読書

5

同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか

先日、あるアートディレクターの方に、クライアントとの仕事におけるコミュニケーションの在り方について質問した際に1冊の本をオススメされました。

それが鴻上尚史さん、佐藤直樹さん著の「同調圧力 日本社会はなぜ息苦しいのか」という本。

この本では同調圧力の事を

少数意見を持つ人、あるいは異論を唱える人に対して、暗黙のうちに周囲の多くの人と同じように行動するよう強制することです。

と定義しています

もっとみる
読んでいただき嬉しいです。
3

ニューヨークのアートディレクターがいま、日本のビジネスリーダーに伝えたいこと

これ、アートディレクターの方が書いたブランディングの本です。
この本の興味深い点はアートディレクターの方が経営戦略について書かれている点です。

経営の本をアートディレクターの方が書くという事は経営戦略にデザインが不可欠になってきているという事。

いわゆる一般的な経営戦略は理性的、論理的に情報を積み上げていくイメージがあると思いますが、ブランディングの場合は理性的、論理的ではなく感情にフォーカス

もっとみる
読んでいただき嬉しいです。
26

両利きの経営

イノベーションという言葉に興味がある方、過去にクレイトン・クリステンセン先生のイノベーションのジレンマを読んだ事がある方でだとより興味深い内容の1冊

既存組織には破壊的イノベーションはおこせない、新しい組織をつくる必要があるとクリステンセンさんが言われていました。
じゃあ、この新しい組織をどうつくるのか?これが中々難しい。

おおくの日本の製造業の現在をみればそれが出来ていない事は明らかですよね

もっとみる
読んでいただき嬉しいです。
9

戦略の創造学 〜ドラッカーで気づき、デザイン思考で創造し、ポーターで戦略を実行する

タイトルにもある、ドラッカー、デザイン思考、ポーター。
経営やマーケティング、デザインを学んだいる人であれば、全部ではなくとも1つはご存知の名称だと思う。

自分はドラッカー、デザイン思考、ポーターは全てではないけど、書籍などでインプットしてきている。

しかし、これを実務で活用するとなると中々難しい。
戦略がうまくつながらない部分がでてくるのだ。

これは特にデザイン思考を学んだ人は現場で課題と

もっとみる
読んでいただき嬉しいです。
6

問いのデザイン

仕事をしていく中で必ず発生するのが打ち合わせや会議。
そして、仕事をする中で最も不満がたまるプロセスではないでしょうか?
何のための打ち合わせやミーティングか分からない。
などという言葉がポロっとでたりした経験ありませんか?

そんな、あなたにオススメの1冊がnoteのタイトルにもある問いのデザイン。ファシリテーションというスキルに興味ある方には特にオススメです。

ファシリテーションというと場を

もっとみる
読んでいただき嬉しいです。
5