プロダクト開発

プロジェクト発足から4週間でリリース!テイクアウト受付ツール「トレタ テイクアウト」プロジェクト

こんにちは、トレタ採用担当の金子です。

2020年6月24日に、今日から使える、自社サイト向けテイクアウト受付ツール 「トレタ テイクアウト」の提供をスタートしました!

トレタ テイクアウトとは?

トレタ テイクアウトは上記の課題を解決し、飲食店が長期的にテイクアウトを収益化していくことを可能にするサービスを目指して開発しました。トレタ テイクアウトの特長は、3つの「ダイレクト」です。

もっとみる

2mmの葛藤と中庸さ - LABRICO丸棒Φ30シリーズ開発者インタビュー

どうもLABRICOのヨースケです。
LABRICO開発インタビュー記事。社内外たくさんの方に読んでいただいて、反応をいただきました。ほんとありがとうございます。

こうやって内側(not 裏側)を世の中に公開することって、恥ずかしかったり、怖かったり、なかなか勇気がいることでした。
インターネット界隈に割と長めにいる自分でも、いわゆる「公開ボタン」を押すときって、いつも勇気を振り絞ります。

もっとみる
ありがとうございます!励みになります!
5

【まとめ】トレタのエンジニア関連の記事をまとめて紹介します

こんにちは、トレタ採用担当の金子です。

これまでトレタではエンジニアの組織や開発環境に関する記事をいくつかの記事で紹介してきました。

今回は、「トレタのエンジニア関連まとめ記事」として、それぞれの記事の紹介をさせていただきます。

チームやメンバー紹介、プロジェクトや取り組みにフォーカスしたものなど、いろいろな記事があります。リンクから実際の記事を見れるようになっていますので、気になった記事は

もっとみる

新規事業をやりたいけど開発予算がわからない方へのアドバイス【安く、でも良いものがほしい】

新規事業系の案件を受ける時に良く聞くフレーズがあります。

・やりたいことはあるんだけど、開発に関する予算がわからない
・開発予算がわからないから、まずは見積もりをお願いしたい
・見積もり出たけど、ピンきりでよくわからない。

ちょっと厳しい言い方ですがこれらの質問をする時点で、地獄への一歩を歩んでいます。

この質問の後どうなっていったか、ちょっと見てみましょう。

見積もりを出して、開発が始ま

もっとみる
ありがとうございます!なるべく毎日更新がんばります!
10

「会議前の雑談」を見るだけで、チームがうまくいっているか分かる

ゆっくりと対面での打ち合わせなどを再開している企業も多いと思いますが、このツイートで書いたように「会議前の雑談」といったちょっとしたことでチームの健全性は測れるなと思いました。

私は経営管理を担当しているので、いろいろな組織のチーム会議に出席することがありますが、この「会議前の雑談」から読み取れることは本当に多いです。

まず、会議室に入ってきたときのみんなの表情。うまくいっている組織だと、同僚

もっとみる
ありがとうございます!うれしいです!
57

【コレを聞いたら気をつけろ】エンジニアが新規事業に誘われた時のチェックポイント3つ

最近、新規事業を一緒にやりませんか?というお誘いを良く頂くようになりました。

過去にも既に何度か新規事業に携わったり、ジョイントでやったり、客観的に観測したり、としていたのですが

その中で見えてきた失敗ノウハウがあるので、今回はそれを書こうと思います。

新規事業を考えている方。新規事業に誘われている方。必見です。

失敗する新規事業に多かった発言TOP3

・ユーザーが集まったら広告費とかで

もっとみる
ありがとうございます!なるべく毎日更新がんばります!
7

飲食店向けの新しいテイクアウトサービスを始めました

誰もが使えるテイクアウトサービスを開始!

最近お手伝いしているシンギラリティ・ソサエティから、レストランのテイクアウトサービスをサポートするWEBサイトの正式リリースを始めました。

ふとしたきっかけから、プレスリリースやマニュアル作り、店舗の宣伝などを少し手伝わせて頂きました。

このWEBサイトでは基本的に誰でも簡単にテイクアウトサービスを開始できるようにするというコンセプトの元、パソコンに

もっとみる
ありがとう~
11

2020.06.22 ~プロダクトを正しく作りたい。

タイトルの通りだが、プロダクトを正しく作りたい、と日々思う。

だが、この「正しい」の意味合いは各所の整合性の取れた完璧なシステムを作りたい、という話とは違う。
「エンジニアなのに!無責任だ!」と言われそうだが、別に欠陥品を作りたいわけではないし、作るときは完璧なシステムを作りたい、という気持ちはある。

僕のいいたい正しさはもっと定性的というか、各人のプロダクトの向き合い方的なところの話だ。

もっとみる
おすすめ本「最高の結果を出すKPIマネジメント」

link 水に溶けるマスク

今回の実習テーマは「新型コロナウイルス対策グッズ」でした。
中間発表が終わり、なかなか価値を伝える説明が難しいと感じたので文章にまとめておきます。社会実装を目指せる課題だったのでモチベーションの維持が楽でした...

「link 水に溶けるマスク」

コンセプトは「生活に馴染むデザイン」。アフターコロナにおけるライフスタイルをデザインできたらいいなと思い制作しました。

まず、水に溶けるメリットに

もっとみる

「価値の創出」の解像度を高める、デザイナーとしての新たな挑戦

2020年1月からAirレジのデザイナーとして中途入社させていただきました大原です。社会人としては4月から4年目となります。時間というのはあっという間ですね。

今回はデザイナーになってからAirレジのデザイナーとなった現在までの振り返りと今後の挑戦について書いていこうかなと思います。

やってきたこと

まずはここまでの流れをざっくり。

0→1の活動を中心に様々なサービスに関わってきました。

もっとみる