7日間ジャケ写チャレンジ#day7

Straight To The Heart | David Sanborn

バトンを頂いたソニーミュージックLegacy Recordingsの企画です。
自分的に「無人島に行くならこの一枚!」という形で紹介していきます。
先日は
■Manny's Car Wash/Hiram Bullock Band
https://note.com/bjbass/n/n69f4bb2c6daf

関西生ま

もっとみる
ありがとうございます!(°▽°)
14

インスタグラム GoProJapan フィーチャー #8

ステイホームな今年のGWは、仕事を休まずにこなしてる私としては道路が空いててありがたいです。
物流の一端を担ってますので、このGWも休むに休めないんですが、早く仕事が片付きますので非常に助かります。
接触を八割減とはいきませんが、半分以下には減らせていますし、マスクとアルコール消毒でクルマで出ている間も身を守れてますので、終息まで気を抜かずに頑張りたいと思います。

今日の画像は、インスタグラムで

もっとみる
Thanks for your ♥
3

北欧のピアニスト

ジャズはアメリカの発祥ですが世界各地に種が撒かれて色々な文化と混じって、その土地独自の音楽を形成している。このフィンランド出身のピアニストの音楽もそう。アメリカのジャズ~フュージョンの音とは明らかに違う。

勿論、出てくる音はジャズでブラジルの感覚ともリンクしているのだが、作品全体から感じるのはカーティスの大傑作を思い浮かべた。

少ない音数の中で各楽器が有機的に結びついて、これ以上削ぎ落せない位

もっとみる

【TAB】Spain / Chick Corea | Jazz Fusion Soloing

5コーラス分のTranscribeです。前半3コーラスはクリーントーンJazzよりなアプローチ、後半2コーラスはドライブトーンでのRock Fusionアプローチ。

以下よりPDFでDownloadが出来ます。

もっとみる

【TAB】Quarantine Sessions #1 Funk Fusion

C7一発の進行でのソロのアイデア。
譜面とTAB譜(PDFダウンロード可)、小節毎の詳細解説有り、質問等も受け付けます。

もっとみる

メンバーチェキれー。

大好きなDuke Jordan ‎– Flight To Jordan

デューク・ジョーダン唯一のブルーノートでのアルバムでトランペットが
特に印象的だったのだが当時は他のアーティストに夢中だったので調べずに
放置しておいた。今年、ラズパイ弄りをしてサウンド・チェックする際に
良い音を聴きたくなりジャズ虫が騒いでこの作品を聴いた訳。

で、トランペッターのDizzy Reeceって何者?となって

もっとみる

SBB/Pamiec

https://open.spotify.com/album/61wmfLqh94IeKUArmTHXjH?si=jXVdKo6tTRa4dwrhwKOQ8g

ポーランドを代表するプログレバンド。

1976年の3rdアルバム。

コーラスとトレモロ成分を多めにしてフェイザーをかけたエレピとムーグ系シンセで醸し出す幻想感に、

Chick CoreaやJan Hammerを思わせるプ

もっとみる

ハイレゾ音源

先日公開した、Clean Slate 1/6版ですが、

Boothというサイトのほうで高音質版をDL販売しています。

たくさん視聴頂き、またご購入も頂けているようで、本当にありがとうございます。

BoothではFLAC、mp3、m4aにてダウンロードが出来るようですが、

FLACについては実は僕もちょっと謎でした。

というのは、僕は現状ほとんどmacもiPhoneもiTunesで音楽を聴

もっとみる
いえーい♪
4

2020.01.02 Fusion #1

2019年初シルフでめでたく全勝優勝できたので備忘録を残しておきます。これはめでたいですね。

環境

良くも悪くもまだふんわりしてる感じ。

・チルとニョロボンが多いかなと予想したけどそんなにいない。当初予想に基づいてどちらも見れるねんりきドータクンを安心枠に入れたけど、思いの外ナマズンが多い。
・こおり枠はドータクンにシャドボで打点があり、ナマズンにも勝てるこなゆきユキメノコを採用。この2枚

もっとみる