アルプススタンドのはしの方

挫折を味わった全ての人へ『アルプススタンドのはしの方』

7月24日に公開された『アルプススタンドのはしの方』という映画を知っているだろうか。
本作は、日本最大級の映画レビューサイト、Filmarksの初日満足度(7月4週公開映画)で1位にランクインし、映画好きの間では、この夏1番の傑作という声も挙がっている作品だ。筆者も7月31日に、アップリンク吉祥寺の19:00~の回で鑑賞してきたぞ(客入りは、城定監督と原作者の藪博晶さんによるリモート舞台挨拶付きと

もっとみる
Thank you! Have a good day!
16

「アルプススタンドのはしの方」を観た
青春時代前の娘が面白かったと言う
シートをひとつ空けて座る娘を見て
初めて観たアナ雪でしがみついて
腕を離さなかったころを思い出した

スキありがとうございます!
29

夏が好き2020 8/1

1日といえば映画がお得に見られる日。
ということでお休みの今日、近場のシネコンに行ってきました。

今日見たのは「アルプススタンドのはしの方」という作品。

これ、めちゃくちゃ好きでした!今のところ今年のベスト1かも!
もともとは高校演劇で賞を取った作品とのこと、確かにすごく演劇的な枠を保ったまま映画になってる感じでした。高校3年生が主役の映画です。

昨年封切りの「あいが、そいで、こい」という映

もっとみる
とにかく感謝です!
18

映画『アルプススタンドのはしの方』レビュー

【もうしょうがないなんて言わないし言わせないと誓って帰路につく】

 元は高校演劇で第63回全国高等学校演劇大会・文部科学大臣賞も受賞したという『アルプススタンドのはしの方』が、商業演劇として舞台化されて上演され、そして映画になって登場した。評判になった浅草九劇での舞台版は見てないし、高校演劇の方もよくは知らないけれど、評価され絶賛される理由となっているだろう脚本の良さをしっかり受け継いだ映画にな

もっとみる

【映画 超ショート時評】アルプススタンドのはしの方

アルプススタンドに居合わせる高校生たちのツーショットが四人のダイアローグへと拡大するにつれ、隠っていた彼らの生のパッションが密かに伝播し、冒頭の肩を叩かれるシーンのシャロウフォーカスがこの映画に投げつけた「諦念」の呪縛から彼らは少しずつ解き放たれていく。
 オフスクリーンに向かって声を張り上げ、呼びかける、友愛のアクションがフィールド/スタンドの中心/周縁というポジションを逆転させ、その階層秩序そ

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければシェアもお願いします。
2

「しょうがない」だらけの人生を送っている人へ #14 『アルプススタンドのはしの方』

はじめに

今回ご紹介するのは、7/24公開『アルプススタンドのはしの方』。第63回全国高等学校演劇大会で最優秀賞となる文部科学大臣賞を受賞し、全国の高校で上演され続けている兵庫県立東播磨高校演劇部の名作戯曲を映画化。

ストーリー
夏の甲子園1回戦に出場している母校の応援のため、演劇部員の安田と田宮は野球のルールも知らずにスタンドにやって来た。そこに遅れて、元野球部員の藤野がやって来る。訳あって

もっとみる
ありがとうございます!
1

城定秀夫監督作品を観る。アルプススタンドのはしの方(2020年7月24日劇場公開)

なんとも気が利いている映画。観客席しか映さないことが逆に功を奏して、映画館の観客席で感動が蓄積していきます。

このタイトルが出るタイミングで、吹奏楽部が演奏している応援歌は「アルプス一万尺」。気が利いてます。

黒木ひかりが演じている吹奏楽部部長、久往智香のひたむきな応援歌の演奏シーンがアルプススタンドの雰囲気を盛り上げてくれます。

(左から)平井亜門、小野莉奈、西本まりん、中村守里の演技です

もっとみる
Спасибо
3

2020年7月の映画(アルプススタンドのはしの方/ドロステのはてで僕ら/ドンテンタウン/MOTHER)

アルプススタンドのはしの方

あらすじを読んだ時点で立ち上がってくるこれは良さそう、という予感を遥かに超えてくる特大傑作だった。甲子園の1回戦、応援に駆り出された演劇部2人、帰宅部1人、元野球部1人の4人がタイトル通り、観客席の端っこで織り成す会話劇。野球をモチーフにしていながらグラウンドは一切映らない。それぞれが抱える想いが試合が進むにつれて露わになり、ティーン特有の冷淡や諦念を丸ごと吹き飛ばす

もっとみる
スースースキ
6

予告動画感想文「アルプススタンドのはしの方」

「映画を観に行く」事にも、それなりに(感染)リスクがある世界になった今、それでも映画館に観に行こうと人の心と体を動かすには、それなりの理由が必要になってくると思う。

「高校生の青春モノ」なんだろうと思う。時間にして90分に満たない映画で、おそらくほぼワンシチュエーション内で起きる物語なんだろうとも推測できる(これは外さない予想だろう)。

正直最初に予告動画を見ただけで、映画館に行こうとは思わな

もっとみる