円盤に乗る場

演劇プロジェクト円盤に乗る派( もっとみる

円盤に乗る場

演劇プロジェクト円盤に乗る派(http://noruha.net/)によるアトリエ「円盤に乗る場」会員用マガジンを運営しています。https://note.com/noruha/m/m1c104069f174

マガジン

  • 円盤に乗る場

    演劇プロジェクト「円盤に乗る派」が運営する共同アトリエ「円盤に乗る場」情報ページです。詳細はhttps://note.com/noruha/n/n85799530712c Twitter : https://twitter.com/emban_noruBa 円盤に乗る派 : https://noruha.net/

    • 円盤に乗る場

最近の記事

  • 固定された記事

「円盤に乗る場」について

「円盤に乗る場」は演劇プロジェクト・円盤に乗る派が中心となって2021年に東京・尾久エリアに開設した、小さなアトリエです。20組ほどのアーティスト(2023.4現在)が共同して、日々創作をしたり、集まりを開催したりしています。 それぞれのアーティストが自分の作品の準備をしたり、興味のあることについて勉強会や読書会を開いたり、思いつきで実験をしてみたり、みんなで映画や動画を観たり、作品づくりと全然関係なく集まったり、ここでは色々なことが起きています。壁にチラシが貼られていたり

    • 円盤に乗る場9月スケジュール

      新着情報最新情報は円盤に乗る場ツイッターアカウント (https://twitter.com/emban_noruBa)でも発信しています。 スケジュール9月17日(日)19時~ オープンデイ「乗る場の日:スタジオの運営について神村恵さんとおしゃべりする」 ゲスト:神村恵さん(振付家・ダンサー) 9月23(土・祝)14時30分~17時 \\ほぼ月1WS //『からだを味わう時間@乗る場!』(講師:短歌を詠むダンサー・振付家/涌田悠) ◆参加費:1,500円(当日精算)

      • 9月17日(日)19時~ オープンデイ「乗る場の日:スタジオの運営について神村恵さんとおしゃべりする」 ゲスト:神村恵さん(振付家・ダンサー)

        円盤に乗る場では月に一度、「乗る場の日」というアトリエオープンデイを開催して、ゲストの方とお話をしたり、ちょっとしたイベントを開催したりしています。9月は、スタジオ「ユングラ」を運営中の振付家・ダンサー、神村恵さんをお招きして、アーティストがスタジオを運営するということについてお話を伺います! スタジオ「ユングラ」とは? 「ユングラ」は、東京都国分寺市のマンションの一室をDIYし、2022年に神村さんが設立したスタジオです。 「ユングラ」(YUNGURA)という名前はス

        有料
        500
        • 円盤に乗る場8月スケジュール

          新着情報最新情報は円盤に乗る場ツイッターアカウント (https://twitter.com/emban_noruBa)でも発信しています。 スケジュール8月24日(木)18時~ オープンデイ「乗る場の日:《カードゲーム》をやってみる」 ゲスト:大岩雄典さん(美術家)、西村梨緒葉さん(アートコーディネーター/美術家) 参加アーティストの活動予定田上碧 | 『サーカスBar 野毛うっふsession』vol.69 日時:8月6日(日) 会場:博物館Cafe&Barうっふ(

        • 固定された記事

        「円盤に乗る場」について

        マガジン限定

        マガジン

        マガジンをすべて見る すべて見る
        • 円盤に乗る場
          円盤に乗る場 他
          ¥500 / 月

        記事

        記事をすべて見る すべて見る

          8月24日(木)18時~ オープンデイ「乗る場の日:《カードゲーム》をやってみる」 ゲスト:大岩雄典さん(美術家)、西村梨緒葉さん(アートコーディネーター/美術家)

          月に一度、「乗る場の日」というアトリエオープンデイを開催しています!毎回ゲストの方を呼んでお話をしたり、ちょっとしたイベントを開催したりしています。8月は、美術家の大岩雄典さん、アートコーディネーター/美術家の西村梨緒葉さんをお招きして、大岩さんの作品《カードゲーム》をプレイしてみます! 《カードゲーム》とは? 《カードゲーム》は、大岩さんが2022年に発表した、「可能性」をテーマにした作品です。カードに書かれた「呪文」を読み上げることで、それが場に作用するという機構が、

