38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記

38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記

38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記

【タイトル】38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記 【概要】主人公のチアキが友達に勧められて始めたマッチングアプリ。そこでたくさんのイケメンに会い沼にハマっていく実録物語。 色んなイケメンと出会いHする。そして友達が自殺しても強く生きていこうとする。 【感想】実録物語なのでリアルすぎて笑える。読みながら「あ〜、こんな男いるわ」みたいな共感の嵐。 属するコミュニティによってマッチングアプリをするorしないはだいぶ分かれてくると思う。たとえ使ったことのな

1
【読書記録】2021年3月読了本を紹介します①

【読書記録】2021年3月読了本を紹介します①

3月になって、花粉が舞ってきました。 花粉舞い散る中に忘れた記憶と〜♩鼻水が流れぇてくぅる〜♩(歌:ケツメイシ「さくら」) という心境です。(どんな心境だ) 今回も読了本を勝手に紹介させて頂こうと思います。 1.38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果 内容はもはやタイトル通りで、主人公の著者がマッチングアプリを使ってみた結果をコミックエッセイとして紹介してくれた本です。 どうやら、noteが発信元らしい。さらにドラマ化も予定されているようなので、noteす

4
私には、「チェリまほ」より、このドラマが必要でした。

私には、「チェリまほ」より、このドラマが必要でした。

コロナの収束が見えず、働いても働いても、先行きが見通せない状況で、残業で深夜になること、上司の心ない言葉、指導という名のパワハラ、どんどん心が荒んで、体も疲れ、気持ちも病んでいました。コロナの中では新たな出会いを求めたり、ワンナイトもリスクが大きく、息を抜けない状況が続いています。 今の私には、ファンタジーのようなチェリまほの世界は眩しすぎて、二人の仲が進展するのを微笑ましく思いながらも、以前ほど、楽しんで見れなくなっていたのは確かでした。 そんな中、帰宅してテレビをつけ

6
リカちゃんの死。12月17日の日記

リカちゃんの死。12月17日の日記

昼過ぎにベッドを出る。気分は悪い。昨日出かけたので、今日は引き籠ることにする。一日外出したら一日引き籠る、みたいなサイクルになってきたな。ご飯を炊き、食事を作る。録画していた『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』を観ながら食べる。このドラマ、最初はアラフォーのヒロインがマッチングアプリを使って若いイケメンを次々ゲット、みたいなファンタジーぽい感じだったのだが、前回あたりからアラフォー女性の生きづらさを感じさせるものになってきた。前回は主人公チアキの親友

3
暇な女子大生に会った時の思い出と女性の感性についての雑記

暇な女子大生に会った時の思い出と女性の感性についての雑記

こんにちは、モテな医です。今年も残すところわずかですが皆様いかがお過ごしでしょうか。 私は最近なんだか眠れない夜が続いております。 自分は何かとノスタルジーに浸りやすい性格なので、昔から眠れない時には以前流行したことなどについてついつい思い返してしまいます。 そんなある日、ふと 「 #暇な女子大生 って、結局何者だったんだろう・・・・」 なんて脳裏に過ぎりました。 #暇な女子大生 とは、2017年ごろにTwitterで一斉を風靡した「慶應女子」のアカウントで、 「ちんぽの

15
ドラマ日記『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』(初回)

ドラマ日記『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』(初回)

同クールドラマの”掛け持ち”は、昔は珍しかったようですが、近年は「朝ドラ・大河ドラマ×民放連ドラ」というようなパターンを中心によくあることで、むしろ売れっ子の証のようなところもあります。 今期でいえば、大河『麒麟がくる』と民放ドラマを“掛け持ち”が、染谷将太・川口春奈・木村文乃・滝藤賢一・間宮祥太朗・風間俊介(敬称略)ら。民放連ドラ同士の“掛け持ち”はやや少なめで、仲野太賀さんや山口紗弥加さんらがいます。 『共演NG』での怪演がすでに話題になっている山口さん。秋ドラマとし

8
初体験からセフレまで「恋愛ドラマ」の変遷

初体験からセフレまで「恋愛ドラマ」の変遷

放送中のドラマ『#リモラブ』にはセフレ女子が登場しますし、今夜からスタートの山口紗弥加さん主演のドラマはずばり、『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』。ドラマは社会を映す鏡だけに、恋愛のカタチも時代と共に変化してきました。 例えば中学生の性をコミカルに描いた『毎度おさわがせします』、高校生の初体験がテーマの『夏・体験物語』 は共に1985年放送。1974年から6年ごとに行われている「青少年の性行動調査」に、中学生の項目が加えられたのが1987年ですか

10
『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』松本千秋さんインタビュー

『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』松本千秋さんインタビュー

欧米を中心に世界中で使用されているマッチングアプリ「Tinder(ティンダー)」。その実体験を赤裸々に描いた松本千秋さんによる漫画『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』(幻冬舎)が刊行され、11月18日からテレビ東京でドラマ化される。 「当初の連載タイトルはそのまんま『38歳バツイチ独身女がティンダーをやってみた結果日記』だったんですが、私が使い始めた2018年当時は、その名を他人に言うのが憚られるほど、巷の認識としてはユーザーだと公言するには恥ずか

56