〈CLASSICALお茶の間ヴューイング〉ハニャ・ラニ(Hania Rani)インタヴュー

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間ヴューイング〉に掲載されたハニャ・ラニ(Hania Rani)インタビュー記事です。

intoxicate 146

© Marta Kacprzak

自分を振り返り、心の中の“家(ホーム)”を見つけて!

interview&text:渡辺亨

 ソロ・ピアノ集だったデビュー作『Esja』に対して、2作目『Hom

もっとみる

〈CLASSICALお茶の間ヴューイング〉クロノス・クァルテット(KRONOS QUARTET)プレヴュー

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間ヴューイング〉に掲載されたクロノス・クァルテット(KRONOS QUARTET)プレヴュー記事です。

intoxicate 146

AT Tlive© Mary Cybulski.

ライヒやライリーが最も信頼を寄せる
インディー・クラシックの先駆者が17年振りの来日!

text:小室敬幸

※こちらの来日公演は

もっとみる
うれしいです!
1

〈CLASSICALお茶の間ヴューイング〉メルコレディ(Mercoledi)インタヴュー

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間ヴューイング〉に掲載されたメルコレディ(Mercoledi)インタビュー記事です。

intoxicate 146

©Akira Muto

ハープとピアノのフレッシュなデュオ〈メルコレディ〉登場!

interview&text:片桐卓也

 ハープとピアノという意外な組み合わせによるデュオが誕生した。中村愛(ハー

もっとみる
あなたはいい人です!
4

〈CLASSICALお茶の間ヴューイング〉コロンえりか(Erika Colon)インタヴュー

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間ヴューイング〉に掲載されたコロンえりか(Erika Colon)インタビュー記事です。

intoxicate 146

エル・システマの国から来た母なる歌姫

interview&text:東端哲也

 駐日ベネズエラ大使夫人でソプラノ歌手としても活躍中のコロンえりか。「何かと分断が進むこの世界で人々の心をつなぐ架け

もっとみる

〈CLASSICALロングレビュー〉山田一雄(指揮)NFC交響楽団『ベートーヴェン: 交響曲第8番、第9番~フィナーレ』他【2020.6 146】

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間レヴュー CLASSICAL〉掲載記事。2020年6月19日に発売された、山田一雄(指揮)NFC交響楽団『ベートーヴェン: 交響曲第8番、第9番~フィナーレ』他をレビューした記事です。

intoxicate 146

全て初出! ニッポン放送伝説の名演シリーズ~山田一雄とNFC交響楽団(5タイトル)(板倉重雄)

もっとみる
また来てくださいね!
2

〈CLASSICAL/JAZZお茶の間ヴューイング〉小曽根真インタヴュー

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間ヴューイング〉に掲載された小曽根真インタビュー記事です。

intoxicate 146

©Gildas Bocle

毎年恒例の挑戦的なコンサート『Jazz meets Classic』
自身の作品であるピアノ協奏曲『もがみ』を改訂初演!

text:オヤマダアツシ

 4月上旬から毎晩、自宅から約1時間のアットホ

もっとみる
あなたはいい人です!
7

〈CLASSICALロングレビュー〉佐藤直紀『新時代へ ~昭和、平成、そして令和へ』【2020.6 146】

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間レヴュー CLASSICAL〉掲載記事。2020年5月20日に発売された、佐藤直紀『新時代へ ~昭和、平成、そして令和へ』をレビューした記事です。

intoxicate 146

明日へ聴き継がれていく作品。待望の初CD化! 今だからこそ、多くの人々に届けたい音楽 (新宿店 飛田陽海)

【CLASSICAL】
新時

もっとみる
スキありがとうございます!
4

〈CLASSICALお茶の間ヴューイング〉TSUKEMENインタヴュー

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間ヴューイング〉に掲載されたTSUKEMEN(ツケメン)インタビュー記事です。

intoxicate 146

原点に向き合い、未来へ。リスペクトと愛に満ちた“時短”クラシック

interview&text:高野麻衣

 結成12年目を迎えるTSUKEMEN のニューアルバムは、原点であるクラシック音楽を5分以内に“

もっとみる
また来てくださいね!
2

〈CLASSICALロングレビュー〉チョ・ソンジン『さすらい人幻想曲』【2020.6 146】

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間レヴュー CLASSICAL〉掲載記事。2020年5月29日に発売された、フランツ・ウェルザー=メスト(指揮)・クリーヴランド管弦楽団の『新たなる世紀』をレビューした記事です。

intoxicate 146

演奏のたびに大きな飛躍を遂げ、自然な奏法で豊かな響きを紡ぎ、聴き手をとりこにする(伊熊よし子/音楽ジャーナリ

もっとみる
スキありがとうございます!
1

〈CLASSICALお茶の間ヴューイング〉沖澤のどかプレヴュー

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間ヴューイング〉に掲載された記事です。コロナ禍で沖澤のどかさんがFacebook上で呼びかけた全国のオーケストラへの寄付についての投稿に触れます。

intoxicate 146

オーケストラに感謝しよう、助けよう、また聴きに行ける日が来るように!

text:池田卓夫(音楽ジャーナリスト@いけたく本舗®︎) 

 2

もっとみる
あなたはいい人です!