マッツ・ミケルセン

アナザーラウンド(2020)

トマス・ヴィンターベア監督「アナザーラウンド」を観た。第93回アカデミー賞の国際長編映画賞受賞作。 「血中アルコール濃度を常に0.05%に保つと仕事の効率が良くなり想像力がみなぎる」という理論を証明するとかなんとか理由を付けて、40歳前後の冴えない高校教師4人組が日々酒を飲みながら仕事をし、私生活を送る… "コメディ"となっているが、実際のところ笑ってる場合じゃないお話。 そもそも、彼らは家庭でも疎まれ、学校では生徒にバカにされ、授業の内容がなってないと父兄にクレームを入

映画 #7 「アナザーラウンド」

人生初のミニシアターでの視聴。これまでシネコンでしか映画を見たことがなかったため、詳しい後輩にあれこれ教えてもらいながらシアターと見る映画を選んで臨んできた。とある高校教師4人を中心とするデンマーク映画。 教訓的ではない作品アルコールが鍵となる作品ではあるものの、個人的には決してよくある「酒は飲んでも飲まれるな」といった教訓的な映画ではないと考えている。 何か辛いことがあった時お酒に逃げたいときだってある。気のおけない仲間と飲んで楽しめることもある。お酒が入っているからこ

スキ
3

20211113

最近映画によく行ってます 007の新作観て こないだは待ちに待った「きのう何食べた?」を観に行って←最高 そしてこちらも待ちに待ったマッツ・ミケルセンの新作 「カオスウォーキング」も観てきました SF映画に興味ないのですが(スターウォーズも観たことない) マッツをスクリーンで観たいという不純な動機で映画館へ マッツ、かっこよかった、マッツの悪役、最高 ストーリーもわかりやすくて、SF初心者向けです 一緒に行った旦那さん(SF好き)も、面白かったし、中だるみなくて映画としてよ

映画マラソン 「アナザーラウンド」

 第48回目の映画マラソンは、今年公開されたデンマーク🇩🇰映画「アナザーラウンド」!!  第93回アカデミー賞外国映画賞受賞🏆、監督賞にノミネートなど様々な賞レースで高い評価を得ている本作を映画館で見てきました!!  感想から先に言っちゃうと、非常に面白かったです!  何より主演を務めたマッツ・ミケルセンがいい演技をしているんですよね😃  普段はカッコいいおじさんなんですが、本作では、自信がなく、人生を楽しめないキャラクターとして見事に演じきれていました。  お酒が絡

スキ
9

【ネタバレ有】アナザーラウンドを観て思ったこと

元々は『TOVE』という映画を見ようと思って、映画館のHPを見ていたのだが、俳優さんの大変素晴らしい横顔に惹かれてしまった。 何度か映画館のHPを見ていた内にサブリミナル効果(違)でこの映画が気になるようになってしまった。 お酒が関わるらしい。『人生に祝杯を』のキャッチコピー。実験、論文、証明といった私の性癖に刺さる言葉の数々。そして俳優の顔、マッツ・ミケルセンさんの顔…っ!!!!!!!!顔だよ!!!!!!!!!!! 実を言うと、私自身はかるーく星読みを噛んでいるため、映

『アナザーラウンド Another Round』

 なんといっても、マッツ・ミケルセン(デンマーク語の発音ではマス・ミケルセン)のダンスシーンがあるというので、待ちに待った日本公開だった。  スリリングなドラマに満ちた展開や予想もつかないようなどんでん返し、というタイプの映画ではない。しがない高校教師である4人のおじさん達の、普通の人生。先の見えた人生は、どこまでもくすんでいて、まさに中年のクライシス状態だ。体の不自由な犬と暮らす独り身の者、妻とすれ違っている者、小さな子供達の世話で精一杯の日常を過ごしている者、離婚した者、

スキ
4

驚愕のクオリティ!ドラマ『ハンニバル』は芸術的サイコホラー

今回はkayserが紹介します。私のお気に入り映画に、ジョナサン・デミ監督の『羊たちの沈黙』があります。トマス・ハリスの原作をジョディ・フォスターとアンソニー・ホプキンスの実力派コンビが演じ、アカデミー賞で主要5部門を受賞した傑作です。続編の映画版『ハンニバル』も非常に面白い作品でした。 そんなトマス・ハリス原作でハンニバル・レクターが初登場する『レッド・ドラゴン』。映画も製作されていますが、そのドラマ版が2013年からNBCで放送されました。タイトルは『ハンニバル』。今回

スキ
1

鑑賞ログ「アナザーラウンド」

210919@グランドシネマサンシャイン池袋 北欧の至宝、マッツ・ミケルセン主演作は観るべし。 高校の歴史教師のマーティン(マッツ)の授業はつまらなくて、生徒からは不評で保護者からも槍玉に挙げられる始末。看護婦の妻は夜勤続きですれ違いばかりで2人の息子とも会話はほとんどない。そんな中、教師仲間の40歳のお祝いの食事の席で、人生をもっと気楽に生きるべしと仲間に励まされるマーティン。そして、血中アルコール度0.05%を保ち続けるとパフォーマンスが上がって人生がうまくいくという

『アナザーラウンド』

デンマーク映画『アナザーラウンド』(トマス・ヴィンターベア監督、2020年)を久々に映画館で鑑賞。マッツ・ミケルセンがシャンパンボトルを煽ってる写真をTwitterで見かけたときから絶対みたい!と思っていたんだけど、期待通り満足感と共に映画館を後にできる良作でした。 マッツ・ミケルセンが演じるマーティンは、高校で歴史を教えているものの、授業への熱意はゼロ。生徒はまともに席にもつかないのに、「先生の授業じゃ試験にうからない」と親を連れて文句を言ってくる。妻ともすれ違い続きで会

スキ
5

顧みられない人

画家のフィンセント・ファン・ゴッホを題材とした、2018年の映画、『永遠の門 ゴッホの見た未来』を観た。Netflixである。 最近は『ヤクザと家族』と『BLUE』も観た。どちらも邦画で、どちらも良かった。 ゴッホに関しては、ウィレム・デフォーが演じるゴッホ、それからオスカー・アイザック演じるポール・ゴーギャンがメインとして登場する。 マッツ・ミケルセンもちょい役で登場していた。ミケルセンは『ファンタスティック・ビースト』シリーズのグリンデルバルドをジョニデに変わって演じる

スキ
41