お題

#ふるさとを語ろう

ふるさとへの思いやエピソード、ふるさとの魅力、ふるさとのためにできることなど、ふるさとにまつわる投稿を募集します。ふるさとのまちの名前のハッシュタグ「#●●●(自治体名など)」もつけてもらえるとうれしいです!

急上昇の記事一覧

シは消えヒトえ

僕は、御手洗 一。 この名前のおかげで小さい頃からよく 揶揄われたり小バカにされたりしてきた。 ”おい、はやくトイレいってこいよ!”とか。 ”おまえ、便所が一番スキなんだろ笑”とか。 親に訴えると「由来は洗い清めるって意味だからいい苗字なんだぞ」と諭されたけど、僕自身は納得いかないままだった。 そんな僕もー。 この春から関西にあるIT企業に就職。 中小とはいえ、そこそこの従業員数。 社外の方との顔合わせもあり、 名前の話題でたびたび億劫になることも・・。 ある日ー

スキ
129

昨夜、皿台湾の動画見てたら…🤤🤤🤤💦 (@ ̄ρ ̄@)ヨダレよだれ…が止まらない…(笑)🤤💦 人生餃子のでっかいチャーシュー…食べてみたいなぁ😙🎶 https://youtu.be/uD8gDjMaxRg?si=EU2TuZt4CwzzqbqF ⬇️何となく感覚で作ってみたら、いい感じ❓になりました😋❣️

スキ
90

人生と愛の煙。

花は散り、月は沈み、砂時計は重力に従い落ちる。この世のすべては刹那の夢のごとく、あっという間に消え落ちていく。 文字通りあっという間に消えるものもあれば、川の流れに削られる岩壁のように長い年月をかけて崩れ消えるものもある。 落ちる、消える、崩れる、自然界のだいたいの消失という事象の要因は「重力」によるところが多そうだ。花が散るのも、月も、砂時計も、重力の影響で落ち消える。 なぜなら体積があるから。 ... 月はいつから地球の周りを公転しているんだろう。だいぶと古そう

スキ
27

故郷や どちらを見ても 山笑う

山が笑う。 桜も笑う。 名もなき野花たちも笑う春。 それは素直な心で目の前の風景を見ることができるから。 自分が幸せならば何を見ても美しい。 花たちの彩りが、春の小川のせせらぎが、鳥のさえずりが心地よい。 目に見える事物は僕の心の反射鏡。 僕が喜びを感じるとそれに呼応してさらに世界は輝きはじめる。 水は高いところから低いところへと流れる。 そんな当たり前の自然の摂理を忘れ、自分勝手に効率ばかりを追求しているから心が塞がってしまう。 スマホをポケットにしまって目いっぱ

スキ
44

🎋春仕事が、またキタァー😘🎋✨ うーむ…🤔 皮ごと茹でると大変だから…😅💦 縦に半分に切って、穂先を切って、横に皮を剥いて、 米ぬか入りのお鍋にGo🍲💨 茹でる前に、下の方の赤いつぶつぶ❓をピーラーで取ると、 仕上がりがいい感じです♪😆

スキ
101

?!?! 2021年に念願の普天満宮の洞窟に見学に行かせてもらって、いろいろ古代ロマンに思い馳せたなぁ…… まさか今年になって3万年前のお台所が発見されるとは!✨私の妄想の域を超えてくるのが考古学!!ありがとう!!https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/1111494

スキ
29

二本松春紀行~寺院編

10日に訪れてきた、二本松。 先に「桜」については別途特集を組みましたが、他にもちらほらと名所?巡りをしてきました。 台運寺ここは、「直違の紋~」のラストで剛介と座乗家老であった丹羽丹波の対峙の舞台として使ったお寺です。 ですが、今になって告白します。 どうやら、銃太郎のお墓は正慶寺が正解な模様……。 勘違いの原因は、参考資料として使った某資料の二本松少年隊についての情報が間違っていたこと。ですが、今更変えられないですし。 使用した資料は結構孫引きが多いことが後から判明し

スキ
24

音楽と子どもたちの魔法の関係

今日は「よい子の日」ですね。この記念日は、4月15日を「よ (4) い (1) こ (5)」と読む語呂合わせから制定されました。1948年に設立されて以来、子どもたちが良い行いをすることを奨励する日として知られています。 音楽は、子どもたちにとってただの娯楽以上のものです。それは、彼らの心に深く響き、感情、創造性、そして知性を育む魔法のような存在です。音楽は、言葉を超えたコミュニケーションの手段として、子どもたちが自己表現し、世界を理解するのを助けます。 子どもたちの心に

スキ
29
+2

今年も咲いてた。

スキ
30

矢印たちが泳いでいる。そのひとつがコンクリートの界面からこちら側へ出て息継ぎをした。コンクリートの欠片がこちら側に落ちた。矢印の群れはそのまま右へ進み続けるかと思うと急に向きを変える。イワシの大群を思わせる動きだ。コンクリートの向う側は意外とせわしないらしい。

スキ
21

First Love(初恋の思い出)

おれが生まれ育ったのは、田舎の群馬県の中でも特に田舎と揶揄されるような小さな村で、街に出るにも山ひとつふたつ越えないといけないような場所にあって、そこで18歳まで過ごしてたんですけどね。 もう本当に小さな村で、恋するか勉強するかどっちかしかない田舎の村にあって、当時中学1年生、13歳のおれは初めて恋をしていた。同じクラスにいたおさげの女の子のことが好きだったんです。 彼女はクラスの中心にいるような感じでもなく、かといって隅のほうにいるような感じでもない中庸。逆に言えばどち

