加藤咲希

横浜生まれのジャズシンガー / シンガーソングライター、a.k.a. Lilla F…

加藤咲希

横浜生まれのジャズシンガー / シンガーソングライター、a.k.a. Lilla Flicka(リッラフリッカ)。菊地成孔主宰、新音楽制作工房所属。日英翻訳をしたり、文章を書いたりもしています。

マガジン

  • La Dolce Vita / 甘い生活

    141文字以上の文章が読めなくなってしまった私たちへ綴るマジックリアリズム的日常。 For us who became incapable of reading texts more than 280 letters, I write my daily magic realism.

ストア

  • 商品の画像

    Saki Kato Sings Woody Allen at JZ Brat ライブ動画

    2022年11月29日(火) 渋谷JZ Brat Sound of Tokyoで開催した “Saki Kato Sings Woody Allen” ライブ動画。 価格(税込) ¥2200 ※ご購入下さったお客様にはライブ動画へのリンクをお送りいたします。 ※こちらの販売サイトの都合上、価格が送料込みで表示されてしまいますが、オンラインでご視聴いただく商品ですので、実際には送料は頂戴しておりません。 便宜上、お支払い金額が合計¥2200(税込)になるように設定させていただいております。 (商品¥1700+送料¥500=合計¥2200) 金額をお確かめの上、ご購入をお願いいたします。 【収録曲】 1.Cheek To Cheek
 2.Poor Butterfly 
3.He’s Funny That Way 
4.What Is This Thing Called Love? 
5.No Moon At All
 6.I Can’t Believe That You’re In Love With Me 
7.Sweet Georgia Brown 
 【出演】 加藤咲希(Vo.) 谷口英治(Cl.) 浅川太平(Pf.) 浅利史花(Gt.) 大塚義将(Ba.)  加藤咲希が自身のジャズボーカルのルーツである映画監督ウディ・アレンの作品の中で流れていた往年の名曲を歌った、一夜限りのスペシャルライブ。 共演メンバーは谷口英治(Cl)、浅利史花(Gt)、大塚義将(Ba)という日本屈指のスウィングの名手達。 全曲のオリジナルアレンジを自身のリーダー作のみならずボーカルのプロデュースワークでも才気煥発な浅川太平(Pf)が担った。 【関連商品情報】 この日の演奏曲だけで構成された加藤咲希ボーカル、浅川太平ピアノの新作デュオアルバム『Sweet & Lowdown』を当サイトでのみ限定販売中。
150枚のみの激レア盤。 https://kogumasound.base.shop/items/69349778 【出演者プロフィール】 加藤咲希/Vocal 歌手、作詞作曲家、翻訳家。菊地成孔主宰、新音楽制作工房/SHIN-ON-GAK所属。横浜出身、早稲田大学第二文学部表現・芸術系専修卒業。音楽理論を菊地成孔に師事。留学先のストックホルムで北欧のジャズに触れ、スカンジナビアのジャズボーカルの影響を受ける。日本語、英語、ポルトガル語で歌い、横浜、都内を拠点として様々なジャズクラブに出演。Lisa EkdahlやBlossom Dearieを彷彿させる独特のスウィートヴォイスと、hip hop経由のフロウとグルーヴで聴く者を魅了する。2021年5月、デビューアルバム ”Anything Blue” をリリース。菊地成孔参加、トオイダイスケによるプロデュース。 公式サイト: https://sakikato.com/ Twitter: https://twitter.com/Saki_Kato_Sings Instagram: https://onl.sc/eBX6uWG facebook: https://www.facebook.com/saki.jazz 浅川太平/Piano&Arrangement https://taiheiasakawa.wixsite.com/piano 1977年札幌出身。