メリーバッドエンド

(詩篇)渋谷、死者のまち2

神の似姿に作られた唯一のはずの高等生物、人類に的を絞った未曾有の災厄が降りかかってから、白木は水緑となり、冬は夏になり、各国は鎖国し、街は閑散とし、天使や悪魔の絵を飾り崇めた公堂は多くが閉鎖され、星はその公転周期ももはや半周した。人類の単位で1050万キロもの距離を太陽を挟んで離れたことになる、が、地表重力に安寧としている人類はそのことに微塵も気がつかない。災厄の拡大数は被災人数のみが国家から公表

もっとみる
えっありがと!
63

メリーバッドエンドはこのようにしてうまれる

その物語とは、とあるキャラクターを主人公とした、事件の始まりから終わりのことである。
それはどのような形であれ始まり、そして終わる。

そして、この終わり方にはハッピーなものとバッドなものがある。
主人公が幸せになるか、そうでないかだ。

けれど、この2つのどちらにも分類されない終わりの迎え方がある。
それは主人公の結末が、はたして幸せなのか不幸せなのかわからない終わり方だ。

これを、世の中では

もっとみる
スキをいただけて嬉しいです
5

(告白)夏を切り取る

日に日に成長していく息子たちを見るのは幸せだった。
 父さん、今日は美味しいものとってくるからな。
 そう言って、父は出て行ったきり、帰ってこなかった。
 食べなければ死ぬ。残された子供たちは母と協力して、早めの自立。自分たちで食べ物をさがすようになった。
 そしてある日、
 穴蔵を出てすぐ近くの地表、アスファルトの上で何者かに踏みつけらればらばらになっている父のものらしき肉片があったのを見つけた

もっとみる
ありがとう!
72

(短編)「神さまはハンドメイドで」

そういえば夏ごろから、就寝前に、いつも日記を書いていたのを思い出した。自分の心境変化などを確認するため。またあまりにも無為に日々を過ごしている気がして、それを省みるため。もう少しこの青春真っ只中の華の女子高生時代というものを有意義に過ごせないだろうか、と悩んでいたのだった。もっとも、日記など書くのは小学生以来で書き方が分からない。三日坊主にならなければ良いが…と思いながら始めたのだが。

 大学ノ

もっとみる
ありがとう!
101

(音源/詩篇)「私は量子」(完成2)

(更新)*ボーカルも全部いれた、最終版(完成3)追加しました↓ どうぞこちらを^_^-☆

(以下完成2の記事)

↑ noteで再生する場合 / ↓PCでダウンロードする場合

 新曲。ボーカル入り(英語歌詞ムズイ…無理なところはラララにしましたw ボーカルの自己採点は100点中20点です…)

5/18追記:
…の、微調整をしました!微調整と言っても、100箇所ぐらい。分厚すぎた低音を奥にやっ

もっとみる
えっありがと!
63

放射冷却効果/桜の小道

幼い頃は隣の席の男の子を必ずと言っていいほど好きになってた。いや、そんなことはないか💦 消しゴムを拾ってくれたからとか、給食当番、一緒に頑張ってくれてたからとか、国語の授業でちょっと変わった回答してたから、とかが重なった上で、何度か隣の席になったから、気になりはじめて、家はどっちだろう、帰ったら何をしてるんだろう、兄弟はいるのかな、新作のドラクエやるのかな、芥川龍之介か夏目漱石かどっち派かな、ま

もっとみる
えっありがと!
43

「昼休みが孤独だった」人づきあいをせず漫画に没頭した“スヌーピーの父”

スヌーピー、チャーリー・ブラウン、ルーシー。世界中で愛される漫画『Peanuts(ピーナッツ)』を終生描き続けた天才漫画家のチャールズ・シュルツ。
世界で誰もが知るその作品で桁違いの成功を収める一方で、常に劣等感に苛まれていたという。その生涯を、手紙やメモなどを含む秘蔵資料と親族・関係者への取材により描き出した書『スヌーピーの父 チャールズ・シュルツ伝』より、チャールズ・シュルツの人となりを伝える

もっとみる
えっありがと!
50
00:00 | 00:30

ボーカル入れました。いろいろ調整して、完成。

もし感激してくれたなら、記事で紹介してくださいね。

(Beta,17th Februaly 2020)

ダウンロードしてヘビロテしてもいいのよ。
私の以前の曲はこちら。
https://note.com/betalayertale/n/n785effce1c04

えっありがと!
43

まふまふ『デジャヴ』ーボクの既視感を紐解く

まふまふさんは11月22日のツイキャス配信にて『デジャヴ』の歌詞について、次のようにコメントしている。

「正解とは何だ、正しさとは何だ、と。狂っていると言われてしまうこと、狂ってしまうこと。例えばこの世界で生きることがあまりに苦痛であるがゆえに、頭がおかしい方が楽だったりすると思う。若者たちはそう苦しんでいると思う。」

これを踏まえつつ、歌詞の言葉を読み解きながらこの曲を紐解いていきたい。

もっとみる

(音源/詩篇)アタニャージ

↑。(Vocal少し入ってる version のみにしたよ。)

…オィ!そこスルーしない!!www

↑↑上にあげた音楽をしっかり聴いてよね!!



atanyage(アタニャージ)

幾つになっても
冬はいつしか春になり
夜はかならず朝になり
生はしずかに終わりを迎える
それが私には分からない

 私の季節はずっと冬のままで
私の心はずっと夜のままで
私自身はずっと生まれてすらいなくて

もっとみる
えっありがと!
33