくて、足繁くこの街に通う人。 下北沢で出会った、夢を追い、夢に生きる人たちを 写真で切り取るスナップ連載。

  • わたしの下北沢

    場所、店、味、人、音。 きっと誰もが、自分だけのお気に入りを持っている、それが下北沢。 ならばこの街にゆかりのある“あの人”に、 自分だけの大切な下北沢を教えてもらいましょう。 一体どんなエピソードが飛び出すか…今月のゲストは、この方です

最近の記事

「下北沢で、仕事中。」 vol.1 桜木彩佳さん

下北沢ってどんな街ですか?と尋ねられたら、あなたはなんと答えるだろう?サブカルチャーの街。若者の街。ここにしかない、小さなお店がたくさんある街。多分、聞かれた人それぞれに、いろいろな答えが出てくる。それもまた、下北沢という街の面白さの一つなのかもしれない。 そんな下北沢に今、もう一つ新しいキーワードが加わろうとしている。それが、「働く街」。そもそも下北沢は、いろいろな形の小さななりわいが営まれてきた街だ。その街にいま、ここ数年広がってきたリモートワークのオフィスワーカーや、

    • 16軒目:ヤマザキショップ 代田サンカツ店

      下北沢駅から小田急線でわずか一駅、下北線路街の開発や人気ドラマのロケ地となったことで近年盛り上がりを見せている世田谷代田駅。そこから、歩いて2分ほどのところにあるのが、〈ヤマザキショップ 代田サンカツ店〉だ。 「サンカツさん」の愛称で親しまれるこのお店は、懐かしい駄菓子がずらりと並んだり、日本酒を樽で仕入れて販売していることがあったりと、こちらならではのユニークな商品ラインナップもさることながら、お客さんや道行く人と店主が交わす昔ながらのコミュニケーションが大きな魅力となっ

      • 働く場所の最新形? 「はたらく街」としての下北沢を、労働法の先生と考える

        下北沢という街は長らく、ビジネスパーソンにとって「働く場所」ではないというイメージが一般的だった。 しかし、近年は企業のサテライトオフィスが作られたり、法人向けのシェアオフィスも充実してくるなど、下北沢は「働く場所」としても魅力的な街だと見られ始めている。以前、本メディアで取り上げたコクヨの「n.5(エヌテンゴ)」は、その好例だろう。 下北沢だけに限らず、オフィス街ではない土地に企業が拠点を構える動きがいま、都内にじわじわと広がっている。なぜ、そうした変化は起こっているの

        • はたらく街、下北沢のコワーキングスペース: BONUS TRACK MEMBERSの場合

          下北沢から世田谷代田方面へ下っていくと見えてくる、印象的なダルマのマークとBONUS TRACKという文字。個性豊かな飲食店や物販店、コワーキングスペースやシェアキッチン、広場やギャラリーを備えたこの施設がオープンしてから、今年で4年目。昨年大流行したフジテレビドラマ『silent』の撮影地にも使われたり、下北沢の新たな人気エリアとして、メディア露出などの機会も多くなっている。 「ここのところ、遠方からいらっしゃる方がすごく増えた気がしています。私が入社してすぐは、コロナ

        「下北沢で、仕事中。」 vol.1 桜木彩佳さん

        マガジン

        • この店の歴史が、この街の歴史。
          16本
        • いい店の人と考える、これから先のいい店って?
          8本
        • これからのまちづくりの話をしよう
          15本
        • シモキタ・スナップ −下北沢から、今日も。
          8本
        • わたしの下北沢
          5本
        • 線路と街Gallery
          10本

        記事

          はたらく街、下北沢のコワーキングスペース: (tefu)lounge の場合

          2022年1月に開業した、小田急下北沢駅直結の複合施設(tefu)lounge(テフ ラウンジ)。 1Fにはコーヒーショップとグローサリーがあり、ベンチに腰を下ろして思い思いの過ごし方をする人の姿が。2Fには映画館とカフェがあり、お散歩の途中なのか、あるいは映画の前後の時間なのか、老若男女幅広い層がゆったりと会話しながらコーヒーを飲んでいる。 街の賑わいのつづき、といった雰囲気も感じられる2階からエレベーターで3階のオフィススペースへ上がると、その空気が少し変化する。