父が札幌のライブハウス「銀巴里」(~2012)を経営し、母が歌手であったため、幼いころはシャンソンをよく聴く。3才よりクラシックピアノを始める。 1996年、洗足学園短期大学でジャズを専攻。 2004年、横浜JAZZ PROMENADE ジャズ・コンペティション、ベストプレイヤー賞受賞。2007年に1stアルバム『Taihei Asakawa』(Roving Spirits)、2011年に2ndアルバム『Catastrophe in Jazz』(Roving Spirits)、2013年に3rdアルバム『Touch of Winter』(D-musica)、2018年に4thアルバム『Waltz for Debby』(Cortez Sound)、2020年に日本とヨーロッパを中心に国際的な活動を続けているドラマー池長一美とデュオユニットNordNoteにてデュオアルバム『NordNote』(Time Machine Records TMCD-1020)をリリース。クラシックピアノで培った音色と、左手のアプローチを極限まで追求したそのサウンドはオリジナル曲の美しさと相まって、確固たる個性と美意識を形成し、各方面から高い評価を得ている。 谷口英治/Clarinet https://taniguchi-eiji.com/ 1968年北九州市生まれ。早稲田大学在学中よりプロとして演奏活動を行う。新旧のスタイルをブレンドさせた柔軟な音楽性が様々な分野で高く評価され、本邦を代表するクラリネット奏者の一人となる。コンコード・ジャズ祭(1999年米)、ジャズ・バルティカ(2018年独)をはじめ国内外のフェスティバルにも多数招聘され、バディ・デフランコ(cl),エディ・ダニエルズ(cl),スコット・ハミルトン(ts)、北村英治(cl)らトップアーティストとの共演を重ねる。またマンハッタン・ジャズ・オーケストラのアルバム『ボレロ』(2014年)にはバスクラリネット奏者として参加している。ジャズ以外に、J-ポップアーティストへのソロ提供、編曲提供が多いのもクラリネット奏者としてユニークなところである。北九州文化大使。洗足学園音楽大学講師。 浅利史花/Guitar https://fumikaasari.com/ 福島県福島市出身。5歳頃からクラシックピアノを習う。中学生の時に、姉と兄の影響でロックに興味を持つ。高校生活ではバンドを組むつもりだったが、 進学した高校に軽音部がなかったため、仕方なくジャズ研究部に入部。 そこでジャズと出会い、市内のジャズ喫茶『ミンガス』で聴いたグラントグリーンやジムホールの演奏をきっかけにはまっていく。2012年に大学進学に伴い上京。在学時より演奏活動を始める。2015年にはギブソンジャズギターコンテスト決勝進出する。ジャズギターの王道を行くスインギーなスタイルで、同世代のみならず数々のベテランミュージシャンとも共演を重ねている。2020年11月、1st album『Introducin'』リリース。 大塚義将/Bass https://yoshimasaotsuka.tk/ 13歳からギターを始め、15歳からベースを始める。18歳で専修大学進学のため上京。同大学のコンボジャズサークル「MJAブルーコーラル」に入部を決める。MJAブルーコーラルでは、先輩である奥川一臣(p)、紺野智之(ds)らに指導を受け、ジャズのハーモニー、アンサンブル等多くのことを学ぶ。この経験が、現在の音楽の考え方や演奏スタイルに非常に大きな影響を与え、今なお重要な指針となっている。この頃から、都内のライブハウスなどで演奏活動をするようになる。 2010年、2011年にはCarl Allen(ds)と共演。 2018年1月には、Jason Lee Bruns(ds)とのツアーのため渡米。 2018年11月には友金まゆみ(p)トリオのメンバーとして、Carl Allen(ds)とアルバム『New York Reunion』をリリース。 2020年1月には、奥川一臣(p)Gene Jackson(ds)とジャズやロックの名曲を集めたアルバム『Memorable Jazz Affairs』をリリース。
    1,700円
    KOGUMA Sound
  • 商品の画像

