梅ももあんず

食いしん坊。なんでも「食べてみたい」「作ってみたい」派です。2023年に梅干し作りとロ…

梅ももあんず

食いしん坊。なんでも「食べてみたい」「作ってみたい」派です。2023年に梅干し作りとローカル梅にはまり、それを機にアカウント作成。 各国料理作りとおうちワインごはん(主にイタリア、ポルトガル、国産ワイン)、パン屋巡り、郷土料理やご当地グルメ探しが趣味。乗り鉄なので駅弁・駅そばも。

マガジン

  • 日本全国魅惑のローカル梅たち

    ひとくちに「梅(梅干し)」と言ってもその個性や味わいは育った地域や品種により驚くほど多様。 梅仕事を始めて出会った全国のかわいいローカル梅(2024年1月現在自分で漬けた、食べた品種は18種類)についてのまとめ。 いつか日本ローカル梅マップをつくるのが夢です。

  • 今週の週末ごはん

    主にワインに合わせて(ビールや酎ハイ・日本酒仕様も)ゆっくり楽しむ夫婦世帯の週末ごはん献立です。 各国料理、特にイタリア、ポルトガル、ギリシャ、トルコ、北欧辺りが多め。昔よく出張した中国・台湾料理もよくつくります。

  • おうちで発酵・漬物

    1~2人世帯でも手軽に漬けられる漬物とその活用です。 乳酸発酵の旨味が好きですが、発酵なしで手軽に漬けるさっぱり系も。

  • 駅・コンビニでご当地おむすび

    ご当地グルメが大好きです。 中でも手軽で親しみやすい軽食・B級グルメに目がなく、その代表格とも言えるご当地おむすびを駅・コンビニで買えるもの中心に。

最近の記事

  • 固定された記事

今後しばらくの間、新規記事以外に旧ブログ(サービス変更により継続困難)からの引越し記事もリライトしながら順次投稿して行きます。 旧記事は冒頭にその旨と元の作成日時を記載します。殆どが梅に関する内容のため、少々季節外れになりますが、よろしくお願いいたします!

    • これはもはや和風カラメルポテト!丸ごとじっくり揚げて皮の香ばしさを出すのがポイント、福島の郷土料理「味噌かんぷら」

      我が家は最近福島贔屓である。 夫が福島の大学を出ているので元々親しみは強かったが、近年ドライブやBリーグ観戦を兼ねて旅行する機会が増え、私もずいぶん詳しくなった。結果贔屓になったという訳だ。 福島には美味しいお菓子が多い。 柏屋の薄皮饅頭や檸檬、かんのやのゆべし、三万石のままどおるをはじめ老舗の銘菓が数多くあり、そのどれもが美味しいのでひとつには到底絞れない。 城下町だった三春には小ぢんまりとした良い和菓子店が多いし、奥会津の蒸したてのあわまんじゅうも最高に美味しい。 やや

      • JAあつぎ夢未市で大粒フレッシュ梅干し購入&旬の野菜や果物たっぷり、軽やかジェラート「ゆめみちゃんアイス」

        ※本記事は旧ブログ(Ameba Ownd)からの引っ越し記事です。(もともとの更新日付:2023年8月5日) このところ我が家は毎週のようにJAの直売所へ出掛けている。目的は野菜を中心とした買い物と、併設のジェラートショップ。JAのジェラートは地元の野菜や果物を使っていて美味しいのだ。 この週も厚木のJAあつぎ夢未市へ向かった。初めての店舗なので品揃えが新鮮。 夢未市は広さも品揃えも「ちょうど良い」感じの店舗だ。野菜も果物も冷蔵品もバランス良く配置され、広過ぎず狭過ぎず

        • 京都の梅・風雅な城州白のジャムがとんでもなく美味しくできた!(城州白その2)

