クウネル

ドリンカレー、メディア掲載のお知らせ

2018年10月に発売開始してから
1年と数ヶ月、ドリンカレー を
一人でも多くの方に知っていただきたく
また、味わっていただきたく
“じわりじわり”を合言葉に
もろもろ(細々とではありますが)
活動しております。

ありがたいことに
ネットニュースや雑誌、ラジオなど
メディアにも取り上げていただいておりまして
この度、現在発売中(1月20日発売)の
マガジンハウス「クウネル」に
掲載いただきまし

もっとみる

ずっと集めていた旧クウネルを仕分けすることに

長い間買っていたクウネル。あの突然のイメチェンのあとは一冊も買っていない。
過去のものを見返して、自分に必要ではないものと、絶対に手元に置いておきたいものを仕分けしようと(捨てたり手放すかどうかは検討中)
時間を見つけて読み直している。
好きな記事というか写真、パッと見ただけで「これは好き」と思うものがあれば
残そうと思う。
そして、自分に響く「言葉」があるものはもちろん手元においておこう。

もっとみる
ありがとうございます♡
1

もういいかな・・・・雑誌

かなりの雑誌好きで
昔から相当買ってきたのが雑誌と本。

ここ近年ほっこり系の雑誌も買っていて
クウネル、リンカラン、天然生活その他、発売日を楽しみにしていた。
そして、きっと私たちの年齢は「紙の本を買う」ことにこだわりも持っていた世代。
anan、NON-NO、オリーブ、セブンティーン
そのあと私はFineとか(サーファー雑誌)JJなども買い
MORE、WITH、
装苑、流行通信、GINZA、C

もっとみる
ありがとうございます♡
1

精神的ストレスは。

誰かが自分に対してとった態度、
または言われた言葉に対して
「あれ?」
と、違和感を感じるときがある。

なんだかイヤな感じ。
気のせい?
私の考え過ぎ?

と、そのときは思うのだけど、
後になってもその違和感は消えなくて
心の中にしばらく残ることがある。

今日はそういうことがあった日だった。

「私、何か悪いことしたかなぁ。
うーん、案外今日じゃなくて前に会ったとき失言してたのかな。」

もっとみる
明日も書きます!
4

旧クウネルを想う・・・

旧クウネルのこと

ある金曜に仕事を終えて書店へ
音楽の仕事をしている私はとあるホールでの仕事の時は必ず同じビルにある書店へ立ち寄り、好きな雑誌や文具を選ぶ。
無駄遣いなのかもしれないけど、ストレス解消でもある。
やめられない。

ちらりと横目で今のクウネルを見る。
このときはデザイナーの島田順子さんが表紙。
というと、やっぱりパリ特集かな。と思いながら通り過ぎた。
私にはパリは今は必要なくて、雑

もっとみる
嬉しいです♫
2

わたしらしいライフスタイル“真・丁寧な暮らし”とは|いろはレシピ

今週は、家にこもって仕事をしていたので、今日は、お花を買って、カフェによって、軽食とコーヒーをいただいて、少し仕事をし、帰ってきた。

丁寧な暮らしとか、スローライフって、いいなと思うけど、はっきり言って、暇な日でないとできない。
そんなに暇じゃないし、仕事をしている時間も好き。仕事は大変なこともあるけど、ないとやっぱり物足りない。

毎朝、雑巾で床を隅々まで拭き、お庭でハーブを栽培し、オーガニッ

もっとみる
キラ〜ン!魅力が上がった!
81

雑誌クウネル3月号を買いました。前号の松浦弥太郎さんが書かれたエッセイが素敵すぎたので、今回も期待してわくわくしながら書店で購入。おばあちゃんと過ごしたクリスマスの話。優れた文章に惚れ惚れする時間。そうか、私は松浦弥太郎さんのエッセイに惚れているのか。

ありがたき幸せ!フォローはお気軽に。
2

食べものエッセイ

久々に上質な食べものエッセイを読みました。

雑誌クウネル1月号の松浦弥太郎さん作「大きな山をこえるとき おいしいはなし 忘れられないオムライス」です。

子供の頃、中華料理店からチャーハンを出前してもらっていた松浦さん姉弟。

ある日、その店の娘から、うちはオムライスもおいしいのよ、と聞かされます。

そのことが気になっていた松浦さんは、次の出前を頼む時に、オムライスを注文します。

いざ届いた

もっとみる
ありがたき幸せ!フォローはお気軽に。
8

本日の読書感想文

本を読んでつらつら思ったことを

新版パワーストーン組み合わせBOOK 

まあ、パワーストーンというか石が好きで(道端の石もね)、思えば小さいときから何となく好きでいたけども、石に感じていた味覚を書いている本を今回はじめて読んだ。

これは、石好きなら当然のことだったのか?

石好きな人はあんまり周りにいないし、いてもそんな味覚を感じるなんて、言ったことがない。言われたこともない。おいしそうって

もっとみる

Cakesにあった“『ku:nel』の苦戦〜”記事を読んで、マスメディアにいない友人(←これが大事!)が、「今、どの雑誌も中身が似たりよったりで、中身をみるだけだとどの雑誌なんだかわかんない。どれも一緒。しかも、ぼんやりした内容ばっかで買わなくなった」と言っていたのを思い出した。