お題

#ふるさとを語ろう

ふるさとへの思いやエピソード、ふるさとの魅力、ふるさとのためにできることなど、ふるさとにまつわる投稿を募集します。ふるさとのまちの名前のハッシュタグ「#●●●(自治体名など)」もつけてもらえるとうれしいです! 詳しくはこちら

急上昇の記事一覧

【深刻】あなたの故郷が禁足地にされているかもしれない件【緊急】

隠れた迷惑系Youtuber わかる人にはトップ画で誰のことかわかるだろう。  世の中には、「地域探訪」「廃墟探訪」と称してその土地土地の風土や文化住宅、時にはバラックや廃墟に入り込むクラスタ、配信者がいる。実際そのような動画がYouTube上で散見される。その建物が実際に「廃墟」「バラック」としか言えない、何なら警察呼ばれて配信者が捕まっても自業自得と言えるレベルなら構わないのだ。いつぞやの廃墟配信YouTuber失踪事件(後に消息が判明したがその代わりに住所が流出した)の

スキ
16

「段々畑のみかん達」ー詩ー

ジイジのみかん畑は 瀬戸内海を 見下ろす 段々畑にある 春には ジャスミンのような 香りのする 白い花が咲く まるで 真っ白な小鳥が 黄色いスカーフをつけて 碧空に 手を振るように 咲き乱れる ジイジは 春の一日を みかん花畑で 海を 見下ろしながら タバコを ふかしたりして 船の 行き来を 眺めて  過ごす 冬 みかんたちは 緑色の 帽子をかぶり 枝を たわませる 冬陽を浴びて キラキラと 光り 船が通るたび 笑顔で 挨拶する ジイジは 一つ一つの みかん達に 話

スキ
54

【TVアニメ『スーパーカブ』知ってるけ?】

ライトノベルからTVアニメ化され、根強いファンの多い作品『スーパーカブ』。私の地元、山梨県北杜(ほくと)市が舞台になっていて、街並みもまんま描かれている。 普通の女の子が一台の「HONDAスーパーカブ50』と出会い、バイクとの関わりを通じて成長していく物語。 「こんなチャンスは滅多にない!」と私の後輩でもある市長のかみむら君は、『スーパーガブで町おこし作戦』を開始する。駅にも大きなパネルが設置された。 物語の舞台となった場所をMAPにし、至る所にアニメの看板を飾ってスタ

スキ
19

5期メンバーの募集が開始されました!

こんにちは、てしかがスタイルのタカハシです。 このたび、サンカクで5期のてしかがスタイルメンバーの採用ページがオープンしました! サンカクは、社会人インターン・ふるさと副業のマッチング・参加のできるサービスです。 てしかがスタイルメンバー募集にあたり、エントリー希望の皆さまとぜひコミュニケーションを取らせていただきたい、と座談会を予定しております。 2月9日(木)、12日(日)、13日(月)です! ……あれ、あと2週間しかない。 ということで、こちらでも皆さまにお知

スキ
5

#79【画像付き】Forget me Blue【再掲】

【会社員×両性具有の管理人】寂れた商店街の一角にある駐車場の管理人であるイチは、ある日訪れた時間貸しの客、佐村と出会いすぐに惹かれていく。しかしどこか陰のある彼には悲しい過去があって——。

堂々と生きていこう ♪

地元のラジオ局を聴いていると、だんだんなじみのラジオパーソナリティーができてくる。何度も聴いていると、声だけで誰がしゃべっているかわかってくる。 地元のラジオ局はTV局と連動していることが多く、ラジオパーソナリティーがTVに映ることもある。ぼくはなるべくラジオパーソナリティーの姿を見ないようにしている。 ぼくが想像していたラジオパーソナリティーのイメージとのギャップがありすぎて、いつも幻滅するからだ。もちろん、これはラジオパーソナリティーが悪いわけではけしてない。ぼくが悪

スキ
92

すみません完全にやらかしました🙇‍♀️ ばんえい競馬のヒロインズカップの出走時間を間違った…。 動画撮れませんでした…申し訳ない🙇‍♂️

スキ
12

おばあちゃんたちの生活はこうして回っている

実家に帰省。 おばあちゃんちに遊びにいってきた。 おばあちゃんの生活をのぞいてみて思ったのは いろんなビジネスがおばあちゃんたちの暮らしを守ってるということ。 いろんなお店が形を変えて おばあちゃんたちの暮らしを助けてた。 お店が商品を売りにやってくるおばあちゃんちに行ったら、おばあちゃんが家の前に出て何かを待ってた。 何待ってるの?と思ったら 答えがやってきた。 それはこれ。 お魚屋さんが魚を売りにやってきた。 いろんな種類の魚がたくさん 野菜や天ぷらもあ

スキ
3

ただいま

2022年1月29日 新年ぶりの地元への帰省 今日は祖父の20回目の命日でした 幼いながらに過ごした祖父との日常は覚えていて 忘れてはいけない大切な記憶として 私のアイデンティティとして 私を形成している 母の働く保育園に通っていた 朝のおやつを食べる頃、なんだか母が慌ただしく あとで、母方の祖父母が迎えにくるから お利口にして待ってて と それだけを残し帰っていった その後迎えにきた母方の祖父母も 祖父母宅に迎えに来た母も 何も話さない 自宅へ

【美しきかな、わがふるさと、出石】

今日は、私の生まれた町、出石町について少しご紹介させていただきたいと思います。 お付き合いくださると嬉しいです。 兵庫県北部、但馬地方の山間に位置する出石。 出る石と書いて『いずし』と読みます。 この『但馬の小京都』と呼ばれる人口約1.1万人の小さな町に生まれ、高校卒業までを過ごしました。 小京都と呼ばれるだけあり、街並みは碁盤の目のようになっているのが特徴です。 盆地のため、夏は暑く、冬は寒い。温暖化の影響か、今はそうでもないですが、幼い頃は結構な積雪量だったと記憶してい

スキ
2