intoxicate

〈JAZZお茶の間ヴューイング〉ゴーゴー・ペンギン (GoGo Penguin)インタヴュー

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間ヴューイング〉に掲載されたゴーゴー・ペンギン (GoGo Penguin)インタビュー記事です。

intoxicate 146

© Jon Shard montage Paul Middlewick

今ある楽器で、どこまで領域を広げられるか。ミッションを達成した、という気がしたんだ

interview&text

もっとみる

〈INTERNATIONALロングレビュー〉、ケレケトラ(Keleketla!)『Keleketla!』【2020.6 146】

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間レヴュー INTERNATIONAL〉掲載記事。2020年7月3日に発売されたケレケトラ(Keleketla!)『Keleketla!』をレビューした記事です。

intoxicate 146

国境やジャンルを越境した、壮大な一大音楽プロジェクト(新宿店 栗原隆行)

【CLUB】〈CD・LP〉
Keleketla!

もっとみる
うれしいです!
1

〈CLASSICALお茶の間ヴューイング〉ハニャ・ラニ(Hania Rani)インタヴュー

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間ヴューイング〉に掲載されたハニャ・ラニ(Hania Rani)インタビュー記事です。

intoxicate 146

© Marta Kacprzak

自分を振り返り、心の中の“家(ホーム)”を見つけて!

interview&text:渡辺亨

 ソロ・ピアノ集だったデビュー作『Esja』に対して、2作目『Hom

もっとみる
あなたはいい人です!
6

〈JAZZロングレビュー〉、ブルーノ・メジャー(Bruno Major)『To Let A Good Thing Die』【2020.6 146】

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間レヴュー JAZZ〉掲載記事。2020年6月5日に発売されたブルーノ・メジャー(Bruno Major)『To Let A Good Thing Die』をレビューした記事です。

intoxicate 146

甘い歌声とジャジーなギターから香り立つロマンティシズム(村尾泰郎)

【POP/ROCK】
To Let

もっとみる
あなたはいい人です!
8

〈JAZZロングレビュー〉デイヴ・ダグラス(Dave Douglas)『Dizzy Atmosphere : Dizzy Gillespie at Zero Gravity』【2020.6 146】

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間レヴュー JAZZ〉掲載記事。2020年5月1日に発売されたデイヴ・ダグラス(Dave Douglas)『Dizzy Atmosphere : Dizzy Gillespie at Zero Gravity』をレビューした記事です。

intoxicate 146

中堅、新鋭アーティストとプレイする、デイヴ・ダグラス

もっとみる
うれしいです!
3

Tower RecordのIntoxicateのために書いたジュリアナ・バーウィック(Juliana Barwick)のインタビュー

Tower RecordのIntoxicateのために書いたジュリアナ・バーウィック(Juliana Barwick)のインタビューがネットでも読めるようになりました。
「ジュリアナ・バーウィックはニューヨークのブルック
リンのエクスペリメンタル・ミュージック・シーンの
の出身であるが、1960年代のスティーヴ・ライヒや
テリー・ライリーのミニマルのシーンとも90年代の
ジョン・ゾーンのシーンとも

もっとみる
Thank you! 嬉しいです。スキありがとうございます!

〈CLASSICALお茶の間ヴューイング〉クロノス・クァルテット(KRONOS QUARTET)プレヴュー

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間ヴューイング〉に掲載されたクロノス・クァルテット(KRONOS QUARTET)プレヴュー記事です。

intoxicate 146

AT Tlive© Mary Cybulski.

ライヒやライリーが最も信頼を寄せる
インディー・クラシックの先駆者が17年振りの来日!

text:小室敬幸

※こちらの来日公演は

もっとみる
うれしいです!
1

〈JAZZロングレビュー〉Joshua Redman/Brad Mehldau/Christian McBride/Brian Blade『RoundAgain』【2020.6 146】

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間レヴュー JAZZ〉掲載記事。2020年7月10日に発売されたジョシュア・レッドマン、ブラッド・メルドー、クリスチャン・マクブライド、ブライアン・ブレイド(Joshua Redman/Brad Mehldau/Christian McBride/Brian Blade)『RoundAgain』』をレビューした記事です。

もっとみる
あなたはいい人です!
1

〈CLASSICALお茶の間ヴューイング〉メルコレディ(Mercoledi)インタヴュー

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間ヴューイング〉に掲載されたメルコレディ(Mercoledi)インタビュー記事です。

intoxicate 146

©Akira Muto

ハープとピアノのフレッシュなデュオ〈メルコレディ〉登場!

interview&text:片桐卓也

 ハープとピアノという意外な組み合わせによるデュオが誕生した。中村愛(ハー

もっとみる
また来てくださいね!
4

〈CLASSICALお茶の間ヴューイング〉コロンえりか(Erika Colon)インタヴュー

■この記事は…
2020年6月20日発刊のintoxicate 146〈お茶の間ヴューイング〉に掲載されたコロンえりか(Erika Colon)インタビュー記事です。

intoxicate 146

エル・システマの国から来た母なる歌姫

interview&text:東端哲也

 駐日ベネズエラ大使夫人でソプラノ歌手としても活躍中のコロンえりか。「何かと分断が進むこの世界で人々の心をつなぐ架け

もっとみる
スキありがとうございます!
1