          はたらく街、下北沢のコワーキングスペース: (tefu)lounge の場合

          【いい店の人と考える、これから先のいい店って? vol.8】右近由美子さん(おにぎり専門店〈ぼんご〉代表取締役)

          時代の波とコロナ禍による大きな転換期を迎えている今、お店というもののあり方も大きく変わりつつある。 お店というのは、住まう人や訪れる人と地域を結びつける、街にとっての窓みたいなものなのではないか。そう考えたとき、これから先の街を、社会を、そして住まう人を元気にしていくような「いい店」とは一体どういうものなのだろう。 お店を始めたい人も、既にやっている人も、いい店が好きな人も、みんなが知りたいこれから先の「いい店」のことを、実際に「いい店」をやっている方に聞いてみたい。

          【いい店の人と考える、これから先のいい店って? vol.8】右近由美子さん(おにぎり専門店〈ぼんご〉代表取締役)

          大企業の社員こそ、下北沢で働くことに意味がある?コクヨが社員の新しい居場所「n.5」を作った理由。

          下北沢駅西口からほど近い場所に、コクヨの社員向けサテライト型多目的スペース「n.5(エヌテンゴ)」がオープンして約1年が過ぎた。 同社の掲げる「Life Based Working」という働き方の指針を体現する空間として、2022年8月に設立された「n.5」だが、そもそも下北沢はビジネス街ではなく、大企業のオフィスがひしめくような場所では決してない。 それにも関わらず、なぜコクヨは下北沢にこのような施設を開設したのか。プロジェクトの担当者である、経営企画本部クリエイテ

          大企業の社員こそ、下北沢で働くことに意味がある?コクヨが社員の新しい居場所「n.5」を作った理由。

          15軒目:北沢小西

          下北沢駅前を出て南口商店街の人混みを下り、老舗の花屋さん「ユー花園」手前の路地を右へ。少し歩くと右手に映画『STAR WARS』の映画タイトル…のような看板と、作中に登場するロボット・R2-D2のフィギュアが。「映画グッズのショップ…?」と一見思ってしまうそのお店の名は、クラフトビール&ハードサイダーの小売酒店『北沢小西』。扉を開くと、壁際にずらっと冷蔵庫が並び、日本だけでなく海外のクラフトビールのラベルが色とりどりに陳列されている。 興味津々でラベルを眺めていると、それぞ

          15軒目:北沢小西

          14軒目:中華そば専門店 一龍

          カレーと同じく個性豊かなラーメン店が多い下北沢。そんな中で1984年に開店し、昔も今も老若男女から愛され続けているのが《中華そば専門店 一龍》である。 下北沢駅東口から徒歩約3分、雑居ビルの1階にあるカウンター13席のこぢんまりとした店内は地元住民、観光客、近所のアパレルショップの店員などで常に盛況だ。周囲に次々と新店がオープンする激戦区にあって、「下北沢でラーメンといえばここ」という人も少なくないはず。開店から約40年を迎える一龍を創業し、今も店内に立つ坂井良三さんと、2

          14軒目:中華そば専門店 一龍

          【いい店の人と考える、これから先のいい店って? vol.7】平松佑介さん(銭湯〈小杉湯〉代表)

          時代が大きな転換期を迎えている今、お店というもののあり方も大きく変わりつつある。 お店というのは、住まう人や訪れる人と地域を結びつける、街にとっての窓みたいなものなのではないか。そう考えたとき、これから先の街を、社会を、そして住まう人を元気にしていくような「いい店」とは一体どういうものなのだろう。 お店を始めたい人も、既にやってる人も、いい店が好きな人も、みんなが知りたいこれから先の「いい店」のことを、実際に「いい店」をやっている方に聞いてみたい。今回登場するのは、東

          【いい店の人と考える、これから先のいい店って? vol.7】平松佑介さん(銭湯〈小杉湯〉代表)

          13軒目:CLUB251

          数多くのライブハウスが軒を連ねる下北沢。中でも、2023年にオープンから30年を迎える老舗が〈CLUB251〉。ジャズのコード進行「ツー・ファイブ・ワン」が由来のこのライブハウスは、BUMP OF CHICKENやTRICERATOPSなど多くのアーティストを世に送り出したシモキタの聖地のひとつ。ミュージシャンとして活動しつつ、古くからこのライブハウスに携わってきた運営会社COTOCの代表取締役、尾方茂樹さんに系列店の〈下北沢440〉、〈BAR?CCO〉も含めて歩みを振り返っ