          有料
          500

          8月24日(木)18時~ オープンデイ「乗る場の日:《カードゲーム》をやってみる」 ゲスト:大岩雄典さん(美術家)、西村梨緒葉さん(アートコーディネーター/美術家)

          有料
          500

          いいへんじ「稽古会」(たちくらようこ)

          6月末のある夜、いいへんじさんの稽古会にお邪魔しました。 いいへんじは、2016年結成、早稲田大学演劇倶楽部出身の演劇団体です。今日のメンバーは、作・演出の中島梓織さん、俳優の飯尾朋花さんと小澤南穂子さん、制作の田中遥さん。いいへんじ勢ぞろい。 稽古会は、月に2回ほど行っている、創作をしていない時期でもなにかできたらいいよね、とりあえず集まってなんかやろうていう趣旨の会。なので、何をするかは、ほんとになにも決まっておらず、今日やることは今から決めます! インプロ中島さん

          いいへんじ「稽古会」(たちくらようこ)

          マガジン限定

          円盤に乗る場7月スケジュール

          新着情報・スケジュールに「\\ほぼ月1WS //『からだを味わう時間@乗る場!』(講師:短歌を詠むダンサー・振付家/涌田悠)」を追加しました。(7/8) 最新情報は円盤に乗る場ツイッターアカウント (https://twitter.com/emban_noruBa)でも発信しています。 スケジュール7月16日(日)14時~ オープンデイ「乗る場の日:読むと肩こりが治る小説×ほぐしばい」 ゲスト:友田とんさん(作家・編集者) 7月30(日)14時30分~ \\ほぼ月1WS

          円盤に乗る場7月スケジュール

          マガジン限定

          7月16日(日)14時~ オープンデイ「乗る場の日:読むと肩こりが治る小説×ほぐしばい」 ゲスト:友田とんさん(作家・編集者)

          (バナー写真左:photo by Ulin Miula) 月に一度、「乗る場の日」というアトリエオープンデイを開催しています!毎回ゲストの方を呼んでお話をしたり、ちょっとしたイベントを開催したりしています。7月は、「読むと肩こりが治る小説」を模索する作家・編集者の友田とんさんをお招きして、「ほぐしばい」を実践する乗る場メンバー・辻村優子さんとトークを展開します! 作家・編集者の友田とんさんが模索している「読むと肩こりが治る小説」。まだそれはどういうものなのか答えは出ていな

          7月16日(日)14時~ オープンデイ「乗る場の日:読むと肩こりが治る小説×ほぐしばい」 ゲスト:友田とんさん(作家・編集者)

          マガジン限定

          「ありふれた演劇について」41

          以前に、小劇場演劇というものはすでに終焉しているのではないか、という文章をここに書いた。 ここでいう小劇場演劇という言葉は、小さい劇場ならではの表現形式、というよりも、文化の一潮流という意味で用いている。戦後のカウンター・カルチャーとして生まれた小劇場演劇が、日本の経済成長とともに政治運動から離れ、商業主義といわば「結託」することによって「ブーム」となり、その路線は現在にまで続いてきたが、その視座にいる限り、小劇場というものにはもはや意義を見出せなくなっているのではないか?

          「ありふれた演劇について」41

          マガジン限定

          円盤に乗る派の展示「演技をする人間の中に現れるさまざまなもの」の準備(たちくらようこ

          6月初旬のある夜、円盤に乗る派の皆さんが作業中の円盤に乗る場に伺いました。 6月下旬のNEO表現まつりで、円盤に乗る派のみなさんは「演技をする人間の中に現れるさまざまなもの」というタイトルの展示をします。今日はその準備です。”円盤に乗る派に所属する俳優ふたりの中で起きていることを拾い上げた体験型の展示”ということなんですが、それはどういう? メンバーは、円盤に乗る派の劇作家・演出家のカゲヤマ気象台さん、俳優の日和下駄さん、ウォッチャーの渋木すずさん、ちょっと遅れて俳優の畠

          円盤に乗る派の展示「演技をする人間の中に現れるさまざまなもの」の準備(たちくらようこ

          マガジン限定

          得地弘基「一人で演じる/テキストという杖の使用法」稽古(たちくらようこ)

