【音楽変遷/開拓‐個人的なオススメ】The Verve

こんにちは。KATAE / かたえと申します。

まず、こちらに訪れていただいた皆様にお礼を。
数ある投稿の中から訪れてくださり、ありがとうございます。

自分で新しい音楽を探そう・見つけたいと思った時どうやってみつけたらいいかわからないという方もいらっしゃると思います。
こちらの記事がそんな方の参考になれば幸いです!!

このタイトルでは、私が音楽を掘り下げてきた過程の紹介や日常的に新たに知った

もっとみる
ありがとうございます!あなたにとって、素敵な一日でありますように。
9

「アラビアの神秘」という到達点

David Bowieはイギリスを代表する世界的ロックスターでありながら「カルトスター」とも呼ばれているのは、七変化するヴィジュアルは勿論のこと、実験を伴った音楽性の継続的な変化こそがその最大の要因でしょう。

例えば、アシッドフォーク、グラムロック、フィリーソウル、ファンク、クラウトロック、ニューウェイブ、メインストリームのポップス、アシッドジャズ、インダストリアル、ドラムンベースなど、変化の数

もっとみる

【音楽変遷/開拓‐個人的なオススメ】Oasis

こんにちは。KATAE / かたえと申します。
まず、こちらに訪れていただいた皆様にお礼を。
数ある投稿の中から訪れてくださり、ありがとうございます。

自分で新しい音楽を探そう・見つけたいと思った時どうやってみつけたらいいかわからない人もいらっしゃると思います。
こちらの記事がそんな方の参考になれば幸いです!!

このタイトルでは、私が音楽を掘り下げてきた過程の紹介や日常的に新たに知った・見つけ

もっとみる
ありがとうございます!少しでもあなたの役に立てたなら嬉しいです!
7

仕方がないじゃない。好きなんだもの。

今週は私の音楽趣味の押し付けで通そうかなと考えてます。
うん、そうしようそうしよう。

邦楽が続いたので洋楽を。
私、UKロックが大好きなんです。

と言ってもそこまで詳しくないので聴く頻度の高いバンドを紹介しようと思います。
うん、そうしようそうしよう。

Arctic Monkeysです。
「コテコテやないかい!」って突っ込まれそうですが、仕方がないじゃない。好きなんだもの。

1stと2nd

もっとみる
よろしければ…フォロー……すいません!調子乗りました!
38

制限があるから創造性が発揮されること(プレイリストとマイベスト)

Playlist & My Best-Tape

 いやー、サブスクって便利ですよね。

 自分はサブスクリプション方式の音楽サービスを使っているのですが、楽曲が豊富にあって、検索してるだけで楽しくなってしまいます。

 新しい音楽との出会いはもちろんですが、昔、レコードで聴いてたアルバムも聴けたりして、ホント嬉しいです。

 そして、サービスを使う時の楽しみのひとつが、”プレイリスト” を作るこ

もっとみる
ポチっとありがとです!
28

BEABADOBEE

BEABADOOBEEのデビューアルバム、Fake It Flowers が10月16日にリリースされた。
90sの音楽に影響を受けていると言う彼女だが、2000年生まれの20歳。まさにZ年代である。
音楽性は違えど、正体不明な多くの敵と戦うティーンエイジャーに寄り添うような、そんな所ではビリーアイリッシュと似たものを感じる。

フィリピンで生まれ3歳の時に家族とイギリスに移住。7年間バイオリンを

もっとみる

LGBTQセクマイゲイが聴く音楽!コールド・プレイ Warning Sign【COLDPLAY 2002年】

2002年3月くらいの風を感じる。寒い海ほたるからマザー牧場をまわって、小学校最後に卒業式の後にみんなで行ったあの頃を。記念撮影をみんなでしていちご狩りして室内アスレチックで遊んでバスで帰ってきたツアーだった。いつもいつも千葉の方に行くと雨か曇りなんだよね(笑)さらには、風が異様に強かったりさ。海の向こうに霧がかかっていて潮風が冷たいんだよ。厚着をして歩いてまた記念撮影。楽しかったなぁ、なんにも考

もっとみる

今週は80年代のイギリスの少しマニアックなポップ、ロックをかけてみました。懐かしいと感じる方も多いのでは?!

もう一つの高校教師

The Policeと言えば、Roxanne、Message In A Bottle、Every Breath You Takeなど色々と名曲があるけど、Every Breath You Takeが最も有名だと思うし、「見つめていたい」という邦題は日本のファンにとってお馴染みですよね。

邪道かもしれないけど、僕にとってThe Policeの最高の名曲と言えば、リテイクヴァージョンのDon't S

もっとみる

5 YEARS with Liam Gallagher

↑タイトル、「リアム・ギャラガーとわたし」とか「リアム・ギャラガーとの5年間」とかにしてたけどいやいや、恋人かいっ!ってかんじになってしまうので英語にしただけ。

リアム・ギャラガーのドキュメンタリー『As It Was』の長文感想。Filmarksに収まらなかった分をここで吐き散らす。

※映画のネタバレ含まれます

んで後半自分語りも入りまーす

.
2020.09.29 Tuesday

もっとみる
そうして今日も「好き」の大安売りをする‬
1