HCI

認知世界を広げるVRの可能性

Takramの野見山です。WebとVRのデザインと開発を行っています。この記事ではVRの可能性について深堀りたいと思います。

VRの可能性

VR元年と呼ばれた2016年からちょうど5年。ゲームエンジンやモデリングソフトのめざましい進化によってリアルな映像表現を誰でも手軽に作れる時代になりました。最近では安価なLiDARデバイスやフォトグラメトリツールが登場したことで、現実世界をバーチャルに再現

もっとみる

[CSCW2021採択] ドラマの視聴におけるインターネット上での考察文化の調査と、その追っかけ視聴への応用インタラクションについての研究

ヒューマンコンピューターインタラクション(HCI)のトップ国際会議のひとつである ACM CSCW 2021 に、荒川(東京大学)と矢倉(筑波大学)が共同で執筆したシリーズ作品の考察現象に関する論文 “Reaction or Speculation: Building Computational Support for Users in Catching-Up Series Based on an

もっとみる

How UX is Transforming Content UX がコンテンツを変えている方法

How UX is Transforming Content
UX がコンテンツを変えている方法

Fawn Damitio, Juniper Networks
February 1, 2020
ジャニパーネットワーク社、フォウン ダミテイオ著
2020年2月1日
How people learn and consume information is swiftly changing and we

もっとみる

[CHI2020採択] 機械学習による挙動の異常検知に基づいて、ビデオ振り返りをより効率的かつ効果的に行うためのツール

2020年には、ヒューマンコンピューターインタラクション(HCI)のトップ国際会議のひとつである ACM CHI 2020 に、荒川(東京大学)と矢倉(筑波大学)が共同で執筆した挙動解析に関する論文 “INWARD: A Computer-Supported Tool for Video-Reflection Improves Efficiency and Effectiveness in Exe

もっとみる

[CHI2019採択] 教師なし学習で会話中の挙動をリアルタイムに解析し、会話の質を向上させるシステム

2019年には、ヒューマンコンピューターインタラクション(HCI)のトップ国際会議のひとつである ACM CHI 2019 に、荒川(東京大学)と矢倉(筑波大学)が共同で執筆した挙動解析に関する論文 “REsCUE: A framework for REal-time feedback on behavioral CUEs using multimodal anomaly detection” が

もっとみる

[CHI2021採択] 機械学習の偽陽性を踏まえた、ユーザーをイラつかせない聴覚フィードバックデザイン

ヒューマンコンピューターインタラクション(HCI) のトップ国際会議のひとつである ACM CHI 2021 に、荒川(東京大学)と矢倉(筑波大学)が共同で執筆した機械学習の応用に向けた介入手法のデザインに関する論文 “Mindless Attractor: A False-Positive Resistant Intervention for Drawing Attention Using Au

もっとみる

ペンとVR HMDでスプレッドシートを操作する空間UIをMicrosoft・ケンブリッジ大学らと発表【#74】

今日のトピックはコーブルク応用科学大学らの研究紹介で、「VRヘッドマウントディスプレイ(HMD)とペンを利用して、タブレット端末でスプレッドシートを扱いやすくする空間UI」について。

―――――――――――――――――――――――――――

こんにちは、こんばんは。
VR/ARの会社を設立した大学院生(@iwhododo)です。
VRは注目の高い領域だけに、日々大量のニュースを目にします。
そこ

もっとみる
ありがとうございます!
9

VRでお掃除ロボットと散歩にいく。【#21】

今日は「MoveVR: Enabling Multiform Force Feedback in Virtual Reality using Household Cleaning Robot」という研究について。

こんにちは、こんばんは。
VR/ARの会社を始めながら大学院生をしています(@iwhododo)。
VRは注目の高さゆえに、玉石混交のニュースを目にする領域です。
そこで毎日1つだけV

もっとみる
ありがとうございます!
11

マンガでわかるHCI: 今週のコンピュータサイエンス研究 140字での論文解説 まとめ 6/1-6/7

このnoteでは、最新のコンピュータサイエンスの研究を140字でゆるく解説しつつ、気になる論文にはこういう研究もあるよ、と似てる研究を紹介しています。

分野の中の人も外の人も、実務で忙しい人もそうでない人も、小学生も大学生も、「なるほど、最先端ではこんなことがおきてるんだな。ふむふむ」と感じてもらえたらと思います。

---

しばらく死んでましたが、ぼちぼち再開していきます。(ˊvˋ*)

もっとみる
どうもありがとうございます :(っ'ヮ'c):
29

CHI2020 気になったもの

こんにちは。某HCI系の学科に通っているただのM1です。

本当は今年から参加したイベント等についてレポートを書こうとこのnoteを作ったのですが、コロナでおじゃんになってしまったので、一旦サーベイスライドをベタベタ貼って供養する場にしたいと思います。

まとめのテンプレとして、落合陽一先生のこちらの論文サーベイフォーマット(p.65)をお借りしました。

恥ずかしながら今まで英語のフルペーパーを

もっとみる