          5月のある夜、得地弘基さんの「一人で演じる/テキストという杖の使用法」の稽古に伺いました。 「一人で〜」は、6月23~25日に開催される円盤に乗る場のおまつり「NEO表現まつり」の、得地さんのプログラムです。主宰する劇団「お布団」では劇作と演出を担当する得地さんが、「俳優とは、演じるとはどんな作業なのか?を考えたいと思い、一人で演劇をやってみます」という試み。「日頃親しんでいる小説などからテキストを選び、それを『杖』にすれば、パフォーマンスが出来るのではないか?」ということ

          得地弘基「一人で演じる/テキストという杖の使用法」稽古(たちくらようこ)

          マガジン限定

          円盤に乗る場6月スケジュール

          新着情報最新情報は円盤に乗る場ツイッターアカウント (https://twitter.com/emban_noruBa)でも発信しています。 スケジュール6月23日(金)~25日(日) 『NEO表現まつり』 円盤に乗る場presents『NEO表現まつり』 会期:2023年6月23日(金)〜25日(日) 会場:円盤に乗る場、おぐセンター2F、サロン梅の湯 プロデュース:日和下駄(円盤に乗る派) 参加アーティストの活動予定田上碧 | 月例企画『6月のしゅわしゅわ』 6月

          円盤に乗る場6月スケジュール

          マガジン限定

          「ありふれた演劇について」40

          もう一か月ほど経ってしまうが、4月の末に、渋谷コントセンター主催の『テアトロコント vol.61』に呼ばれ、「カゲヤマ気象台のコント」名義でコント作品を上演した。 以前に円盤に乗る場で「お笑い研究会」という集まりを何度か開催し、研究成果やコントの試作品をイベントで発表したりもしていたが、なにしろコントという名目で本格的に上演を行うのは初めてで、悩みや苦労も多かったが、いろいろと勉強になった。 最終的にはなるべく普段の作風を踏襲しつつ、自分が趣味的に「ユーモラス」だと感じら

          「ありふれた演劇について」40

          マガジン限定

          5月28日(日)10時30分~ オープンデイ「乗る場の日:コミュニティガーデンやってみる?」 ゲスト:遠藤麻衣さん(俳優・美術家)

          月に一度、「乗る場の日」というアトリエオープンデイを開催しています!毎回ゲストの方を呼んでお話をしたり、ちょっとしたイベントを開催したりしています。5月は、遠藤麻衣さんとコミュニティガーデンをやってみます! 市民が育て、運営する庭「コミュニティガーデン」。俳優・美術家の遠藤麻衣さんに、研修先のニューヨークで触れたコミュニティガーデンについてレクチャーしていただきます。レクチャーのあとは、コミュニティガーデンへのささやかな第一歩として、乗る場のご近所の方々にいただいた植木鉢に

          有料
          500

          5月28日(日)10時30分~ オープンデイ「乗る場の日:コミュニティガーデンやってみる?」 ゲスト:遠藤麻衣さん(俳優・美術家)

          有料
          500

          円盤に乗る場5月スケジュール

          新着情報・参加アーティストの活動予定を更新しました。(5/10) ・スケジュールに「\\ほぼ月1WS //『からだを味わう時間@乗る場!』(講師:短歌を詠むダンサー・振付家/涌田悠)」を追加しました。(5/10) ・スケジュールに「オープンデイ「乗る場の日:コミュニティガーデンやってみる?」 ゲスト:遠藤麻衣さん」を追加しました(5/12) 最新情報は円盤に乗る場ツイッターアカウント (https://twitter.com/emban_noruBa)でも発信しています。

          円盤に乗る場5月スケジュール

          マガジン限定

          アトリエに生理用品を導入した話(渋木すず)

          こんにちは、円盤に乗る派ウォッチャー・アドバイザーの渋木すずです。 今回は番外編レポートということで、タイトルの通り、アトリエ円盤に乗る場に昨夏より導入したFree生理用品の話をしようと思います。 生理用品の常備のきっかけや、コンセンサスを取る過程などについてまとめましたので、他の場所での導入の参考になれば幸いです。 アトリエオープン時のこと アトリエ円盤に乗る場は、常駐するメンバーのいないアトリエです。ゴミ出しも頻繁には行えないため、ご飯やお菓子の容器・生ゴミなどは、

          アトリエに生理用品を導入した話(渋木すず)

          マガジン限定