アート思考

すべての源は内発的動機に通ず。でも一般人は内発的動機に辿りつけるか?(MASA)

すべての源は内発的動機に通ず。でも一般人は内発的動機に辿りつけるか?(MASA)

最近内発的動機の重要性を耳にする機会が増えてきた。私の所属する企業では昨年、社内起業家育成支援プログラムがスタートしたのだが、その第一段階の選考過程でも「内発的動機が評価基準の6割です」というような形で、その重要性がアピールされていた。この内発的動機というワードが、かなり流行っているせいもあり、表面だけしか捉えていない“内発的動機”が横行し始めているように感じる。つまり、「個人のやりたいが表れていればそれは内発的動機によるものだ」くらいの緩い使われ方が増えている気がするが、私

6
ものづくり考

ものづくり考

作ることで考える 考えてから作る人 作りながら考える人 いろんな人がいると思いますが 私は作ることで考える 時があります 時に手は頭よりも賢く 物事の輪郭を言語化することなく目の前に示してくれます 思考とは頭だけでするものではないのだな 切られて刺されて縫われて挟まれて叩かれて クリエイターの手はどの人の手もみんな 多かれ少なかれかなり酷い目に遭ってきたはずで そんな経験豊かな手と一緒に対話しながらものを作る時間は 演奏している時のように、時に苛烈でドラマチックで

新読書術・『新古今和歌集』というエディット/一日一微発見234

新読書術・『新古今和歌集』というエディット/一日一微発見234

僕は日本の古典文学に詳しいわけではないが、あるアーティストとコラボレーションの仕事をするために『新古今和歌集』を毎朝早く目覚めた日に読みこみ、セレクトしている。 僕が和歌をセレクトし、その歌をモチーフににして絵が描かれるという趣向であり、オーソドックスなアイデアではなくて、かなりポストモダニティな展開にしようと相談しているのである。 和歌や短歌の心得はまるでない。 しかし、日本は「歌」を選び、編集するということにおいて、世界に類を見ないほどの「編集力」を発揮

1
150
楽しいは企画の原動力

楽しいは企画の原動力

企画を考える仕事は好きなのですが、モットーとして「楽しいこと」「快適であること」「リラックスしていること」は着想のための欠かせない要素と考えています。そういう意味ではプレイフルやファンセオリーは興味がある分野です。 プレイフルシンキング、という直球のタイトルに惹かれて読んでみた本ですが、いい意味で予想を裏切られる深い本でした。長く教育にも携わられている著者なのでワークショップ的な学び方の話もありつつ、それ以上に心理学的アプローチからも「楽しく学ぶことがなぜ重要なのか、結果を

8
【 休日の芸術 】 『 cocoro薫風さんのために、作品を 』の御報告

【 休日の芸術 】 『 cocoro薫風さんのために、作品を 』の御報告

1. 御挨拶 こんにちは。  日系企業(化学メーカー)で研究開発を8年、いまは上海で技術営業をしている36歳の会社員です。『 制約の中でこそ 面白いことを 』をモットーに、技術系会社員の傍ら、画家活動として『 タイの小学校と塗り絵授業 』や、『 インドネシアのボードパーク建設にアートで支援 』など行っております。  今日は『 休日の芸術 』に関する進捗記事です! 2. 今回の報告のテーマ 前回は、ビール飲みつつブログを書く、ということで、『 「 気持ち 」 × 「 知識

29
「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート志向

「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート志向

書評ブログを更新しました。 『「自分だけの答え」が見つかる 13歳からのアート志向 』 末永 幸歩 ダイヤモンド社 を読みました。 https://ka162701.hatenablog.com/entry/2021/08/01/084046

5
2-07-12【[文脈を繋げる者]vs[本質を混ぜる者]は世界の観え方が違う】

2-07-12【[文脈を繋げる者]vs[本質を混ぜる者]は世界の観え方が違う】

『客体空間:短期記憶⇄《意識現象》⇄主体空間:長期記憶』 意識は『客体⇄主体』を一致させたがるだけだ・・・というお話の続き。 「短期記憶が長期記憶にイメージを描く」つまり『理解』にも、 「点を摂取するだけ」と「点を位置づけ線を繋ぐ」 との特徴差があり、人はその理解力を表に出す・・・というお話の続き。 2-07-11のつづき →本著の概要と目次 ■内面化のレトリック■ 「愛が大事だ」 が『主体律:道徳・本質主義』。 「愛が大事だから、愛する為に、どう具体的にしていけばいいか

13
なぜ今アートなのか?続き

なぜ今アートなのか?続き

初回はこちら 昨日は「アートの何がビジネスに活きるの?」について書きました! 今日は追加で、アートがもたらす現代を生きるうえで使える力を書きます! ちなみに、「美術館がおもしろく感じれない」という人もいると思いそれもありですが、 「もし自分が今から絵の具を手に取って描くとしたら」「もし1枚買うとしたら」などの目線で見ると、面白くなれるかもです!(なれないかもしれませんが笑) ■真善美を磨く アートがビジネスや人生で活きる要素をあと2つほど共有させてください!  

2
【 ビール飲みつつブログを書く 】 『 「 気持ち 」 × 「 知識 」で何でも出来る可能性があるな 』と思った出来事

【 ビール飲みつつブログを書く 】 『 「 気持ち 」 × 「 知識 」で何でも出来る可能性があるな 』と思った出来事

1. 御挨拶  こんにちは。  日系企業(化学メーカー)で研究開発を8年、いまは上海で技術営業をしている36歳の会社員です。技術系会社員の傍ら、画家活動をしており、『 タイの小学校と塗り絵授業 』や、『 インドネシアのボードパーク建設にアートで支援 』など行っております。  本日は、私の趣味であるビールを飲みながら、日々学んでいることについて『 ブログ 』を書きましたので、その御報告をいたします。 2. 【 ビール飲みつつブログを書く 】 『 「 気持ち 」 × 「 知

29
ずらして、ひねって、妄想する DESIGN #25 「インスピレーション5」(実証編)

ずらして、ひねって、妄想する DESIGN #25 「インスピレーション5」(実証編)

 新たなアイデアを生み出すための「ずらして、ひねって、妄想する」事例を紹介します。  ずらして、ひねって、妄想する DESIGN #23 「インスピレーション4」(検証編)において、「枠外」のアイデアを導出するためには、究極的状況を想起した上で、本質探究の問いを発することにより、その前後において真逆の事象を抽出することによって、「ずらす」と「ひねる」を行う必要があると説明しました。  また、ずらして、ひねって、妄想するDESIGN #20 「コンセプト4」(実証編2)にお

1