    Lilla Flicka & 新音楽制作工房 "通過儀礼/Initiation" (CD Album)

    恋という知恵の実を食べて少女たちは大人になるー すべての心の乙女に捧げる恋愛奇譚12曲。 菊地成孔率いる音楽制作ギルド「新音楽制作工房」初のプロデュースワークとなる、バイリンガル・シンガーソングライターLilla Flicka(リッラフリッカ)の恍惚異空間POPアルバム! アルバム: 通過儀礼/Initiation アーティスト: Lilla Flicka & 新音楽制作工房 ジャンル: POP 発売日: 2022年12月10日(土) 歌唱言語: 日本語、英語、スウェーデン語、ポルトガル語 発売元: KOGUMA Sound 価格: 3,000円(税込) 品番:Lila-002 フォーマット CD 【収録曲】 1. Wild Strawberry Flight (3:58) Lyrics by 加藤咲希 Music & beat by djapon 2. HAL9K (2:13) Lyrics by 加藤咲希 Music by 高橋大地, 加藤咲希 Beat by 高橋大地 3. 花は必ず剪つて瓶裏に眺むべきもの II (5:59) Music & lyrics by 加藤咲希 Beat by 田島浩一郎, 高橋大地 4. I’m An Instrument (3:17) Lyrics by 加藤咲希 Music by Satō, 加藤咲希 Beat by Satō Edit by djapon 5. Heavenly Blue (4:13) Lyrics by 加藤咲希 Music by 加藤咲希, 田島浩一郎 Beat by 田島浩一郎 6. Jag Är En Flicka (2:18) Lyrics by Kristofer Laios Music & beat by seki 7. 大人なんだから (4:46) Lyrics by 加藤咲希 Music & beat by OGAWA SEIJI Edit by djapon 8. 50 More Years (4:25) Lyrics & music by 加藤咲希 Beat by 上野山純平 9. バッド・スチューデント ft. DTchainsaw (4:34) Lyrics by 林太一、DTchainsaw Music by 上野山純平、林太一 Beat by 上野山純平 10. Dark Oriental Eyes (2:42) Lyrics by 加藤咲希 Music & beat by 川又僖矩 11. きみじゃなければ (3:07) Lyrics, music & beat by 花守コウ 12. 構造的な欠陥 (10:40) Lyrics by 加藤咲希, Gonçalves Dias Music & beat by 伊藤佑輔 Edit by トオイダイスケ 豪華28Pブックレット 全曲渾身の対訳&イメージデザイン付き CD版のみ収録の秘密のフレーズあり All the songs are recorded by 向啓介at REC Studio except track 4 which is recorded by Cory. All the songs are mixed by 向啓介 except track 4 & 12. All the songs are mastered by 向啓介 歌詞対訳 - 加藤咲希, Kristofer Laios 原案協力 - トオイダイスケ Sound Director - 加藤咲希, 向啓介 Sound Adviser - 浅川太平 Artwork & design - ヤシマロパ Produced by 新音楽制作工房/SHIN-ON-GAK <プロフィール> 【Lilla Flicka/リッラフリッカ】 ストックホルム出⾝のバイリンガル・シンガーソングライター。Lilla Flickaとはスウェーデン語で「⼩さな⼥の⼦」を意味する。ジャズシンガー加藤咲希とふたりでひとつ。英語と⽇本語の両⽅で独特の⽢くコケティッシュな歌声にのせて歌われるのは、ひとりの⼥の⼦、もしくは⼼の中に⼩さな⼥の⼦が住んでいるひとに起こること全て。散りばめられた⽂学作品からの多様な引⽤と、普遍的なポップネスが織りなす、都会のフェアリーテイル。トオイダイスケがプロデュースしたインディーズデビューアルバム ”Flower Arrangement(2018)”はソールドアウト、現在配信でのみ購⼊可能となっている。 【新音楽制作工房/SHIN-ON-GAK】 音楽家の菊地成孔が、自ら運営する私塾「私立ペンギン音楽大学」の大学院博士課程「クラスBM&C(ビートミュージック&コンポーズ)」に在籍する生徒から19名を選抜して2021年に結成したギルド。助走期としては、「戒厳令下の新宿(2020 / 甲斐田圭輔&菊地成孔監督/ 菊地成孔主演)」、「北新宿2025(2020 / 宮崎大祐監督/ MC漢主演)」での音楽を菊地成孔と共に担当した後、正式なギルド名を決定、TVドラマ「岸辺露伴は動かない」(NHK)の第二シーズンが正式な活動のスタートとなった。ギルドの目的は、第一段階的には、今後、菊地成孔のあらゆる制作の場でのギルド的協力体制(あらゆるサポート、共同作曲、楽曲提供を含めた、全方位的なギルド体制)、第二段階的には、構成員個々の楽曲プロモーション、第三段階的には、構成員個々の楽曲の売却、最終段階的には、構成員個々への、あらゆる業務への直接の依頼、である。 【新音楽制作工房『通過儀礼/Initiation』参加メンバー】 <伊藤佑輔/Keysa> musician/singer-songwriter/composer/ Twitter→@Keysa1021
 <seki> トラックメイカー。
 <加藤咲希> ジャズシンガー、作詞作曲家、翻訳家。 Twitter→ @Saki_Kato_Sings <高橋大地>
 深夜に活動し、USビルボードチャートのTV番組を毎週欠かさず礼拝するビート提供者。得意分野は野太い低音で殴りつけるヒップホップ系。 (NHKドラマ『岸辺露伴は動かない』/映画『北新宿2055』/ペペ・トルメント・アスカラールに共作曲など)
 Twitter→ @diatch <川又僖矩> 明るいビートメイカー。Twitter→ @yoshiokgo
 <田島浩一郎> 自称音楽家・トラック製造業。Twitter→ @_Kouichiro
 <花守コウ> 2010年より電子音楽の楽曲制作、ライブを行う。エレクトロニカ、テクノ、ハウスとジャンルを越境して様々なクラブイベントに参加。ラップトップのライブに特化したイベントの副主宰、楽曲提供等、活動の幅を広げている。 Twitter→ @KohHanamori <Satō>
 ビートメイカー。 <OGAWA SEIJI>
 コンポーザー。 
<DTchainsaw> DJ EIJI,Mummy-D(ライムスター)や菊地成孔主催イベント等へ出演。キャリア26年。ビートにスティッキーに絡む独自のリズム解釈は世界レベルでも類を見ない。唯一無二のスキルを持つリリシスト。Twitter→ @DTchainsaw 
<djapon/ぢゃぽん> 鹿児島生まれのブラジル帰り。サブカル拗らせ中年センチメンタリスト。「村上主義者」が高じてスワローズファン。菊地成孔スクーラーのDJ &トラックメイカー。
Twitter→ @djapon
 
