鳥取のじいちゃん②

鳥取のじいちゃん②

中学生の終わり頃にもなると、自分の限界値を把握させる、というていで、父親が自分の飲んでいるビールを少し分けてくれた。 くすんだ金色のグラスに注がれたソレは、すごく不味かった。 それを見てばあちゃんは 「頭が悪ぅなるけ」と心配そうにする。 それを見てじいちゃんは 「ともくん、勝負しようや」とニンマリ笑う。 これが僕とじいちゃんの第二次大戦勃発の合図となる。 じいちゃんは根っからの商売人で、晩年は酒屋の店主として暮らしていた。 先の腕っぷしが強かった所以も、毎日の様に酒樽

ben nevis
+1

ben nevis

64.1度 アルコール強~。加水しないと味がわからん。 モルトヤマさんからのプライベートカスク。ピートは感じません。が、味がわかりませーん。再度レポートします。

プライベートブランドとしてのポジショニング③
+4

プライベートブランドとしてのポジショニング③

前回、前々回に続いて、DRAMLAD立ち上げの際に定義したポジショニングの記事です。今回は「ブランドとして認知されるべきポジショニング」について書いています。 一連の記事は下記のリンクからご覧ください。 「ブランドとして認知されるべきポジショニング」と言っても、例えば、高級志向なのか庶民的なのか、知性的なのか遊び心溢れるのか、業界や扱う商品によってマッピングのバリエーションが違ってきますので、なかなか事例を参考にするのが難しいところですね。 海外ボトラーズの事例ー3つの

詩)ジャックダニエル
+2

詩)ジャックダニエル

最近覚えた、ひと口のウイスキー。 1番安いウイスキーを飲んでいたのですが、数日前からジャックダニエルを。 安ウイスキーは口に含むと、やたらモアモアしたアルコール感がして、体が火照り、鈍磨な弛緩がしばらく続きます(私の場合) 今度の、ひと口のジャックダニエルは違うんです! 飲み口もスッキリして、モアモアしたアルコール感、火照り、鈍磨な弛緩がないのです。 むしろ、思考が鮮明に。 どうやら、ジャックダニエルという、男の名前みたいな彼女ができたみたいで(笑) ただ、ちょ

スキ
4
シーバスミズナラ
+1

シーバスミズナラ

 毎日飲んでるけど、投稿サボってます。今日は休みなのでいろいろ飲みました。朝起き栃栗毛、昼にカナディアンクラブreserve、ご飯のときは、黄金(発泡酒)、締めにシーバスです。 運転しないとわかれば、1日飲めますね。

スキ
1
ウイスキーと東京タワー

ウイスキーと東京タワー

どうやら最近ウイスキーにはまってしまったようです。 ウイスキーといえば、いい女がバーカウンターで飲んでいるイメージ。 いい女が、っていうところがポイントですね。 すこし悲しいですが。 江國香織さん。 愛すべき小説家の1人です。 彼女ならきっとウイスキーをイメージ通りに飲んでくださる気がします。 甘い香りを漂わせながら、艶やかで、そのなかにも少女の気配を忘れずに。  (実際はジントニックがお好きとのことでしたが…) 東京タワーをふとみたくなるとき、 江國香織さんの小説「

生まれて初めて「酔う」を経験した時の話

生まれて初めて「酔う」を経験した時の話

こんにちは。Jessie -ジェシー- です。 今日は気楽な話を1杯……じゃなくて、1本。 私とお酒の話スコットランドはウイスキーが有名と知り、友人たちとのオンライン飲み会の折に買ってみました。 「WHITE HORSE」ってやつ。有名どころなんですかね? 私、お酒にまったく詳しくなくて。 それというのも、お酒、苦手なんですよ。 炭酸が飲めないからビールは無理だし、何を飲んでも後にアルコールの味が残るだけで美味しく感じられないというか。 今までで唯一「美味しい!」

スキ
1
ウイスキーを飲むという事はドラゴンクエストの勇者になるという事
+3

ウイスキーを飲むという事はドラゴンクエストの勇者になるという事

このウイスキーのおすすめの飲み方は?  BARで過ごす時間の中で、一度はこのセリフを見たり聞いたり聞かれたりしたことがありませんか? 手頃なウイスキーならともかく、せっかく良いウイスキーを飲むのであれば飲み方で外したくないですよね。 私はウイスキーの飲み方に関して「勇者理論」というのを持っております。 つまりウイスキーを飲むという事は某RPGの勇者になるという事なんです。 この記事では、ウイスキーのおすすめの飲み方に関する”勇者理論”についてご紹介します。 強いサケ

スキ
1
ボウモアホテルでひたすら食べて飲む(アイラ蒸留所めぐり2021#10)
+15

ボウモアホテルでひたすら食べて飲む(アイラ蒸留所めぐり2021#10)

どうもヒデイシです。 8月23日から27日までの5日間、テント泊でアイラ島にある全ウイスキー蒸留所巡りをしてきました。 今回は#9の続きです。 では早速... ーーーーーーーーーーーーーー 無事、ボウモア蒸留所のとなりにテントを建てることができたので、本日の夕食をとりにいくことに。 昨日からアイラ島に来ているのですが、まだまともな食事をとっていません。食べたものといえば、クッキーとかばんの中で潰れてしまったサンドイッチのみ。食に対してこだわりは特にないため、ストレ

スキ
4
ウヰスキー vs 日本酒…?!と環境問題

ウヰスキー vs 日本酒…?!と環境問題

アイラ島はスコッチウイスキーで有名でもあるが牡蠣の産地でもある ー ロシア人のウオッカもそうなのだが、ヨーロッパも北の方に行くと暖かい飲み物というよりも「度数の高いお酒」でカラダを温める風習があるらしい ー アイラ島の漁師も牡蠣殻をグラス代わりにアイラモルトと呼ばれるウイスキーを一気に呑み干す ー 殻は丸いからテーブルに置けないから呑み干すしかない…という ー そうやってカラダを温めて漁に精を出す ー ※余談ですが、殻は海に投げたら、溶解て、また牡蠣(の殻)になって還ってきま

スキ
49