スキ
17

お友達がお花を持ってきてくれました。

幼稚園、小学校、中学までだったかな? 同じ学校に通った友人が、先日、お花と野菜を持ってきてくれました。 旦那さんが、趣味で、種からお花や野菜を育てていると言う。 遠い昔の話ですが、 私は、満州から帰国した無教会派の牧師さんの幼稚園に行きました。 その牧師先生の長女は私と同学年で、当然の如く友達になりました。 先日、その友人の弟さん(私の学校の後輩)のお見舞いで初台に行ってきましたが、その後、友人からお礼のメールがありました。 その時、友人の旦那さんが趣味で育てている花の写

スキ
28

「草笛を吹く」―Poetry

小川の水が 桜の 花びらで お化粧 すると ふるさとを 思い出す 城山の坂道の 桜並木を 草笛を吹いて 春の音と 香りに 心を 弾ませた 朧月夜には 茅葺の屋根が ぼやけて 浮かび 家からは  楽しい 笑い声が 風船のように 空に向かって 昇っていった 草むらには 数ミリの バッタの赤ちゃんが チクチクと 飛び跳ねる 都会の住人になり 草笛を吹けば ふるさとの 匂いと 甘づっぱい 想い出が 心のスクリーンに 蘇る 🐱🐱🐱🐱 最後まで 読んでいただきありがとうございま

スキ
24

↑春の山

午後は雨の予定でしたが曇りの間があったのでお墓掃除に行ってきました。 おかげさまで私は新しい職場で次男は新しい学校で楽しくやってるよ、娘の就職も決まったよ、みな元気だよ、ありがとねー、とお線香しながらお礼。 家族の誰かがお備えしていた缶ビールがガツガツに穴を開けられ倒れていましたが、やったのはカラスか🤔いのししか🤔 ひらひら桜吹雪の道中の山肌には鮮やかなピンクの山ツツジがあちらこちらで咲いており、帰り道ではハナミズキ。景色眺めながらの良いドライブになりました。 母が数

スキ
10

買い物かごと町内市場の時代

父が単身赴任、母は教師としてフルタイムで働き、祖母が高齢だったため、小学校低学年の頃からたびたび町内の市場へ買い物のお使いをさせられました。子供には大きなプラスチック・ストローで編んだ『買い物かご』を下げ、新聞広告の裏などに鉛筆で走り書きされた『リスト』に従って、野菜、肉、乾物などを買っていく。 この頃から『人間観察』が好きだったのでお使い自体はそれほど嫌ではなかったものの、この、いかにも『主婦用』の大きな買い物かごを下げて歩くのが恥ずかしかった。 野菜は全てむき出しで、肉は

スキ
48

香川県民にもあまり知られていないが、香川県は、切り花用の「ヒマワリ」の出荷量は126万6千本で全国3位😃 生産地は、うどん県副知事 要潤さんの出身地 三豊市! 花びらを小さく、花粉が出ないよう品種改良されたものが流通。 🔸URL https://www.pref.kagawa.lg.jp/tokei/sogo/udonken/2002.html

スキ
16

黒いダイヤモンド✴︎

ホームセンターの植木コーナーを覗いたら、偶然見つけました。 去年佐渡在住の方のインスタで見て、食べたいなぁと思っていたら黒いイチジクの苗木を、です。 憧れの黒いダイヤモンド。 宝石の方のダイヤにはとんと興味はありませんが。 私の住んでいるところは小木地区とは離れているのですが、ものは試し、です! 日当たりの良い、風のあまり当たらないところを選び、植樹しました。 2年間プラスチック容器の中に植っていたもののようで、容器から外しても土部分が溢れることもなく、ほぼ根っこだけ

スキ
16

夜桜綺麗でしたよ。

こんにちわ【みかん】です。 今日からもポカポカ陽気で ちょっと暑いくらいですね。 油断すると寝てしまいそうですよ。 先日夜桜見に行ってきた話でもしますかね! その日は、仕事やら色々とあり 体力的にも精神的にも参ってしまい もう嫌になり、いきなり夜桜を見にいきたくなり 家族に相談して急遽行く事になりました 夜桜もどこに行くかは決めてなかったから どうするかって悩んでやはりお決まりの 高遠城址公園に決まりそうなると 行くまでに、時間もかかるから 早くお風呂入って出かけたいの

スキ
40

風にながされ

風車がかたかたと回っているよ ちんけなプラスチックの風車が 塀沿いにいくつも、いくつも 不思議とこころが引かれている 今時はあまり見かけなくなったから 畑に行けばあるのかな カタカタ回ってる あの音を聞けば なにかを思い出す 懐かしい、懐かしい 母の背中におぶわれて 見つめたピンクの風車 ふうと吹いた母の思い 小牧さん、いつもお題をありがとうございます 感謝します🙏

スキ
39

花より団子 #しょうゆ団子とお茶餅

春は桜も咲いて 外にお出かけしたくなる季節ですね。 こんにちは。フードコーディネーターのNYです。地場産品のマーケッターを目指して日々奮闘中です! 前回ご紹介した盛岡の「石割桜」も開花して、今週末が満開のようです。 ******* さて、「花より団子」という表現があるように、なんとなく春はお団子が食べたくなる、そんな季節です。 先日、江戸っ子さんの記事でも東京の言問団子が取り上げられていて、お団子について書いてみたくなったので、今回は「岩手のお団子」をご紹介してみた

スキ
61