ESG投資

【急浮上キーワード】『脱炭素』を表明する企業続々

セブンイレブンが5年で1000億円という巨額投資を発表しました。

投資先は「脱炭素」技術をもつ工場や企業です。

セブンイレブンの目標は50年後に二酸化炭素の排出ゼロ(実質)。

決して楽ではない経営状況の中で新たな投資先として選んだ「脱炭素」とは一体なんなのでしょうか。

■低炭素社会と似て非なる脱炭素社会

低炭素社会という言葉もありますので脱炭素社会との住みわけをここではっきりさせておきま

もっとみる
明日も読みに来てください!
15

ビヨンドミート(BYND)の可能性について

世の中には見通せない未来と、比較的見通せる未来があります。

新型コロナウイルスの流行はもちろん前者です。よって新型コロナウイルスの影響で株価が上昇した銘柄を、新型コロナウイルス流行前に買っておく事は不可能ですよね。

逆に比較的見通せる未来とは何か。
・世界人口の増加
・日本の高齢化
・地球温暖化の深刻化(何も対策しなかった場合)
辺りは100%とまでは言わないまでも、今後現実化すると考えられて

もっとみる

読書録「持続可能な資本主義」

まったく新しい投資信託、鎌倉投信の代表取締役 新井和宏氏の著作を読みました。効率主義の金融における問題点を客観的に語りつつ、外資系金融で働いた経験をもとにしたご自身の思想も強く感じました。

kindle unlimitedにもあります。

2文まとめ

投資家と企業が分断された効率至上主義の資本主義が息切れしかけている。こうした従来の資本主義の限界に対する答えとして、あえて手間をかけて投資先を深

もっとみる
スキありがとうございます〜励みになります!
5

想い

こんにちは😃サステナブルボーイです。

早速本題ですが、僕は影響力のあるSDGs活動家になりたいです。影響力のあるSDGs活動家になって、貧困問題や環境問題に関心のなかった人々にこの世界の抱える問題に興味を持ってもらい、その人達が今後ご飯を食べる時や買い物をする時、その他日常の様々な場面で、この世界で苦しい状況に追いやられている人や動物、あるいは地球そのものにほんの少しでも想いを馳せてくれたら嬉

もっとみる

ブロックチェーンがどの様にしてSDGsの目標達成に貢献しているのか、貢献されていくのかを、事例をもとに分かりやすく纏めたページを更新しました。SDGsの目標達成に対し、新しい方法を知りたい方にもご覧いただけたら幸いです。

https://japancryptocoin.org/activities/sdgs-cryptoasset-jcca/

次の記事も、執筆中です!フォローも嬉しいです。

今話題のESG投資とは

こんにちは、あじたんです。

今回はESG投資について紹介します。

ESGとは頭文字を取ったもので
E=environment(環境)
S=social(社会)
G=government(統治)
のことです。

つまり環境に配慮し、社会に貢献し、業績も良く不祥事を起こさない会社に投資をするということです。

このESG投資のメリットとデメリットを紹介します。

メリット
・資産形成に向いている

もっとみる
嬉しいです!
11

ESG評価の実態

会計データなら業種も規模も異なる企業を同じ土俵で並べて評価できますが、果たしてESGについても評価できるのでしょうか。

例えば、同じ業種の2社があり財務状況では甲乙付け難く、温暖化対策でどちらか1社をESG投資商品の銘柄として選定するとしたら、以下のケースではどちらになるでしょうか。


〈A社〉
CO2排出量:10万トン/年

〈B社〉
CO2排出量:100万トン/年

年間のCO2排出量だ

もっとみる
ありがとうございます!押忍!
9

2020/11/03の一本

本日に扱うのはこちら。

ブラックロックに対するESG圧力、特にEnvironmentである環境について重点的に触れられている記事。

個人的な意見だが、ESG投資には疑問が残る。
というのも、私は企業とは「自らが提供するサービスや財によって世の中に何らかの利益を還元する存在」だと考えている。
そして、ここで私が気になっているのはESG投資において、環境面が特に着目され、それで批判が生じることが多

もっとみる

クラウドクレジット・マンスリーレポート2020年10月号

『クラウドクレジット・マンスリーレポート』通算16号目の発行となります。今月の償還のご報告をはじめ、投資家の皆様が気にされているトピックを中心にお伝えしていきます。

今月の特集は、分散投資の徹底とオルタナティブ運用です。コロナ禍にあって、投資に対する不安を感じやすい時期かと存じます。そこで本特集では、当社ファンドの信用リスク分散効果(2020年6月末時点)を一例として、いま一度、分散投資の重要性

もっとみる