SegmentRouting

SRv6って使われてるの?導入会社はどこ?

今日は、SRv6の導入状況についての記事を書きます。
Segment Routingも導入が始まったばかりなのに、もう次のSRv6を導入してるところなんてあるのでしょうか?

1.日本での導入会社

日本ではソフトバンクとLINEがSRv6を導入しています。

では、なぜこの2社が率先してSRv6の導入を促進しているのでしょうか。
SRv6はネットワーク側のメリットもあるのですが、アプリケーション

もっとみる
ありがとうございます。よければフォローもお願いします。

SRv6のFunctionとは?

SRv6はIPv6のアドレスで表現され、Locator:Function(a:b:c::1)という形で表されると前回説明しました。

LocatorはIPv6の経路として利用されるのでイメージが付きやすいですが、Functionとは何か今一わかりにくいのではないでしょうか。

1.SRv6のFunctionとは

RFCのSRv6 Network Programming draftにはFuncti

もっとみる
もしよければ、一言コメントもお願いします!

SRv6のSID配布方法って?

SRv6のSIDはどのように配布されているのでしょうか。
SR-MPLSでは、IGPを拡張してラベル(SID)を配布していましたが、SRv6ではどのようにSIDを配布しているのでしょう?

1.SRv6のSIDとは?

SRv6のSIDはIPv6のアドレスで表されます。
SR-MPLSではSIDはラベルでしたが、SRv6の場合はIPv6のアドレスで表されています。

SRv6のSIDはLocato

もっとみる
もしよければ、一言コメントもお願いします!
3

Inter-AS Option Cとは

今回はBGPでASが異なる場合にもMPLS通信をさせたい場合の記事です。
PE間でラベル通信をさせたいが、ASが異なる場合は通常OSPFのエリアも異なり、MPLSのラベルをPE間で交換できません。

こんな時に登場するのがInter-AS Option Cです。

1.Inter-AS Option Cの構成

Inter-ASとは、異なるAS間接続のことを指します。
異なるAS間でもラベルを交換

もっとみる
ありがとうございます。よければフォローもお願いします。
ありがとうございます。よければフォローもお願いします。
1

SR-Policyで使われるBinding SIDって何?

どうも、KATSUです。
今回の記事はSR-Policyで使われるBSID(Binding SID)についてです。

Segment Routingでは色々なSIDが出てきます。
これまでも、SRの同一ドメイン内でグローバルにユニークなPrefix-SID、ルータ毎にグローバルにユニークなNode-SID、そして、ルータ間のリンクや、VPNラベルとしてルータ毎にユニークなADJ-SIDがありました

もっとみる
ありがとうございます。よければフォローもお願いします。
1
ありがとうございます。よければフォローもお願いします。
2

SR-Policyという魔物を飼い慣らすには?

SR-Policyは基本的にはTraffic Engineeringのことで、経由するルータのパスの制御を行うものでした。

Segment Routingは誤解を恐れずに言うとMPLSの後継だと以前説明しました。
当初はSegment Routingの場合もSR-TEと呼称されていて、MPLS-TEと同じような動作をしていました。
では、SR-TEからSR-Policyへどのように進化をしたので

もっとみる
もしよければ、一言コメントもお願いします!
1
もしよければ、一言コメントもお願いします!

Segment Routing Flex-algoって何ができるの?

Segment Routingのトポロジ計算範囲は、同じOSPFのドメイン内となります。
計算時の例外処理としてAffinity等で、特定のルータ間のリンクはパス計算の例外(このリンクは通るな!)として扱い、経由するルータのパス制御を行っていました。

ただ、計算できる範囲は同じOSPFドメイン内のみ。VPN毎にこのような複雑なトポロジ計算はできませんでした。

1.Flexible Algori

もっとみる
ありがとうございます。よければフォローもお願いします。