クリエーター向けノウハウ集

19
記事

「デジタル移民」を検討してみた #コロナ時代の生存戦略

私はフリーランスのアーティストというビジネス事業者としてはややマイノリティな業態で働いているのですが、他の多くの業種と同様、展覧会や文化イベントといった我々の仕事の場においてもCOVOID-19の影響は今後避けられないだろうと覚悟しています(直近でもひとつ展示が公開中止に……😭)。

そういった状況のなかで気になるのが政府の対応ですが、様々な国が感染症という同一の課題に一斉に当たっているので、各

もっとみる
ありがとうございます!大変励みになります。
48

在宅生活の #メンタルご自愛術

皆様お元気でしょうか……。東京では非常事態と在宅生活が続いており、行動が制限される上に、不安に感じる要素はいくらでも湧いてくる日々です。

そんな中でもどうにか元気でいられるように工夫しながら生活しています。
自分も手探りな中ですが、ここ2週間ぐらいの生活で溜まった日々の地味な知見を共有します。

セルフケアの観点

非常事態なので、とにかく衛生&安全第一!!というサバイバルモードで生活していたの

もっとみる
感謝…大感謝祭…
41

未来の学校祭 - 「未来の市民が学ぶこと」21世紀、人は何を学ぶのか?

世界的メディアアート機関「アルスエレクトロニカ」×東京ミッドタウンによる「未来の学校祭」が今年も開催されます。
本年度のテーマは「脱皮 / Dappi - 既成概念からの脱出 -」。

私はトーク登壇でお誘いいただき、2/22(土)に「未来の市民が学ぶこと」をテーマに、(昨年開催した奇祭を事例に)市民参加型の学びを、最前線のフェスティバル・ディレクター、教育者、外資系企業の新規事業担当者とともに、

もっとみる
感謝の念を送ります…
15

フリーランスが自分の時間とパフォーマンスを守るためのルール

市原えつこです。深夜まで業務対応をしており眠いです……。今日も今日とてやることがあるのに、作業効率がガタ落ちやで……😇
フリーランスはいつでもどこでも仕事ができるのが良さではあるのですが、逆に言うと仕事と生活が密着しすぎることも。

「こういった自体を招いたのも、もとはといえば自分が軽々しく自分の時間を譲り渡すような軽率な行動をしたからだな」と己に憤ったので、自分の戒めとして「自分の時間とパフォ

もっとみる
感謝…大感謝祭…
39

つくることを続けることについて

以前の記事でもご紹介した、「学生CGコンテスト」の授賞式が無事に終了しました(運営のCGアーツの皆様、本当にお疲れさまでした)。

現場では受賞作家、ノミネート作家の方々も大勢お会いすることができて、それぞれ才能や人間的な魅力に溢れた方々で、将来(非常に近い未来)に超絶期待……!という感じでした。多くの応募作品からピックアップされた全てのノミネート作品に対してそれぞれ強い思い入れがあったので、作家

もっとみる
感謝…大感謝祭…
16

2/2にクリエイターの生臭いノウハウ共有の密会を、ヒカリエで開催します

好評だった「クリエイターの生臭い密会」をイベントとして再度開催します

個人のクリエーター、フリーランスとして活動していると、広報・SNSの使い方・資金調達・海外展開……などなど活動において頭を悩ませる問題がいくらでも出てきます。しかし個人主義であるクリエーター、そのへんの悩みや模索感はなかなか共有されず、一人で「これでいいのかな」と悩みながら手探りでやり続けていたり……。

そこで、数年前にセル

もっとみる
感謝の念を送ります…
19

「優れた奴には、妬まず盗め」の万能さ

昨年から、仕事の現場で「みんな優秀やなあ、グギギ」となる場面も増えてきました。あまり顔や態度に出ませんが実はそこそこ負けず嫌いなので、仕事において力及ばずの場面があるとものすごく悔しいしそれなりに嫉妬心が湧いてくることもあります。
さらにはこの大SNS時代、ネットの海のそこかしこにあらゆる人のキラキラとした仕事ぶり・暮らしぶりが溢れています。

そうして劣等感が刺激されそうになった折に定期的

もっとみる
感謝の念を送ります…
144

肩書きは、覚悟と決意を表明するもの

日経電子版でのこちらの連載記事、多く反響をいただき、ありがとうございます。

ただ、「名乗りたいものを名乗ればいい」「名乗ったもの勝ち」はちょっと都合が良いというか、耳障りの良すぎる言葉にも感じるので(実際そういったツッコミもちらほらあった)(このシリーズは過去記事を再構成してつくられているのですが、記事原稿のもとになった文章が、私がもっと若手で無邪気だったころに書いた文章だったことも手伝っていそ

もっとみる
感謝の念を送ります…
30

海外でトラブルを乗り越えるために超重要なのは「楽しむ心と機嫌よくいること」

オーストリアで開催される世界的メディアアートの祭典アルスエレクトロニカでの「Namahage in Tokyo」の発表が無事に終わり帰国しました。

今回の海外渡航、めちゃんこトラブルが多かったです。海外展示トラブル100本ノックかよ、というレベルに色々おきました……
パスポート期限切れ、あらゆる機材が現地で呪いのようにぶっ壊れまくる、必要な資材が現地で全然見つからない、充電バッテリーが現地で即オ

もっとみる
ありがとうございます!大変励みになります。
27

賞をいただくことのネガティブな側面

これまでありがたいことに、いくつか業界において大きめの賞をいただく機会に恵まれました。本当に光栄なことなのは前置きした上でですが、世の中に「100%良いこと」はなく、一見どんなに良さそうに見えることでも大抵負の面もセットで持っています。「隣の芝は青く見える」という言葉がありますが、その青くない部分を書いてみたいと思います。
もちろん賞を頂いたおかげで訪れた機会、チャンス、お仕事は数多くあり基本的に

もっとみる
感謝の念を送ります…
26