ハード・ロックシーンを辿る旅 ver.4 / 怒りと重厚感の90年代音楽シーンと2000年代への流れ / ガンズ・アンド・ローゼスを起点として、、Stevie Ray Vaughanについても
見出し画像

ハード・ロックシーンを辿る旅 ver.4 / 怒りと重厚感の90年代音楽シーンと2000年代への流れ / ガンズ・アンド・ローゼスを起点として、、Stevie Ray Vaughanについても

90年代初頭までのハードロック界隈

LAメタルというジャンルは、1987年に70年代の原型を受け継いだガンズ・アンド・ローゼスの出現で終焉を迎えました。

これに歩調を合わせるかのように、ガンズのメンバーたちのあこがれ=70年代の原型、だったバンド、エアロスミスやキッスも息を吹き返していきます。

80年代はどちらかというと、メタル的な哀愁のハードロック(LAメタル)や、ニューウェーブのノリを取り入れた、いわば能天気なアメリカンハードロック(ハードロックの大衆化)が、隆盛を極めていました。

反面、90年代に入るころには、前述のガンズ・アンド・ローゼスなどのように70年代の原型が復活します。

その要素は、
・装飾は控えめで生っぽく
・粗削り、ラフで、土着的なムード
・かったるいムードもある

つまり、ブルーズを主体としたロックが復興してきたわけです。

スティーヴィー・レイ・ヴォーン~ブルーズ主体のロックの復興の旗手

スティーヴィー・レイ・ヴォーンというブルーズのギタリストが表舞台に登場したのは83年の事。

デイヴィッド・ボウイの「レッツ・ダンス」にギタリストとして参加、そこで聞くことのできる個性的なメロディが注目を浴びました。


ここからもわかるように、彼自身はハードロックではなく、ブルーズロックといった趣でした。

彼の登場が、この先90年代初頭へと続く、ブルーズ(装飾控えめ、粗削りで土着的、ややかったるいムード)を主体としたロック(70年代のレッドツェッペリンの系譜)を復興させることに大きく寄与したといえます。

ともすれば、かったるい要素も多い、ブルーズ主体のロックですけれど、彼はブルーズ臭にロック色が強かったような印象です。

ゆえに、単純に、ロックを聴く感じで、ギタープレイだけでも楽しめますが、音も聞きやすくわかりやすさがありました。

たとえば、

Taxman - ビートルズのカバー。彼が演奏すれば、名曲がさらに高みに昇っています。


Pride and Joy ‐ 代表曲でしょうか。まさにコクとキレ。

そんな彼でしたが、坂本龍馬や、大村益次郎がその歴史的役割を終えた後、まるでそのことだけを成し遂げるためにこの世に生を受けて世を去ったのと同じように、、、、

彼もまた、ブルーズという音楽の復興の種をまいて、、、それで、自分自身の役割は終わったたとばかりに、世が改まる1990年にこの世を去っていきました。

そしてロックにとっては混迷の1900年代を迎えるわけです。

この続きをみるには

この続き: 6,343文字 / 画像4枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
長めのまとめ記事をまとめている、まとめマガジンです。 随時更新していきます。 有料記事を集めています。個別にご購入いただくより、効率的になります!

60年代など各年代の世界の音楽シーンや、ハードロック、アーチスト情報など、まとめ記事を集約しています。 アルバムレビューの有料記事も掲載し…

または、記事単体で購入する

ハード・ロックシーンを辿る旅 ver.4 / 怒りと重厚感の90年代音楽シーンと2000年代への流れ / ガンズ・アンド・ローゼスを起点として、、Stevie Ray Vaughanについても

hisataroh358

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
hisataroh358

いつも読んで下さってありがとうございます。頂いたサポートはいろんな音楽などを聴いてご紹介するチカラになります。あなたに読んでいただき、新たな出会いを楽しんでいただけるよう、大切に使わせて頂きます。よろしくお願いします!

ありがとうございました😊ご意見などコメントいただけたら嬉しいです。
いつもの日常に流れていた音楽♬、芸術作品🎞や映画🎨を思い出と共にご紹介しています💫🍀よろしくお願いいたします。🤗