『ガルヴェストン』鑑賞。アメリカの片田舎の煮詰まった人間関係と交錯と。その中で生まれる感情と物語と。ハードボイルドな映画だった。エル・ファニングがとにかく美しい。ベン・フォスターも渋い。

ありがとう!

《エル・ファニングは天使の末裔》『20センチュリー・ウーマン』を観ました。

はじめてNoteを書きます。

2017年公開(2016年かも)、アメリカのマイク・ミルズ監督の作品、『20th Century Woman』を観た感想をつらつらと述べていきます。

あらすじはコチラを見ていただければわかると思うので、感想のみ述べていきます。ネタバレ無しで、「鑑賞後はこんな感じになるのね~~」という視点から読んでいただければと。







感想1/3・・・・自分を表現す

もっとみる

A Rainy Day in New York

ウディアレンの最新作。ニューヨーカーでお坊ちゃんの大学生ギャッツビーはガールフレンドのアシュリーが得たニューヨークでの大物映画監督への取材という好機に乗っかって、彼女にニューヨークを案内する週末の計画を立てる。
しかし、映画監督にアシュリーが気に入られた事をきっかけにデートの予定はどんどん狂いはじめていく。
待ちぼうけを喰らったギャッツビーは昔の恋人の妹チャンにたまたま再会し、一緒に美術館を散策す

もっとみる

孤独なふりした世界で世間未発見映画の感想

フィルマークスで👁‍🗨の欄の数が5000未満の映画を、勝手に世間未発見映画としてくくっます。

チェックしていただきありがとうございます😊
1
チェックしていただきありがとうございます😊
1

運命を変える恋は雨から始まる『レイニー・デイ・ニューヨーク』

7/3に公開された『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』。名匠ウッディ・アレン監督の新作は、雨の日を舞台にあるカップルの一日を描いた作品だ。とある事情により実は本国では公開されていない本作。筆者も7/8(水)に、ヒューマントラストシネマ有楽町の18:40の回で鑑賞してきたぞ(ちなみに席はほぼ満席。レディースデイという事もあって、お客さんの8割は女性だった印象)

ここでは、作品の魅力を感想を交えて書

もっとみる
ありがとうございます、素敵な一日を!
33

7/13地上波放送『パーティーで女の子に話しかけるには』多くの人に観て欲しいから魅力を語らせて欲しい。

2017年に公開された『パーティーで女の子に話しかけるには』、この度、日本テレビの『映画天国』で、7月14日(火)1:59~3:59で放映する事になった。(↓の画像は『映画天国』公式サイトより)※ちなみに日時は14日(火)だけど、時間帯的に13日の深夜に放送する事を考慮して、13日と表示させてもらっています。

『パーティーで女の子に話しかけるには』は、筆者が、2017年観た映画の中でもベストに入

もっとみる
参考になったのなら幸いです。
31

NO.4 ウッディ・アレンの新作映画『レイニーデイ・イン・ニューヨーク』を観る

僕が初めて観たウッディ・アレンの映画は『アニー・ホール』(1977年)。
大学生の頃、確か深夜にテレビで放送された時に観たのだと思う。

面白かった。

ニューヨークとロサンジェルスを舞台にウッディ・アレン自身が演じるシニカルな主人公のアルビー・シンガーと明るく可愛い恋人アニー・ホール(ダイアン・キートン)の数年にわたる関係が、それぞれの過去にあった様々な出来事を途中に挟みながら進行する。
以来、

もっとみる