ベテルギウスの夜に改S編:琴乃の処女喪失

ベテルギウスの夜に改S編:琴乃の処女喪失
《遂に美少女は処女を卒業する・・観察した大人は、新体位に挑(いど)む・・美少女は大人達の想像を超えた存在だった・・・・》

この作品は、『釜山(プサン)・大邱(テーグ)・慶州(キョンジュ)』の
続きです。

 道真はラーメン屋で昼食を済ませ。昼休みに会社に着いた。上司の井上と
部下の真野摩耶とピョンピョンゲームを囲んだ。摩耶は、道真に取って怪し
い響きだが

もっとみる

ベテルギウスの夜に改H編:琴乃の処女喪失

ベテルギウスの夜に改H編:琴乃の処女喪失
《遂に美少女は処女を卒業する・・観察した大人は、新体位に挑(いど)む・・美少女は大人達の想像を超えた存在だった・・・・》

この作品は、『釜山(プサン)・大邱(テーグ)・慶州(キョンジュ)』の
続きです。
全面的にエッチ【セックスを楽しむ】描画が有ります?!残念ながらセック
ス描写を御嫌いな方にもストーリーが解る様にソフトコアバージョン
『ベテルギウスの夜

もっとみる

愛と涙にまみれた元旦(フランス恋物語107)

Le jour de l’an

1月1日、朝。

寒がりで朝寝坊の私は、30年間生きてきて、一度も初日の出を拝んだことはない。

今日も、中居さんが朝食を運んでくる直前まで、北原さんと惰眠を貪っていた。(朝食は一番遅い時間帯である9:30を選択)

好きな人とゆっくり起きられる休日ほど幸せなことはない。

それが明日も味わえることを、私は何よりも嬉しく思っていた・・・。

出された朝食は、元旦ら

もっとみる
フォローもしてもらえたら嬉しいです☆
6

心意と魔法の旅々 三章三節「七日間」

七日間——わたしは、あのときの宿舎生活を想起していた。
 メリーは十一歳だったらしい。未だ幼い子供を一人放っておくわけにはいくまいと、狩人組合の宿舎で数日世話になったという。しかしわたし達の小団に与することで、クラネルのアトリエに引き取る形となった。急拵えでメリーの寝具を整え、わたしが神官になるべくウィンゲルの神官組合の門を叩く間、アーク達もまた各々の組合へと足を運ばせていた。どうやら技術の習得に

もっとみる

《第一巻》侍従と女官 6 ふじはらの物語り   原本

彼は、思った。

“よっぽど、つまらぬ女なのであろうか。この者の妻女というのは。せっかくの果報を、どぶに捨てるような者というのは。”

そして、こうも考えた。

“決して、醜女(しこめ)ではあるまい。”

そういうことであれば、本人も、周囲も、「踏ん切り」を、つけることが、かなう。

家春が、外に、佳人を求めるにつき、然した、異論も、差し挟まれまい。

“そのような状況であれば、実際、彼が、行動に

もっとみる
ブキヨウですから。
2

妊娠…最期のドライブ その6

私たちは今愛し合っている!この嵐と雷雨でまるで海のようになってしまった部屋で。海に浮かぶ小舟で私たちは愛し合う。二人はゆらゆらと揺れながら、お互いの存在を確かめ合うように愛し合っている!大粒の雨が裸の二人を突き刺す!雷が私達のすべてを映してしまう!ヤメテ!愛し合う二人をそっとしておいて!もう止まらない!

 ダーリンは歯をむき出し、顔をこわ張らせ、全身の毛を逆立てて、真っ黒な体で愛が吹き荒れる

もっとみる
愛…いただきました
12

年上彼と箱根の年越し(フランス恋物語106)

de Shinjuku à Hakone-yumoto

12月31日、午前10時過ぎ。

私と北原さんは、小田急ロマンスカーの車中にいる。

小田急ロマンスカー・・・名前は聞いたことはあったが、実際に乗るのは初めてだ。

「玲子は箱根に行くのは初めて?」

隣に座る北原さんが、優しく微笑みながら問いかけた。

「昔の彼氏と旅行で一回行ったくらいかな。」

私はなぜか北原さんに対して、嘘をつかずに

もっとみる
シェアもしてもらえたら嬉しいです☆
14

【改悪∞日本昔話】(十一)

穏やかな様相を失くし、赤く充血した目を煌々と光らせてはいるが、あれはお銀ちゃんの相棒でありボクの第二のオトモダチとも呼べる白銀の獣、ハクくんだと判った。なぜかは分からない。ただ直感的に、ひと目でそれがボクの知る獣であり、今は我を忘れ、狂気とも呼ぶべき邪悪な気配を発しているのだと察せられた。

「いつぞやの光景を思いだすのう」

 鬼族の一人が言った。「ありゃ、さしずめ、わてらの団子を食らった犬っこ

もっとみる
わーいでござる!!!
2

ルビー・ザ・キッド Bullet:04

マリオちゃん、17才の誕生日おめでとう!
お祝いに今夜、
今の君にぴったりの
ベリ・インセンなところへ連れていってあげる。
放課後空けて待ってるよーに。

 というメッセージが武市先生から届いて、今日が誕生日だったことを思い出し、面白半分、呆れ半分でOKのリプライを僕は返す。
 『ブランカの夜』に僕とハルを連れ出し、僕を行方不明にしてしまったことで、校長と教頭と教務主任から厳重戒告を受けたというの

もっとみる
ありがとう☆
3