ソースコード

N-1行間引きツール (SP004) 完

取り組み最初の記事と、先日の記事で紹介した N-1行間引きツール(SP004) の使い方を少し詳しく書いてみます。

入力ファイルの一部行を周期的に間引くアプリで、入力ファイルには変更を加えず(読み出すだけ)、新たに出力ファイルを作ります。
小さなプログラムですが、記事の最後で全ソースコードをダウンロード可能です。

アプリ(SP004)の起動方法は SP004_main.py を実行するだけです

もっとみる
「スキ」! ありがとうございます。
2

N-1行間引きツール (SP004) 1

連休中に「N-1行間引きツール (SP004)」を作ってしまおうと取り組みました。一通り出来上がっていますが、今回は Tkinter シリーズで扱わなかった機能の部分について紹介します。

ツールの性格上、ドラッグ&ドロップが使えた方が便利なのですが、Tkinter で実現しようとすると、実行環境を選ぶなどチョット面倒なようです。ここは無理せず tkinter.filedialog と言うライブラ

もっとみる
「スキ」! 嬉しいです。ありがとう!
4

RasPi (+ADC) Python で LM61

B02 に LM61CIZ を接続して温度測定を試したので紹介します。
B02 に実装済の SPIインタフェースのA/Dコンバーター(MCP3204)経由で接続しています。

LM61は精度が高くないのですが、ラフで良い場合や、高精度の温度センサーと併用して(センサー位置ズレ、脱落等)異常検出用の補助センサーとして使っています。
生産中止品のようですが、入手可能な間は使うつもりです。

以前の記事

もっとみる
「スキ」! 嬉しいです。ありがとう!
10

RasPi Python で ADT7420

先日、構想を紹介した B02 で温度センサー ADT7420 を使ってみました。
I2C インタフェースなので、B01 でも同様に使えます。

B01, B02 共に、I2Cバスリピーター内蔵です。

ADT7420は Strawberry Linux の製品を使ってみた上で、PWB(生基板)を作り、PIC マイコンで度々利用しています。

ADT7420 I2C精密温度センサモジュール
http

もっとみる
「スキ」! 嬉しいです。ありがとう!
3

macOSでもBCCで遊んでみたい

eBPFプログラムを開発する一般的な方法はBCC (BPF compiler collection)を使うことである。Linux環境だとDockerで簡単に環境も構築できるが、今回はmacOS上に環境構築してみる。

macOSローカルでもBCCを動かして遊んでみるために、Vagrantスクリプトを公開している人がいたので、Ubuntuのバージョンを18.04から20.04にしてみた(vagran

もっとみる

RasPi Python で ADC(MCP3204)

Raspberry Pi Zero で ADC (MCP3204) を使う機会があったので、紹介します。

使ったのは面実装品のこちら

(DIPパッケージ品もありました。)

Raspberry Pi の GPIO とは以下のように配線しました。
カッコ内はピン番号です。

GPIO          MCP3204
(17) 3V3 power      (14) VDD , (13) VRE

もっとみる
「スキ」! 嬉しいです。ありがとう!
6

画像イメージで書かれたソースコードの種類が時代で変わっている

多分、職業病だと自分で思っています。
ITとかコンピューターに関連したイメージ画像に、プログラムのソースコードが書かれてある事があります。

イメージ画像、昔は16進数で書かれていたことが多かったように思います。
最近は、私が知らないコンピューター言語のソースコードが多いです。

イメージ画像における、コンピューター言語の種類を統計してみたら面白いかも知れません。
現実世界では、Javaを使ったコ

もっとみる
また次にスキを頂ける記事を書きます
9

温湿度露点ロガー(S0100-1) 11

先に紹介したプログラムに改良を加え、S0100-1 としました。

変更点

アクセスのタイミング変更

少しでも互いの時間間隔を空けたいと考え、各ロガーのSQLite 簡易サーバーへのアクセスタイミングを以下のように変更しました。
(ID=01以上のロガーは4秒間隔にしました。)

変更前 (最大のID番号は14、合計で15台まで収録)
ID       00 , 01 , 02 ・・・14

もっとみる
「スキ」! ありがとうございます。
4

データセンター向けTCPとeBPF実装

最近のLinuxではeBPFで輻輳制御アルゴリズムを実装し、カーネル内で実行できる。今日はDCTCP実装を眺めてみたいと思う。その前にオリジナルのDCTCPについて確認する。マージされたのはバージョン3.17の頃。

commit e3118e8359bb7c59555aca60c725106e6d78c5ceAuthor: Daniel Borkmann <daniel@iogearbox.ne

もっとみる

温湿度露点ロガー(S0100-0) ソース

「温湿度露点ロガー(S0100-0) 9」の試験が終了したので、取り扱い説明とソースコードを紹介します。

後述の「温湿度露点ロガー.txt」の説明に写真を追加して説明します。

取り扱い説明

温湿度露点ロガー(S0100)の使い方

想定する使用環境
  5℃〜50℃
  結露無きこと

  参考(センサーSHT-31のカタログ値)
   ・測定レンジと測定精度
    温度:-40℃~ +1

もっとみる
「スキ」! 嬉しいです。ありがとう!
2