<上野山純平> 作曲家、トラックメイカー。 オーニソロジー、NHKドラマ「岸辺露伴は動かない」に楽曲提供。
Twitter→ @juenoyama3
    3,000円
    KOGUMA Sound
  • 商品の画像

    加藤咲希 浅川太平 "Sweet & Lowdown" (CD Album)

    2022年11/29発売開始、 ウディ・アレンの映画音楽だけで構成された、 加藤咲希と浅川太平の新作コンセプトDUOアルバム。 喧騒の2020年代に、狂乱の1920年代の世界へタイムスリップ! 『Sweet & Lowdown』 収録曲 1. Si Tu Vois Ma Mère 2. Sweet Georgia Brown 3. Poor Butterfly 4. Kiss Of Fire 5. He’s Funny That Way 6. Rhapsody In Blue 7. As Time Goes By 加藤咲希(Vo.) 浅川太平(Pf.) 録音、ミックス、マスタリング- 向啓介 (税込¥2,000) 【プロフィール】 加藤咲希/Saki Kato https://sakikato.com/ 歌手、作詞家、翻訳家、英語講師。新音楽制作工房所属。 横浜出身、早稲田大学第二文学部表現・芸術系専修卒業。 音楽理論を菊地成孔に師事。留学先のストックホルムで北欧のジャズに触れ、スカンジナビアのジャズボーカルの影響を受ける。日本語、英語、ポルトガル語で歌い、横浜、都内を拠点として様々なジャズクラブに出演。Lisa EkdahlやBlossom Dearieを彷彿させる独特のスウィートヴォイスと、hip hop経由のフロウとグルーヴでアーバンブルーズを歌い、聴く者を魅了する。 浅川太平/Taihei Asakawa https://taiheiasakawa.wixsite.com/piano 1977年札幌出身。父が札幌のライブハウス「銀巴里」(~2012)を経営し、母が歌手であったため、幼いころはシャンソンをよく聴く。3才よりクラシックピアノを始める。 1996年、洗足学園短期大学でジャズを専攻。 2004年、横浜JAZZ PROMENADE ジャズ・コンペティション、ベストプレイヤー賞受賞。2007年に1stアルバム『Taihei Asakawa』(Roving Spirits)、2011年に2ndアルバム『Catastrophe in Jazz』(Roving Spirits)、2013年に3rdアルバム『Touch of Winter』(D-musica)、2018年に4thアルバム『Waltz for Debby』(Cortez Sound)、2020年に日本とヨーロッパを中心に国際的な活動を続けているドラマー池長一美とデュオユニットNordNoteにてデュオアルバム『NordNote』(Time Machine Records TMCD-1020)をリリース。クラシックピアノで培った音色と、左手のアプローチを極限まで追求したそのサウンドはオリジナル曲の美しさと相まって、確固たる個性と美意識を形成し、各方面から高い評価を得ている。
    2,000円
    KOGUMA Sound

