ノルアドレナリン

冬になるまでに日光浴で脳内のセロトニンを増やしましょう。

セロトニンとは、神経伝達物質のひとつで、ドパミン、ノルアドレナリンを制御し、精神を安定させる働きをします。

別名「幸せホルモン」と呼ばれています。

冬になるまでに日光浴で脳内のセロトニンを増やしましょう。 セロトニンとは、神経伝達物質のひとつで、ドパミン、ノルアドレナリンを制御し、精神を安定させる働きをします。 別名「幸せホルモン」と呼ばれています。

軽い運動はダイエットに効果的と言われますね

運動にはドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなど脳に良いとされる物質の分泌を促す効果もあり、運動により仕事や勉強の効率が上がる可能性もあるとのこと👩‍🏫

仕事や勉強で行き詰まった時は軽く運動してみるといいかもしれませんね💪

軽い運動はダイエットに効果的と言われますね 運動にはドーパミンやセロトニン、ノルアドレナリンなど脳に良いとされる物質の分泌を促す効果もあり、運動により仕事や勉強の効率が上がる可能性もあるとのこと👩‍🏫 仕事や勉強で行き詰まった時は軽く運動してみるといいかもしれませんね💪

スキ
5
ドーパミンの『裏』の顔【食欲コントロール】
+4

ドーパミンの『裏』の顔【食欲コントロール】

こんにちは、ショウです。僕のnoteを読みに来て頂いてありがとうございます。 今回は「ドーパミンの裏の顔」という不思議なタイトルをつけさせて頂きました。 「やらないといけない大事なことなのに・・・」 「やる気が出ない!」 「締め切りに間に合わない!」 「目標が達成できない!」 このような経験をされたことはないでしょうか?例えば、人間のやる気は脳内の「側坐核」という部位から分泌されるドーパミンという神経伝達物質によってもたらされるということが科学的にも実証されています。

スキ
4
有料
500
①嫌なことばかり見つけるのが得意な思考回路を正す方法みつけた!嫌な気持ちから自分を守るぱわー!
+1

①嫌なことばかり見つけるのが得意な思考回路を正す方法みつけた!嫌な気持ちから自分を守るぱわー!

今日は予定が何もない休日。 昨日は台風の暴風雨で今朝は8時前になってもまだどんより暗かった。 別に今日は朝活しなくてもいいよだるいし、と思いながらしばらくベッドでスマホいじってたけど、どれだけだらだらしても有り余るツマラナイ時間。 それでふと、昨日学んだセロトニンのことを思い出した。 セロトニン(幸せホルモン)は、ノルアドレナリン(不安、嫌な気持ちの正体)の発症を抑えて心のバランスを整える。 思考回路の土台として、まずはこのホルモンのことをしっかりわかっとく必要がある

スキ
1
ノルアドレナリンの働き【闘争or逃走】
+7

ノルアドレナリンの働き【闘争or逃走】

こんにちは、ショウです。僕のnoteを読みに来て頂いてありがとうございます。 今回は「ノルアドレナリン」について話をしていきます。以前「ドーパミン」について話をした時にも少し触れましたが、ノルアドレナリンは神経伝達物質の1つです。 こちらでは「ドーパミン×ダイエット」ということで、ドーパミンの効能がダイエットにも活かせるんだということで話を進めていきましたが、ノルアドレナリンに関しても同じことが言えます。 ただ、当然ながらドーパミンとノルアドレナリンは効果・効能が違うの

スキ
1
有料
1,000
夏の憂鬱。

夏の憂鬱。

秋の気配を肌で感じる。 最近は人が密集する都会よりも、自然を求めて地方に出かける人たちが増えていて、田舎も都会さながらの密になる場所も増えてきた。 それはそうと。 この時期になるとSNSで夏の思い出を投稿する記事をよく見かける。 やはりみんな自然が好きで、山や川を楽しむ人がたくさんいる。もういちど人間の原点に戻って、野性的な感覚を取り戻すかのように、本能のまま自然の恵みを五感で堪能している。 広大な山の中を分け入ってみると、何十年もかけて育った神秘的な木々との出会い

スキ
7
超簡単なストレス解消法 〜悪いストレスと良いストレス〜
+4

超簡単なストレス解消法 〜悪いストレスと良いストレス〜

どうもこんにちは!ストレスを毎日解消しているyamabikoです。 今回は、ストレスについて話していこうと思います。 情報を選択しよう 今は外出もできず、仕事などのストレスを抱えている人が多いとおもいます。 ではどうすれば良いのでしょうか。 対策として、自分が住むところやグループ、などのことを真剣に考えて自分で選択することです。 そもそも人というのは自分の外側の情報と、自分の内側の状況のどちらか二つに注意を向けています。 しかし現代の人はスマホやネットからの外側の情

スキ
36
ぼんやりした不安の解消法

ぼんやりした不安の解消法

今回は『ぼんやりした不安の解消法』という話をさせていただきます。 こんな不安ってありませんか? 「将来についてなんとなく不安」 「今度の仕事のプロジェクトのことが気になって仕方がない」 「一人でいると不安な考えばかりする」 こういった今すぐ解決できる問題ではないような漠然とした不安です。 こういった不安をどうやったら消すことができるのか、その話をしようと思います。 まず思い出してほしいのです。 こういう漠然とした不安が増える時というのは、頭だけで考えている時ではあり

スキ
1
相手に集中させる方法、ノルアドレナリンを分泌させよ

相手に集中させる方法、ノルアドレナリンを分泌させよ

日常生活や特に仕事では、相手にしっかりと話を聞いてほしい、 集中して聞いてほしい場面があります。 そんなときに、話し手が、やさしい口調だけだったとしたら 聞きごごちはいいかもしれませんが、集中力が続きませんし、 ただ聞いているだけになってしまうのではないでしょうか。 可もなく不可もない、感じです。 もちろん威嚇した態度をされては、全く聞く気になれません。 お互いにいいことはないでしょう。 同じ注意を何度も繰り返しされたら「また言ってる」とスルーです。 少し話し方を工夫す

スキ
2
緊張のメカニズム

緊張のメカニズム

私は中学3年生の頃にあがり症になった経験から緊張について考える時間が多くありました。 緊張のメカニズムについてある程度把握してるつもりなので、本記事でアウトプットしていこうと思います。 緊張とは緊張というものは、外的要因によって自分の身が危険に晒され、臨戦態勢に入った状態のことをいいます。 緊張には大きく2つ種類があると思っています。良い緊張と悪い緊張です。アスリートの試合前の緊張状態などは良い緊張に当てはまります。良い緊張によって集中力を高め、自分が本来持っている以上

スキ
15