          12軒目:つ串亭

          昔から数多くの居酒屋やバーが軒を連ねる下北沢。しかしここ数年のコロナ禍で閉店の憂き目を迎えている。友人や知人と飲もうと久しぶりにお店を訪れ、「あれ?いつの間にか閉まっている……」と愕然とした経験を持つ人も少なくないはずだ。 そうした状況下にありながら、来年(2023年)開店50周年を迎える老舗の居酒屋が〈つ串亭〉。南口商店街の坂を下った所の三差路を左に曲がると「創業 昭和48年」と描かれた看板が目に入り、店舗の入れ替わりが激しい界隈で存在感を示している。店を切り盛りするのは

          12軒目:つ串亭

          【いい店の人と考える、これから先のいい店って? vol.6】角田太郎さん(カセットテープ専門店 waltz 店主)

          時代の波とコロナ禍による大きな転換期を迎えている今、お店というもののあり方も大きく変わりつつある。 お店というのは、住まう人や訪れる人と地域を結びつける、街にとっての窓みたいなものなのではないか。そう考えたとき、これから先の街を、社会を、そして住まう人を元気にしていくような「いい店」とは一体どういうものなのだろう。 お店を始めたい人も、既にやってる人も、いい店が好きな人も、みんなが知りたいこれから先の「いい店」のことを、実際に「いい店」をやっている方に聞いてみたい。今回登

          【いい店の人と考える、これから先のいい店って? vol.6】角田太郎さん(カセットテープ専門店 waltz 店主)

          【いい店の人と考える、これから先のいい店って? vol.5】齊藤輝彦さん(アヒルストア 店主)

          時代の波とコロナ禍による大きな転換期を迎えている今、お店というもののあり方も大きく変わりつつある。 お店というのは、住まう人や訪れる人と地域を結びつける、街にとっての窓みたいなものなのではないか。そう考えたとき、これから先の街を、社会を、そして住まう人を元気にしていくような「いい店」とは一体どういうものなのだろう。 お店を始めたい人も、既にやってる人も、いい店が好きな人も、みんなが知りたいこれから先の「いい店」のことを、実際に「いい店」をやっている方に聞いてみたい。今回登

          【いい店の人と考える、これから先のいい店って? vol.5】齊藤輝彦さん(アヒルストア 店主)

          11軒目:本多劇場

          音楽と演劇、古着とカレーの街として知られる下北沢。その「演劇」の部分はここの存在なしにはあり得なかった。それが本多劇場である。 1981年の〈ザ・スズナリ〉を皮切りに、〈本多劇場〉、〈駅前劇場〉などを次々と開場。その後も大小さまざまな劇場を設け、現在下北沢で8つの劇場を運営するのが本多劇場グループ。その代表である本多一夫さんと、息子で総支配人を務める本多愼一郎さんにお話を伺った。 心の内にあった演劇への思い。いつかは自分の劇場が欲しいと漠然と考えていた本多一夫さん「僕は北

          11軒目:本多劇場

          イタリア発祥「アルベルゴ・ディフーゾ」を島根の温泉地で。暮らすように旅する「分散型の宿」に新たな客が集う

          日本の温泉地では、滞在中ほとんどの時間を宿で過ごす、1泊2食付きの旅のスタイルが馴染みがある。ところが最近はゲストハウスに宿泊して、食事は近所の飲食店で、お風呂も日帰り温泉という風に、まち全体をじっくり楽しむような旅を好む層も増えている。まち全体を宿に見立てた「まちやど」のスタイルは、イタリア発祥の「アルベルゴ・ディフーゾ」(分散型の宿)の考え方を取り入れたものだ。 島根県温泉津町にゲストハウス「WATOWA」をオープンした近江雅子さんも、1泊2日では温泉津の魅力が十分に伝

          イタリア発祥「アルベルゴ・ディフーゾ」を島根の温泉地で。暮らすように旅する「分散型の宿」に新たな客が集う