現代語の俳句について 備忘録 28

◇俳人と俳句作家

「俳句作家」という言葉を見かけて良いなあという印象を受けました。俳句は求道的なものと信じていた僕の頭の中にはなかった言葉でした。たしかに求道的なだけの「俳人」の句集等は人気を博したり売れたりはしないけれど、大衆までも視野に入れた「俳句作家」の句集等はまた少し違うのかもしれません。

心構えなども違ってきそうです。
2004年の記事、
いまさらですが大変参考になりました。

たじ

もっとみる
ご覧いただいてありがとうございます✨
72

日本列島47都道府県を自由律俳句で詠む

すべての句が発表になりました
よろしければご覧ください

【まとめ】
47都道府県名物を自由律俳句で~北から南から日本列島の令和こんにちは~♪ |悠凜さんhttps://note.com/yuurin/n/nae5cfd07f62e

日本列島各県を自由律俳句で詠む
という年末企画

すべての句が出そろったようです
よろしければご覧になってみてください

【まとめ】
47都道府県名物を自由律俳句で~北から南から日本列島の令和こんにちは~♪ |悠凜さんhttps://note.com/yuurin/n/nae5cfd07f62e

ありがとうございます✨
58

現代語の俳句について 備忘録 27

◇揺り戻し

平句ばかりの現代で発句を詠む俳人とか、軽い句ばかりの現代で重厚な句を詠む俳人とか、俗な句ばかりの現代で高みの句を詠む俳人とか、俳句理念がすたれた現代で新しい俳句理念を掲げる俳人とか、いつかそうした揺り戻しが俳句の世界にやって来そうに思います。私もできることから取り組みたいです。

◇2つの俳句

現代の俳句は「古語・旧仮名が基本の俳句」と「現代語・新仮名が基本の俳句」にぼんやりとわか

もっとみる
詳細プロフィールご覧いただけましたか
56

現代語俳句への旅 18

「 降る雪 」
~現代語俳句集~

あるものはストーブひとつ始発駅

ゆめかたれそれからさきは雪の道

ふるさとがおおきくひとつ冬月ぞ

十二月とおくあゆんできたことよ

焼き芋屋この世のひとはすべて客

雪の空じんせいとおくとおくまで

雪だるまことしも庭によみがえれ

目つむってこたつは心羽ばたかす

餅つきは日本のこころこめてこそ

母たちのさいふにも鈴クリスマス



凍てながら白いしぶ

もっとみる
気分よい1日を✨
61

* 俳句 * 冬 (季語)

里帰り巻繊汁に目が滲む       (巻繊(けんちん)汁)

霜月や夜明けを待てば消ゆる夢    (霜月)

都鳥その名に馳する想ひこそ     (都鳥)

セーターを繰り出す手の皺 眺めをり (セーター)

柿落葉 芽吹きし頃にみた夢は    (柿落葉)

寒柝に怯えし頃や懐かしき      (寒拆(かんたく))

日向ぼこ やがて陰ると知りてこそ  (日向ぼこ)

冬の雨 打たれて命燃ゆを知る

もっとみる

吉田翠さんの作品|シェア

列島を詠んでてくてく初春へ

吉田 翠*詩文*さん
https://note.com/midoriandhana/n/nd97dc1a65519

現代語俳句の会 について

「現代語俳句の会」

現代語俳句の会は
現代の言葉で俳句を詠む人々のための会です

「令和朗詠」は元号が改まることがあれば
「◯◯朗詠」と改めます

基本的な方針については随時追加していきます

現代語俳句の会は、主宰者等を設けず、お一人お一人がご自由にご参加いただけるネット俳句会です

現代語で詠む俳句について、ご自身で考え、ご自身で学び、ご自身で活動する、そうした俳人の方々がときどき立ち寄る会

もっとみる

「現代語俳句の会」について

「現代語俳句の会」

現代語俳句の会は
現代の言葉で俳句を詠む人々のための会です

「令和朗詠」は元号が改まることがあれば
「◯◯朗詠」と改めます

基本的な方針については随時追加していきます

現代語俳句の会は、主宰者等は設けず、お一人お一人がご自由にご参加いただけるネット俳句会です

現代語で詠む俳句について、ご自身で考え、ご自身で学び、ご自身で活動する、そうした俳人の方々がときどき立ち寄る会

もっとみる

草笛 よもやま話 8

草笛 よもやま話 マガジン

このマガジンでは
俳句・短歌に関するさまざまな記事、
また、おもしろいと思った世の中の
さまざまなもの・ことをつづっていきます

句会・歌会・詩歌コラボなども
随時開催いたします

1記事1分~5分ほどで、簡潔に
お読みいただけるサイズにしています

よろしければご覧になってみてください

◇今回の主な内容

現代語俳句の会について
~その理念と方針

季語の世界 8

もっとみる
過去記事もよろしくお願いいたします
51