記事一覧

7/25関内Venus出演キャンセルのお知らせ

7/25(木)は関内Venusに出演予定だったのですが、事情により出演できなくなり、代わりにアメリカ出身のシンガー、Claire Natirbovさんが歌ってくれることになりました。私の…

加藤咲希
4日前
5

Blossom’s Blues超訳

約束どおり!?Blossom’s Bluesを訳してみたよ!この曲は8/6(火)関内Ben TenutoでのBlossom Dearie特集で歌う予定🌷 歌詞が、私の名前はブロッサム〜♫ って始まるんだけ…

加藤咲希
13日前
1

2024年6月30日の日記

カフェのカウンターが揺れて、ヨーロッパに飛ぶ。いつでも軽く見積もっても合計13時間以上に及ぶフライトのせいだろうか、揺れる感覚はヨーロッパと結びついている。あるい…

加藤咲希
2週間前
6

Yesterday I had The Blues

昨晩、関内ベンテヌートにお越し下さった皆さまありがとうございました! 誕生日当日にライブをするのは本当に久しぶりのことでしたが、皆さまのおかげで、とっても素敵な…

加藤咲希
4か月前
5

The Music About Elizabeth Taylor On Her (and my) Birthday

あと数日で2/27(火)関内ベンテヌートでのエリザベス・テイラー特集ライブとなります。この日は彼女の、そして偶然にも、私の誕生日でもあります。 このユニット、The Lo…

加藤咲希
4か月前
3

The Music About Elizabeth Taylor On Her (and my) Birthday

実は私、2/27が誕生日なのですが、この日に関内ベンテヌートで、エリザベス・テイラーにまつわる企画ライブをThe Lost Sweets名義で開催します。 毎回文化的なテーマを掲…

加藤咲希
4か月前

"The Air That I Breathe" by The Hollies 歌詞和訳

〜ライブの準備をしているうちにやらずにはいられなくなる恒例の歌詞和訳シリーズ〜📖 The Lost Sweets企画🍫1/31(水)自由が丘hyphenに向けて。 Radioheadの”Creep”の…

加藤咲希
5か月前
5

God Bless The Child 超訳

“God Bless The Child” 言わずと知れたビリーの名曲。でもこの曲の暗喩や含蓄があまりにも技巧と示唆に富んでいるので、直訳すると逆に感覚が伝わりづらい気がする。暗…

加藤咲希
6か月前
4

Gott nytt år!

Gott nytt år! 今年もよろしくお願いします!年末年始はヴェニスで…過ごしていたわけではなく、風邪で寝込んでました(笑)今年こそは倒れないように緩〜いスケジュール…

加藤咲希
6か月前
1

風変わりなビリー・ホリデイ特集

新年に横浜で、新ユニット、 The Lost Sweetsによる 風変わりなビリー・ホリデイ特集 2024年1月10日(水) January 10th (Wed.) at Ben Tenutoベンテヌート, 関内Kannai …

加藤咲希
6か月前
2

Christmas DJ 2023 at 地底

大塚地底でのMASS HANGER vol.5、お越し下さった皆さまありがとうございました~✨ 主催のDTchainsawさん、マスター、共演の新音楽制作工房の皆に感謝❣️ 皆かっこよすぎ…

加藤咲希
7か月前
3

I’m Your Christmas Friend, Don’t Be Hungry 和訳

12/8大塚地底でのパーティーの為DJセット仕込み中、JBの ”I’m Your Christmas Friend, Don’t Be Hungry” が素晴らしすぎて涙でターンテーブルが見えなくなって練習がで…

加藤咲希
7か月前
4

The Lost Sweets’ Upcoming Shows

🍫The Lost Sweets 🍫are 加藤咲希Saki Kato (Vo. & DJ) & 浅川太平Taihei Asakawa (Pf. & Key.) Instagram: https://instagram.com/the_lost_sweets?igshid=YTQwZjQ0Nm