          ※本記事は旧ブログ(Ameba Ownd)からの引っ越し記事です。(もともとの更新日付:2023年7月4日) うっとりするほど良い香りの城州白。 桃のように甘く柔らかな香りがするので、少し甘さを加えて煮たら美味しそう。 梅干し用の他、表面に傷みがあるものを中心にジャム用とシロップ煮用も少しずつ取り分け、まずはジャムを煮てみた。 あんずジャムみたいな綺麗な色。 梅と杏は近い種類なので当然ではあるのだが(青森・秋田あたりでは杏を「梅」と呼んで漬けたりするし、梅の木を海外へ持ち

        • 固定された記事

        今後しばらくの間、新規記事以外に旧ブログ(サービス変更により継続困難)からの引越し記事もリライトしながら順次投稿して行きます。 旧記事は冒頭にその旨と元の作成日時を記載します。殆どが梅に関する内容のため、少々季節外れになりますが、よろしくお願いいたします!

        • これはもはや和風カラメルポテト!丸ごとじっくり揚げて皮の香ばしさを出すのがポイント、福島の郷土料理「味噌かんぷら」

        • JAあつぎ夢未市で大粒フレッシュ梅干し購入&旬の野菜や果物たっぷり、軽やかジェラート「ゆめみちゃんアイス」

        • 京都の梅・風雅な城州白のジャムがとんでもなく美味しくできた!(城州白その2)

        マガジン

        • 日本全国魅惑のローカル梅たち
          45本
        • 今週の週末ごはん
          17本
        • おうちで発酵・漬物
          31本
        • 駅・コンビニでご当地おむすび
          5本

        記事

          気品高い香り豊かな京都の梅、城州白梅来る(城州白その1)

          ※本記事は旧ブログ(Ameba Ownd)からの引っ越し記事です。(もともとの更新日付:2023年7月3日) なお、これまで梅関連の過去記事はなるべく同品種を連続して着手〜完成をわかりやすくして来ましたが、この後の分は梅仕事繁忙期で(6月下旬〜7月中旬)複数品種を並行していたため、記事内に他品種が頻出します。 そのため、元の投稿に近い順番で投稿していきます。 とうとう買った。 買ってしまいました城州白(じょうしゅうはく)。京都府原産の梅である。 特徴はなんと言ってもその香り

          気品高い香り豊かな京都の梅、城州白梅来る(城州白その1)

          【今週の週末ごはん】#16 群馬県大泉町のブラジルパンでブラジルサンド(ビーフ&野菜)、フェジョンとビーツ、ケール炒め等野菜多めのブラジルごはん

          4月中旬、群馬県大泉町のブラジル街で、十数年探し求めた念願のパンが買えた。 それがこちら。 「フランスパン(PAO FRANCES)」と呼ばれていた。ブラジルで最も一般的なパンと思われる。なんと1本55円、信じられない価格だ。だって大きいんですよこれ。20cmくらいある。 買ったのは「焼きたてのパン TOMI」さん。ポンデケージョも買ったがやはり55円、シンプルなパンは統一価格にしているのかも。 同店の向かい側にあるブラジルコンビニやスーパーでもやはりこのパンは売られて

          【今週の週末ごはん】#16 群馬県大泉町のブラジルパンでブラジルサンド(ビーフ&野菜)、フェジョンとビーツ、ケール炒め等野菜多めのブラジルごはん

          会津の梅、高田梅ふたたび(完熟高田梅その1)

          ※本記事は旧ブログ(Ameba Ownd)からの引っ越し記事です。(もともとの更新日付:2023年7月3日) メルカリでお買い得価格を見つけて買ってしまった。高田梅はまだ固いのを梅漬けにして気に入ったので、完熟も試してみたくなったのだ。 熟しているのでいくらか傷みもあるものの、注意深く洗って梅干しを目指してみる。 塩はいつもの鳴門の塩とシチリアの塩を混ぜ(途中で鳴門の塩を使い切ったから)、全体で15%弱。実も大きいし(だいたい平均5cm弱)、高田梅は青梅の時にだいぶ苦戦

          会津の梅、高田梅ふたたび(完熟高田梅その1)

