長野 僚

『障害を忘れられる瞬間』を掲げ活動する執筆家・講演家。先天性の脳性麻痺。 2019年に本を出版。2020年4月~『Try chance』始動。誰もが温かさを感じられる居場所【Ryo室空間】を中心に運営。次は旅と講演を軸に活動し、全国の子どもたちに直接声を届けたいと願っている。
    • 過去作品
      過去作品
      • 9本

      3連休も終わり、2021年が本格始動するこのタイミングで新連載始めます。 「過去作品」と題して、僕が色々なところに書いてきた作品を公開します。 まずは中学時代から。 少しでもいいな!と思ったら、スキやフォロー、サポートをよろしくお願いします! (2021.1.12)

    • ながラジオ
      ながラジオ
      • 5本

      月に1度、YouTubeの限定公開で不定期に行っている生配信のスケジュールを随時公開していきます。

    • 原書本
      原書本
      • 79本

      2019年にリリースした本の元になった、未発表の原稿たちを、その時の気分で、かつストーリー性(つながり)だけは意識して公開していきたいと思っています。 編集者も公認の新企画!

    • 拝啓:先生方へ
      拝啓:先生方へ
      • 9本

      学校を巡って子どもたちに元気を届けたいと願う長野が、日々奮闘されている先生方へ最大のリスペクトを込めながら、授業や講演などで大切にしていることなどを綴っていきます。

    • ユニバーサルキャンプ&旅
      ユニバーサルキャンプ&旅
      • 6本
    • すべてのマガジンを表示
固定された記事

弱さと真正面から向き合った時、手にするのは強さではなく優しさだと思う

活動すればするほど、聴こえてくるいろんな声。自信を持って前に進めるのは間違いなくポジティブな”応援の声”で、不安や葛藤が生まれてくるのが一見するとネガティブに感…

ちょっと先のつながりを意識し、今を丁寧に生きる<前>

「今から3年半前、自分らしく生きることを決めた」-。 そう淡々と語るのは Try chance代表 長野僚さん。 その世界は何もかもが不確定で、だけど光り輝いていた。 少し…

超短編詩集-手袋-

寒い・・・これが日本の冬 これを凌ぐために服を着る そして思う 手を保護する物だけ毎日はつけない 役立つんだ これは 手袋というものは 冷えた身体を温めるための孤…

アナログ人間

※昨日はふとしたことから連載を止めてしまったので、今日はちょっとしたつぶやきを。 パソコン業務は目が疲れる。 目が疲れると身体が疲れる。 身体が疲れると心が疲れ…

14歳の「自分を見つめて」

普段何気なく、そして忙しく学校生活を送る中で、「自分は一体どんな人なんだろう?」なんて考えたこともなかった。いざ考えようとすると、自分では悪いところが先に浮かん…

お題:「学」(15の春)

学級、それは友達の輪 4月 それぞれが違った学級の中でスタートを切り いつの間にか友だち同志となり 共に生活していくうちに 団結力が生まれてくる・・・ 協力し助け合…