加藤咲希
7か月前
2

2023年11月24日のLa dolce vita

わたくしの近況。 スウェーデン人のウェブデヴェロッパーが作ってくれた公式サイトのウェブホテルがバングラディシュかどこかにあるのですが、凄い頻度でダウンする。今も…

加藤咲希
7か月前
2

The Lost Sweets開始宣言

もう10日も経つのですね、あらためて10/18に赤坂dot & blueで開催した、トレヴェニアンの自伝的小説『パールストリートのクレイジー女たち』にインスパイアされたライブ、 …

加藤咲希
8か月前
2

呪いを呪いで解く魔法

大塚地底にお越し下さった皆さまありがとうございました💖オーディエンスもクルーも箱も最高でした✨ ちょこっと動画を上げ! https://m.facebook.com/story.php?story_f

加藤咲希
9か月前
1
7/25関内Venus出演キャンセルのお知らせ

7/25関内Venus出演キャンセルのお知らせ

7/25(木)は関内Venusに出演予定だったのですが、事情により出演できなくなり、代わりにアメリカ出身のシンガー、Claire Natirbovさんが歌ってくれることになりました。私の出演がキャンセルとなり、ご予定下さっていた皆さまには大変申し訳ありませんが、Claireさんは本当に素敵なシンガーなので、ぜひぜひお運びいただけたら嬉しいです。

この日はヴァイオリンの水野樹里さん、ピアノの大橋祐

もっとみる
Blossom’s Blues超訳

Blossom’s Blues超訳

約束どおり!?Blossom’s Bluesを訳してみたよ!この曲は8/6(火)関内Ben TenutoでのBlossom Dearie特集で歌う予定🌷

歌詞が、私の名前はブロッサム〜♫ って始まるんだけど、実は私も同じ名前なのです。
※(”blossom”は「咲く」という意味の動詞なので、日本語の名前にしたらそのまま「さき」)

………………………………………
“Blossom’s Blue

もっとみる
2024年6月30日の日記

2024年6月30日の日記

カフェのカウンターが揺れて、ヨーロッパに飛ぶ。いつでも軽く見積もっても合計13時間以上に及ぶフライトのせいだろうか、揺れる感覚はヨーロッパと結びついている。あるいは15年前のピレウス発のフェリー、あるいは去年のストックホルムの船のホステル。でも揺れているのはブラインドでカウンターが揺れたと思ったのは脳の錯覚だった。

体があまり動かせないときはフィジカルでなくてメンタルな行為をする。心が弱っている

もっとみる
Yesterday I had The Blues

Yesterday I had The Blues

昨晩、関内ベンテヌートにお越し下さった皆さまありがとうございました!

誕生日当日にライブをするのは本当に久しぶりのことでしたが、皆さまのおかげで、とっても素敵なバースデイになりました。

音楽家にとっては、ライブにいらして下さることが、記念日であるなしにかかわらず、根幹的な、本当に何よりのギフトで、これ以上は何も望むべくもないのですが、ケーキもスウィーツも花束も持ち寄って下さったお心遣いに感謝で

もっとみる
The Music About Elizabeth Taylor On Her (and my) Birthday

The Music About Elizabeth Taylor On Her (and my) Birthday

あと数日で2/27(火)関内ベンテヌートでのエリザベス・テイラー特集ライブとなります。この日は彼女の、そして偶然にも、私の誕生日でもあります。

このユニット、The Lost Sweetsでは毎回文化的な出来事の再読という試みを掲げてライブを開催しています。

今回は大女優に焦点を当てることによって、彼女の主演作がハリウッドを賑わせていた主に1940年代から1960年代にかけての美しい映画音楽と

もっとみる
The Music About Elizabeth Taylor On Her (and my) Birthday

The Music About Elizabeth Taylor On Her (and my) Birthday

実は私、2/27が誕生日なのですが、この日に関内ベンテヌートで、エリザベス・テイラーにまつわる企画ライブをThe Lost Sweets名義で開催します。

毎回文化的なテーマを掲げているThe Lost Sweetsのライブ。今回は女優をテーマにしよう、それならやはり、大女優エリザベス・テイラーではないかということで、まず最初にテーマが決まり、偶然にも、彼女の誕生日と私の誕生日が同じ日なことが発

