40歳からの人生をデザインする

虫除けにはご用心。

私は自分でも過保護だと思う。
心配で心配で毎日仕方がない。
危ない遊びはしないように とか
慌てて怪我しないように とか
学校の遊具は気をつけて とか
息子も聞いていないようで聞いているので、
慎重な性格になってしまった。

息子が小学校3年生の時、
楽しみにしていた遠足があった。
何月だったか忘れたのだが、
蚊が出てくる季節だったのだろう。
私は一個でいい、ユーカリ臭のきつい虫除けリングを息子に

もっとみる
スキありがとうございます。嬉しいです。
5

娘ったら。

7歳の娘は私のミニ ミー。
することも似ているし、ブロックパズルのように収める収納が得意だ。
レゴのデュプロの人形だって、一緒くたにしないでタッパー行き。
人形たちがタッパーにきちんと並んで片付けされる。まぁ、私がそのほうがいいよって言ったのでそうした方がいいと思っているのかもしれない。

おもちゃ好きの私が小分けに収納するのには
大切に使いたい思いから。
長男1歳のころからのデュプロは弟に引き継

もっとみる
明日もがんばれそう!
7

ビエンベニード アラ メヒコ

Bienvenido a la México!(メキシコへようこそ)

年を重ねるのが年々早くなってきて、気が付いたら39歳になっていた。

そして、気が付けば40歳になる目前だった。

子供の頃に感じた40歳に私は一体なっているのだろうか?

いつも大台に乗る前の年は、ソワソワしてしまう。でも今回は特別だった。39歳から40歳なのだ。初老とも言うべきか、若いというタイトルを本当に返還する歳に来て

もっとみる
Gracias!! グラシアス‼
6

無色の世界

毎日気だけが忙しく、体がついていかない私です。
頭の中のTo Do Listは一応インプットされているけれど、この中から、何個チェックマークつけられるかな。家事も含めてなんやらかんやらあるのである。

することをサッサとしないと
一日はあっという間。
時計の針は容赦なく進んでいく。昼から夕方、そしてもう寝る時間。

子供が小さいときは10時には寝落ちしていた。
仕事をガッツリしていたときは、月日の

もっとみる
嬉しすぎる〜♡♡♡
10

余裕を持つこと

そうです。
わたすが、なまけもの人間です。

ママ友達の間では、私=普通のママ
で通っております。
お家も綺麗にしてるね〜
3人も子育てしてるのにすごいですね〜って
褒められます。(汚いとは言えない)

家に友達を呼ぶときは、"無"のスイッチが
入るんです。
"無"になって、片付けに集中します。
もう、修行する僧侶です。

やるときはあれれ?なんでこんな山積みの洗濯物がすぐに畳めなかったんだろうっ

もっとみる
明日もがんばれそう!
5