好きな事を仕事に〜開疎化生活No.3
見出し画像

好きな事を仕事に〜開疎化生活No.3

福島 晴

北海道に移住して7ヶ月が経過した。2021年5月に株式会社VISION QUESTの新規事業として、「自分のやりたい事探しの冒険」をスタート
この自分のやりたい事探しの冒険は、もともと自分自身が大学生の時に、「やりたい事が分からず悩んだり、不安を感じて、苦しんでいたので、その悩みや不安を解決できる場所や機会を提供したい」と思い北海道旭川の自然の中で、自分の本当にやりたい事を見つける3泊4日の冒険を始めました。

画像1

高校生の時や大学生の時に、やりたい事が分からずになんとなく時間を過ごしてしまう事が多かった。そんな時に、自分の本当にやりたい事を見つかる場所や人生のビジョンの見つけ方、その方法を知りたかった。教えてくれる先生もおらず、ネットで調べてもふわっとした事しか分からない。

人生のビジョンを探求する場所がなかったので、ビジョンクエストを創った!
誰しもが「やりたい事が分からない」と悩んだ事はないだろうか?
しかし、これだけ多くの人が悩んで、苦しんでいるのに、なぜ学校では、「やりたい事の見つけ方とか探求のやり方」を教えてくれないのだろうか。
もっと自分の本当にやりたい事が見つかる場所や見つけ方を提供する場所があっても善いと思う。

ビジョンクエストは、ネイティブアメリカンが子供から大人になる為の通過儀礼として、自然の中で何日間も断食や瞑想など日常からかけ離れた環境の中で、人生のビジョンを見つけ出す風習です。

画像2

このネイティブアメリカンのビジョンクエストをモデリングして、実際に北海道で3泊4日森の中で断食して、人生のビジョンを探求した。
その経験や自分探しの旅、フィリピンで出会った方の話、色々な人の助けを元に、人生の真の目的や使命を自分で見つける事が出来るプログラムを創りました。

ビジョンクエスト HP

これが、今僕が本当にやりたかった事です。まだまだですが、実際に5月からスタートして、好きな事・本当にやりたい事を仕事にする事ができました。

他にも、何か自分に出来る事がないか考えていたら、思い浮かんだのはテニスくらいだった。今までのテニスをしていた経験を生かせるんじゃないか!?

テニスのストーリー

東川町でテニス教室を始める

画像3

いきなり「テニス教室始めます!」と言っても参加してくれる方もいないので、まずは身近な人に体験してもらおうと思い、声をかけたところ3人の方が参加してくれる事になった。

東川町近辺の方に参加していただき、楽しくスタートする事ができた。テニス教室をするには、道具が必要になります。
その道具を一から全部揃えるとなると結構お金がかかる。
そんなにお金もかけられなかったので、テニスの知り合い色々な人に声をかけて、道具をもらえないか聞いてみた。
その結果、ラケットやボール等たくさんの方に助けてもらい、スタートする事ができました。

やりたい事を始めるのに、自分がやりたいのに、後回しにしたり、やらない理由を創ったりしている。そして、やりたい事をやったけど続かない、やりたいのにできなかったりする。
しかし、自分はとても運が良かった。東川町の人や知人にテニス教室の話をしてみたところ、色々なサポートをしてくれる事になった。町がやりたい事をサポートしてくれて、それが仕事になる。

好きな事を仕事にしたいなら、やってみたらいいと思う。
「どうやればいいのか分からない、何から始めればいいのか分からないから」とか、やらない理由ばかり考えてないで、まずやりたい事・好きな事があるのならまずはやってみる事が良いと思う。
そして、それを人に話していると色々な人が助けてくれるかもしれない。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

今、何かに挑戦したいけど迷っている、やりたい事が分からない、自分を変えたい、だけどどうすればよいか分からないと悩んでいる方へ

まずは、その気持ちを私たちに話してみてください。
一緒に、あなたの可能性を考えてみてはいかがでしょうか?

画像4

自分のやりたい事探しの冒険参加者の冒険談

ビジョンクエスト note



この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
福島 晴
22歳で北海道東川町に移住、移住先での様々な挑戦や日常を投稿