          【おうちで発酵・漬物】#21 何故かかつおに似た風味!山北の直売所で発見「かつお菜(勝男菜)」でうまみたっぷり、シンプルな漬物を漬ける

          GW後半に山北へドライブした際、「道の駅山北」で初めて見る名前の菜っ葉発見。 「かつお菜」。 初めて聞く名前である。併記されている漢字表記「勝男菜」もこれまで見たことがない。 ただ、「うまみたっぷり」というポップから想起されるのは明らかに「鰹」。色が淡くてサラダ菜っぽい葉の感じだが、これがどんな旨味を含むのだろう?本当にかつおに似た味なのだろうか。気になる。 価格もとても安いし鮮度も良さそう。試しに一束買ってみた。 帰りの車内で少し調べたところ、「かつお菜」の名の由来は諸

          【おうちで発酵・漬物】#21 何故かかつおに似た風味!山北の直売所で発見「かつお菜(勝男菜)」でうまみたっぷり、シンプルな漬物を漬ける

          1928年創業、熊谷「古伝 ニシダ飴」のタッピーときなこ飴

          4月下旬に熊谷に宿泊した翌日曜日の午前、散歩がてら直売所を目指して熊谷駅北口を歩いていると、ふと「古伝 ニシダ飴←(わき道を示す矢印)」との案内看板を発見。聞いたことのない店名だが、いかにも老舗っぽい感じの看板。飴屋さんというのも良い。気になる。 だがこの手のお店は日曜定休のことが多いし、10時開店なら今はまだ9時過ぎ、時間が早い。無駄足になるかもとは思ったが、案内が示す先はせいぜい数十メートル程度。回り道になっても構わないかと、とりあえず向かってみた。 すると、開いてた

          1928年創業、熊谷「古伝 ニシダ飴」のタッピーときなこ飴

          ほろ苦い甘夏の魅力まるごと!皮5個分、果肉3個分全部使った爽やかな甘夏のジャム(粗製糖使用)

          柑橘はやや酸っぱい種類が好きだ。 甘いみかんやぽんかん、伊予柑等ももちろん好きだ。でも自分から積極的に買おうと思うのは甘夏や夏みかん。大きくてむきやすいとか、果肉の粒の感じが好きとかの理由もあるが、一番は「酸っぱみ」や「ほろ苦さ」が好きだからだと思う。 そんな訳で今年も甘夏を何度か購入。 皮をむいてそのまま食べたり、ヨーグルトと和えたりフローズンヨーグルトにしたりサラダに使ったりしていたが、ふと「そういえば私、甘夏ピール作ってみたいんだった」と思い出した。オレンジピールとか

          ほろ苦い甘夏の魅力まるごと!皮5個分、果肉3個分全部使った爽やかな甘夏のジャム(粗製糖使用)

          越の梅の土用干し完了&お口すっきり、爽やかでとても美味しい赤しそ漬け(越の梅その2・干し過ぎ措置の反省と完成編)

          ※本記事は旧ブログ(Ameba Ownd)からの引っ越し記事です。(もともとの更新日付:2023年7月25日) 6月下旬に漬けた越の梅を天日干しした。 当初、紫蘇漬け用の塩分10%(700g)と白干し用の同12%(550g強)に分けて塩漬けしたつもりだったが、なんと前週、塩分強めの方に一部カビが…。 慌てて該当箇所を取り除き、触れていた近くの梅も洗ったのだが、そうした措置もあってか皮破れが数個発生。越の梅は特に皮が薄いので、扱いにはじゅうじゅう気をつけなくてはならない。そ

          越の梅の土用干し完了&お口すっきり、爽やかでとても美味しい赤しそ漬け(越の梅その2・干し過ぎ措置の反省と完成編)

          中粒で果肉たっぷり、梅干しに最適!新潟産越の梅来る&2023年6月27日現在の梅仕事一覧

          ※本記事は旧ブログ(Ameba Ownd)からの引っ越し記事です。(もともとの更新日付:2023年6月27日) 昨日届いて約一日追熟させた新たな品種「越の梅」。 皮が薄いので追熟させすぎないようにと予め売り手の方からアドバイスを頂き、仮に色が変わらなくても今日中に漬けるつもりでいた。 しかし昼には全体が黄色くなり、あたりいちめん良い香り!やはり待ってみてよかった。 漬ける前の重量は1,239g、購入時は箱込み1.5kgだった。 この梅は元々梅干しにしたくて買った。 越の

