カゲヤマ気象台

劇作家・演出家。円盤に乗る派。

カゲヤマ気象台

劇作家・演出家。円盤に乗る派。

マガジン

  • 円盤に乗る場

    演劇プロジェクト「円盤に乗る派」が運営する共同アトリエ「円盤に乗る場」情報ページです。詳細はhttps://note.com/noruha/n/n85799530712c Twitter : https://twitter.com/emban_noruBa 円盤に乗る派 : https://noruha.net/

最近の記事

「ありふれた演劇について」48

ここ最近は俳優と演出の関係について考えることが多い。どうしたら、互いに齟齬のない良好な関係のもと創作ができるのだろうか。作り方がすでに共有されていたり、作品についての共通したイメージがある程度あれば、その関係はうまくいきやすいだろう。そういう意味では実験的な方法論を試そうとする団体よりは、保守的なやりかたで創作する集団のほうが演出と俳優の立場は明確になりやすい。伝統的な方法論を持つアマチュア劇団や学生劇団がしばしば強固な集団性を獲得することからも、それはひとつのありかたとして

    • 「ありふれた演劇について」47

      今月から、「テキストを読むためのワークを開発する会」をスタートさせた。俳優向けに、「読む」という体験を深めていくためのワークを新しく開発するための会だ。開催に至る経緯は詳細ページに書いてあるが、かいつまんで言えば、「読む」という体験に対してある程度の共通言語を作らなければ、演劇創作の場でのコミュニケーションにおいてどこかで障壁に突き当たってしまうのではないか? という問いからスタートしている。 第一回では、複数種類の形式のテキストを用意し、それぞれのテキストが要請してくる読

      • 「ありふれた演劇について」46

        少し前になるが、こまばアゴラ劇場でムニ『ことばにない』後編を観た。「レズビアンアイデンティティを巡る演劇」(公式HPより)を銘打った作品で、「後編」とついている通り、昨年(2022年)上演された「前編」の続編に当たる。上演時間は前編だけで4時間、後編も4時間半あり、身の回りでは内容だけでなくその長大さについても噂になっていた。 私は前編は観ることが叶わなかったので、上演台本を購入して読んだうえで後編を観劇した。同じ高校の演劇部だった4人を中心とした様々な登場人物たちが、かつ

        • 「ありふれた演劇について」45

          前回は、円盤に乗る派『幸福な島の夜』の稽古場での制作プロセスにおけるテキストの捉え方や、その出力の方法などについて紹介した。今回は引き続き、身体の運用の考え方についてまとめていきたい。繰り返しになるが、ここで紹介することはあくまで演出家であるカゲヤマ気象台の目線で文章にしたものであり、実際に本番のときに各俳優の中で起こっていたことはそれぞれ異なっている可能性はある。 3. 身体運用の可塑性について 今回の稽古場で導入していた身体運用のモチーフとして、「可塑性」という概念が

        「ありふれた演劇について」48

        マガジン

        • 円盤に乗る場
          ¥500 / 月

        記事

          「ありふれた演劇について」44

          まもなく円盤に乗る派『幸福な島の夜』の本番を迎えるので、今回の作品にあたって採用している演技のプロセスを整理しておこうと思う。とはいえ、これはあくまで私が稽古場でこのようなことを話した、ということであって、実際に俳優の中に起こっていることはこの通りではない可能性はあるので、単なるディレクション(方向性)に過ぎないと思ってお読みください。また、今月だけでは書ききれないかと思うので、来月にも続くと思います。 1.演劇のテキスト(戯曲)は「ヤバい」ものであるとの前提に立つ ピー

          「ありふれた演劇について」44

          「ありふれた演劇について・番外編1」

          【謝辞】毎月更新しているこちらの演劇論ですが、諸々の締め切りに追われてしまい、ちゃんとした記事を書ける時間がなくなってしまったので今回は番外編として、最近戯曲執筆のために導入したツールを紹介したいと思います。戯曲を書く方々にはちょっとした参考になるのではないでしょうか……。 戯曲は文章としてはかなり特殊な形態で、ただテキストで書き続ければ形になるというものではありません。役名・台詞・ト書きが分かれており、それぞれに適用させるスタイルが異なります。たとえば手元にある、新潮文庫

          「ありふれた演劇について・番外編1」

          「ありふれた演劇について」43

          円盤に乗る派の新作公演『幸福な島の夜』の稽古が、今月から始まっている。本番は10月下旬からなので、比較的まだ時間はあると言えるが、合間に長い休みもあるし、直前に詰め込むのも嫌なので、ものすごく余裕があるというわけではない。きっと、あっという間に本番になってしまうだろうと思う。 毎度のことではあるが、円盤に乗る派に初めて参加するメンバーもいるので、稽古の大半は共通言語を作り上げていくための作業になる。とはいえ、あらかじめ完成した体系や演技メソッドを用意して、それを伝達する、と

          「ありふれた演劇について」43

          「ありふれた演劇について」42

          演劇の魅力のひとつに、破綻というものがある。俳優の身体がちょっとしたきっかけ(どうしようもない癖や生理的な反応が出たり、演出でつけられたスピードに追いつけなかったり)で「素」の様相を露呈し、それがむしろ魅力的に見えることもあるし、観客の反応によって作り手が誰も予想し得なかった空気感が生まれ、思いがけない上演が成立することもある。一般的に、演劇は決して完成しないとよく言われるが、それはこうした破綻の魅力を含んだ上演がよい上演であるとされているところが大きいだろう。 とはいえ、

          「ありふれた演劇について」42