合同会社ユー・エス・ジェイさん/わたしが応援する会社

わたしが応援する会社は、いくつかありますけどね…。

あえて、ひとつ選ばしてもらうと合同会社ユー・エス・ジェイさんです。

春のイベント、夏のイベント、秋のイベント、冬のイベントだけではなくてシーズン問わずのアトラクションも斬新で、常識を破りながら、定番らしくないらしさを感じさせてもらえて、ありがたいことです。

個人的に、いちばんの理由を言うとハロウィンシーズンのイベントにあるUSJハロウィーン

もっとみる
ありがとうございます!!!お暇でしたら拡散してください!!!

ハロウィン(1978)

観たくて観たくて仕方がなかった1作目のハロウィンをようやく観た。

この映画、ホラーの傑作と呼ばれてるのにiTunesなどの配信では観ることができない。

そうなると円盤に頼るしかないけどブルーレイの価格が高騰していて2万。2万だよ???

仕方がないのでレンタルの予約をしたら数ヶ月経っても音沙汰なしと踏んだり蹴ったり。

それでもどうしても観たいので最後の手段で海外版を米アマから取り寄せて観た。

もっとみる

今宵は、番組史上初の屋外?収録です!
▼「15分の1」を達成した代償は大きかった…
▼ Official髭男dismの歌詞がサッカー日本代表クラス!
▼テレ東さんに特番企画のご提案です。
▼チャールズ・ジャクソンか?セバスチャン・サイズか?
などなど、しゃべり倒しております。

収録を終えた原田D「車内にじっと1時間以上…周りの人にカップルだと疑われてたと思います」
2020/1/18 23:28

もっとみる
共鳴するものがあったのでしたら、有難い限りです。
3

レヴィ・ストロースの『火あぶりにされたサンタクロース』を読み、渋谷ハロウィンを考える

『火あぶりにされたサンタクロース』クロード・レヴィストロース著・中沢新一訳/解説

サンタクロースというのは何者なのか?
サルトルが寄稿依頼をした本文献では、異教徒とキリスト教会の折衷、贈与世界という宇宙観を絡めながら説明していく。
クリスマスを考える上で、異教徒的な宇宙観でこの時期がどのように考えていたのかを抑えておきたい。秋から冬至にかけては、太陽の力が最も弱まる時期であり、多くの死者の霊

もっとみる

USJ HALLOWEEN HORROR NIGHTS

USJハロウィーンホラーナイトのホラーアトラクション(ホラー・メイズ)などの脚本(台本)などの原案を提供させてほしいほどのモチベーションがある、わんだあじげんです。

ちなみに、このようなホラー小説を書きます。
破壊の限界(有料マガジン/不定期更新)|わんだあじげん 

ひはんひやん/ワンダークホラー小説シリーズNEO 1|わんだあじげん 

ワンダークホラー小説シリーズ(WDKHSS)|わんだあ

もっとみる
ありがとうございます!!!お暇でしたら拡散してください!!!
1

面白国家としての日本

日本が少子高齢化で先進国から取り残されているだろうか?

もし、経済的に取り残されて来ているなら、面白国家として存在するのはどうだろうか。

マンガ・Hentai・お笑い等、日本独自の面白コンテンツを世界に発信し続ける面白国家だ。

Amazonプライムで配信されたドキュメンタルはメキシコにも輸出されたし、マンガも世界に輸出されている。

ハロウィンのごちゃごちゃ感も面白い。

面白国家日本!

もっとみる
励みになります!
22

今日の1曲#24 Helloween「EAGLE FLY FREE」

独逸産鋼鉄愛好家の皆様

お待たせいたしました

我らが皇帝Helloween

お届けするのは国威発揚アンセム

拳を突き上げろ

雄叫びを上げろ

友人宅でオール

深夜、酒の酔いが頂点に達した時

皆んなでコール!!

「イーグル」

「フラーーーーイ」

「フリィィィ!!!」

楽しくて仕方がない

大体この曲が宴のピークで

あとはアンビエント系をかけてもらい

朝日に顔をしかめながら雑

もっとみる
嬉しい〜よ〜
7

ひとりハロウィンパレード*どーだとだ企画vol.6

【犬は人を〝日常〝にする】

こんにちは!

パフォーミングアーツ系フリーター都田かほです。

自主企画第6弾はハロウィンの日に。

我が家の近所は10月31日なのにハロウィン感が足りなかったので、

ひとりパレードを敢行しました。

すれ違う方に不安を感じさせるのはいけないので、

お菓子や物は配らない、大きな音や声は出さない、顔は隠さない、走らない、歩きスマホしない、交通ルールに従う

の法令

もっとみる

2019年新作映画ベスト10

2019年に公開され、映画館で鑑賞した映画から渾身の力をこめて選出し、自信を持ってお勧めするベスト10です。

 2019年を振り返って、まず取り上げたいのは『工作 黒金星(ブラック・ヴィーナス)と呼ばれた男』だ。ユン・ジョンビン監督の作品を観たのは初めてであるが、観る者を圧倒する傑作だ。大胆かつ細かいカット割が、スパイ映画としての強度を揺るぎないものにしている。ラストシーンの感動的な切り返しショ

もっとみる
スキありがとうございます!よろしければシェアもお願いします。
4