          中粒で果肉たっぷり、梅干しに最適!新潟産越の梅来る&2023年6月27日現在の梅仕事一覧

          焼きしめしっかり、香ばしく肉厚な「木宮商店」の車麩で、福井の郷土料理「麸の辛子和え」をつくる

          4月下旬、新潟へ行った帰りに長岡に寄った。長岡で買いたいものがあったから。 長岡にはお気に入りがいくつかある。そのひとつが駅前にある「木宮商店」さんの車麩。これがないと非常に困る。私にとって必需品なのだ。ストックが切れそうになると「長岡行こうかな」と思う、それくらい大事。 車麩は実家でもよく食べたが、特別好きという訳でもなかった。それが特別になったのは、もう二十年以上前、夫の親友の長岡のご実家で、お母様の手料理をご馳走になったことがきっかけ。 この時の車麩煮がまあ美味しくて

          焼きしめしっかり、香ばしく肉厚な「木宮商店」の車麩で、福井の郷土料理「麸の辛子和え」をつくる

          【おうちで発酵】#20 ヨーグルトメーカーで初めての納豆づくり〜大豆と黒豆納豆、おろし和えと納豆そば

          先日炊飯器で醤油麹をつくった折、中温の温度帯が保持できる機器が欲しくなり、ヨーグルトメーカーを買った。3000円未満で買えたので、数々の用途を思えば良い買い物。パン用の酒粕酵母や豆乳ヨーグルトなど試したいものはいろいろあるが、最初に着手したのは納豆だった。 昨年梅仕事にはまって以来、本棚には発酵や保存食に関する書籍がかなり増えた。本棚の大規模整理を行ったほど。 その中で、当初は納豆づくりにそれほど関心はなかった。納豆と豆腐は日常食として冷蔵庫に常備しており、そこに必要以上の

          【おうちで発酵】#20 ヨーグルトメーカーで初めての納豆づくり〜大豆と黒豆納豆、おろし和えと納豆そば

          【今週の週末ごはん】#15 豊橋角麩と吉野家の牛丼の具ですき煮、ヤマサちくわと大根葉菜の炒め煮、酵素玄米と梅とバジルの混ぜご飯

          豊橋で買って来た「角麩」。 当地ではこれをすき焼きに入れるそう。だが今は鍋の季節でもなく、もっと手軽に使いたくて、今回は冷凍庫にあったこれを使うことに。 薬局のポイント交換で申し込んだ吉野家の牛丼の具。 牛丼チェーンでは吉野家の味が一番好き。この味を角麩に染ませたらほぼすき焼きでしょう! 折角なので焼き豆腐と糸こんにゃくを買って来た。 こんにゃくは味が染みにくいため、メインの具とは別に煮て味付け。湯通しして切った後斜め薄切りの長ねぎとフライパンで乾煎りし、薄めに希釈した

          【今週の週末ごはん】#15 豊橋角麩と吉野家の牛丼の具ですき煮、ヤマサちくわと大根葉菜の炒め煮、酵素玄米と梅とバジルの混ぜご飯

          (今更ながら)秋田で買ったふきのとうで「ばっけ味噌(ふきのとう味噌)」と「ふきのとうのオリーブオイル漬け」

          3月からGWにかけてずっと外出・遠征続きの慌ただしい生活で、各地でご当地食材や季節の食材、美味しいもの等いろいろ書きたい話題に出会ったのだが、落ち着いて整理する余裕がなかった。 今後はいくらか余裕ができるので、これまでの分を少しずつまとめて行きたい。 今回は「ふきのとう」について。 私の育った秋田では、「ふき」は最も身近な植物のひとつだった。 なにぶん歩くと目に入る。道端でも、学校近くの土手でも、田んぼ脇でも。その辺に生えているのですぐ目に入るし、採ろうと思えばいつでも採れ

          (今更ながら)秋田で買ったふきのとうで「ばっけ味噌(ふきのとう味噌)」と「ふきのとうのオリーブオイル漬け」