円盤に乗る場

54
記事

レポート[20200521-0531]

久しぶりに髪を切りました。カゲヤマ気象台です。緊急事態宣言は解除されましたが、むしろこれからがコロナ禍の社会のはじまりという感じがします。自分はといえば、健康のためにもジョギングをはじめようかと検討しています。SpacialChatの練習、SpatialChatをやってみる会、Creators’ Cradle Circuit Work In Progressミーティング(下駄くんのプレゼン)、新作

もっとみる

商品レビューその2: 戯曲集「CITY」

円盤に乗る派STORESの商品を、ウォッチャー・渋木すずがレビューします。2回目は戯曲集「CITY」についてです。
1回目:生活状態(ライフスタイル)誌「STONE/ストーン」についてはこちら

◇◇◇

もう長らく街を歩いていない。
近所を歩ける範囲で散策したりはする。仕事の都合上、何度か会社まで出勤もした。
だけど街を歩いていない。

寄り道、ということだと思う。知らない駅の知らない土地、知ら

もっとみる

「ありふれた演劇について」6

先日近所を散歩していて、ふと「劇場に行きたい」と思った。「演劇を観たい」とかではなく、はっきりと、劇場に行きたい、埃っぽい見知らぬ空間に行きたいと思った。最後に劇場に行ったのはいつだったか。2月の終わりから3月あたまにかけて、シアター・コモンズのいくつかの作品を観た。港区のリーブラホールというきれいなホールだ。同じくらいの時期にYu-Kohというイベントにも行った。受付で手を消毒して、マスクを着用

もっとみる

レポート[20200508-0515]

東京はぐずついた天気が続きそうです。カゲヤマ気象台です。緊急事態宣言が解除され始めて、これからどうしていくか具体的に動き始める頃ですね。いろいろ不安なことも多いですが、円盤に乗る派も健康に気をつけつつやっていきたいと思います。新作公演の会議、みんなでオンライン飲み会、Creators’ Cradle Circuit Work In Progressミーティング、新しいオンライン作品について。

5

もっとみる

【限定イベント】5/23(土)20時〜22時ごろ SpatialChatをやってみる会

SpatialChatというサービスがあるそうです。

ZoomやDiscord、GoogleMeetといったオンラインツールを使ったコミュニケーションが増えています。会議や飲み会、ゲームだけでなく、演劇の領域でもこういったツールを使った表現が多く誕生しており、にわかにバブルめいた様相を示しています。

そこに現れたSpatialChatというツール。何か新しいことができそうな気もするし、まだよく

もっとみる

うつわが欠けた|畠山峻

これといった目標のない毎日が続いている。外出自粛が始まってから最初の一ヶ月は結構楽しかったが、二ヶ月目に入ってから気持ちがやられてきている。くさくさして色々とやる気が起こらない。すごく平和な時間を過ごしているようにも思えるのだけど、テレビをつけると恐ろしい情報が流されていて、そのギャップとみえないウィルスへの恐怖に心がかき乱される。経験上こういう精神状態の自分に生活の主導権を握らせるとろくなことが

もっとみる

レポート[20200429-0505]

初夏らしい気候になってきました。カゲヤマ気象台です。みんな家にいるからか、窓を開けていると、近所が普段より賑やかな気がします。円盤に乗る場の新企画、オンライン飲み会、円盤会議、ミーティング、ミーティングについて。

4月29日(水)

天気:晴れ
最高気温:21.7℃
最低気温:8.9℃

PLAY WITH GETA|日和下駄

こんにちは、日和下駄です。

円盤に乗る場の活動をしていて「ああ、僕はクリエィティブな人間ではないのだな」(要は作ることがめんどくさい)と感じる今日この頃。

そんな中、カゲヤマさんとオンライン会議をしていると、

「円盤に乗る場は俺たちがいることが大事なんや!」(要約)

と言われたので、外に出れず人と会う機会も少ないことですし、僕がいる様子をただただ垂れ流してみようと思います。

料理したり、

もっとみる

レポート[20200416-0424]

カゲヤマ気象台です。引きこもり生活に慣れてきたことに危機感を感じつつ、今後のことについて考えています。新企画・ネットラジオのミーティング、レコーディング、新作のミーティング、アトリエについての相談、など。

4月16日(木)

天気:曇りのち雨
最高気温:16.3℃
最低気温:9.7℃

「ありふれた演劇について」5

これを書いている4月15日現在、多くの演劇公演が中止や延期、無観客となっている。個人的に関わる予定だったいくつかの公演も延期になったし、円盤に乗る派でも秋の次回公演に向けて動いてはいるものの、果たして予定通り開催できるかはわからない。ここ最近何人かの演劇関係者と話す機会があったが、今後の見込みの感じ方はまちまちで、人によっては来年の公演も見送るつもりだという意見もあった。人が密集することを前提とす

もっとみる