もっとみる
"The Air That I Breathe"  by The Hollies 歌詞和訳

"The Air That I Breathe" by The Hollies 歌詞和訳

〜ライブの準備をしているうちにやらずにはいられなくなる恒例の歌詞和訳シリーズ〜📖

The Lost Sweets企画🍫1/31(水)自由が丘hyphenに向けて。

Radioheadの”Creep”の元ネタ、イギリスのロックバンドThe Holliesのヒットナンバー、
"The Air That I Breathe"

楽曲のYouTubeリンクはこちら。
https://youtu.b

もっとみる
God Bless The Child 超訳

God Bless The Child 超訳

“God Bless The Child”

言わずと知れたビリーの名曲。でもこの曲の暗喩や含蓄があまりにも技巧と示唆に富んでいるので、直訳すると逆に感覚が伝わりづらい気がする。暗喩や含蓄が伝わるように超訳してみました。

働かざる者食うべからず、的な説明をされることが多いと思うけれど、なんだかそれは私がこの曲から得る感覚と違う。この曲はお金のことだけを言っているわけではない。ビリーが母親のところ

もっとみる
Gott nytt år!

Gott nytt år!

Gott nytt år! 今年もよろしくお願いします!年末年始はヴェニスで…過ごしていたわけではなく、風邪で寝込んでました(笑)今年こそは倒れないように緩〜いスケジュールにしていたのになぜが倒れる不思議〜。治ってきたから無問題!

今年の抱負は、違うことをしないこと(by 吉本ばなな)。

さて、最近の私にはめずらしく、今月は4本のライブがあります✨

1/10にビリー・ホリデイ特集のライブがあ

もっとみる
風変わりなビリー・ホリデイ特集

風変わりなビリー・ホリデイ特集

新年に横浜で、新ユニット、
The Lost Sweetsによる
風変わりなビリー・ホリデイ特集

2024年1月10日(水)
January 10th (Wed.)

at Ben Tenutoベンテヌート, 関内Kannai
https://ben-tenuto.owst.jp
横浜市中区弁天通3-48
045-263-6778

The Lost Sweets Presents
“Franç

もっとみる
Christmas DJ 2023 at 地底

Christmas DJ 2023 at 地底

大塚地底でのMASS HANGER vol.5、お越し下さった皆さまありがとうございました~✨

主催のDTchainsawさん、マスター、共演の新音楽制作工房の皆に感謝❣️
皆かっこよすぎるな…

私は選曲して繋いで歌って朗読して今自分ができるChristmas Set🎄やり切りましたっ。でももっと上手くなりたいな🦄✨

またSpotifyのプレイリスト作ったよ🌟
地球上、古今東西のクリス

もっとみる
I’m Your Christmas Friend, Don’t Be Hungry 和訳

I’m Your Christmas Friend, Don’t Be Hungry 和訳

12/8大塚地底でのパーティーの為DJセット仕込み中、JBの ”I’m Your Christmas Friend, Don’t Be Hungry” が素晴らしすぎて涙でターンテーブルが見えなくなって練習ができないので思わず勢いで和訳してみました。

全体的にソウルフルな感じのセットになるかと思いきや、この曲がやばすぎてファンクはこれしかかけられなくなった。ここに辿り着くために試行錯誤、紆余曲折

もっとみる
2023年11月24日のLa dolce vita

2023年11月24日のLa dolce vita

わたくしの近況。

スウェーデン人のウェブデヴェロッパーが作ってくれた公式サイトのウェブホテルがバングラディシュかどこかにあるのですが、凄い頻度でダウンする。今もダウン中。
ウェブホテルの場所を変えようと思って移行する為のキーが欲しくて連絡してもお返事なし(支払うべきインボイスは来る)。せっかくのhttps://sakikato.comっていう素敵なドメインを変えざるを得ないかも。せっかくGoog

もっとみる
The Lost Sweets開始宣言

The Lost Sweets開始宣言

もう10日も経つのですね、あらためて10/18に赤坂dot & blueで開催した、トレヴェニアンの自伝的小説『パールストリートのクレイジー女たち』にインスパイアされたライブ、

Music From the book
“The Crazyladies of Pearl Street”
By Trevanian

にお越し下さった皆さま、ありがとうございました!

愛する小説への想いを込めて、DJ

もっとみる