歳をとった僕のうた

赤い花がひとつ

丸い果実がふたつ

空がひっくり返って星が落ちたみっつ

こんな夜に君が夢に出てきたよ

淋しがりやは集まって

恥ずかしがりやの月を呼んでる

青い瞳がよっつ

四角いお皿がいつつ

切り分けたチョコレートケーキがむっつ

真夜中のお誕生会で

主役は君さ

有難うございます!
3

ハサミ

小さいベットと
二人分のごはんと
それを囲うだけの部屋があったら
そこに君がいたら

ハサミはどこ
タグが付きっぱなしだよ

朝ごはんのシリアルに飽きてる
今日も会えないメールが来てる
わたしも何も思わず電車に乗る

君が人より弱いこと
わたしがわたしを大事にすること
そこにこんな部屋があったら

ハサミはどこだろう
タグを切らなきゃ

朝ごはんのシリアルに飽きてる
今日も会えないメールが来てる

もっとみる
押して頂き、ありがとうございます(*´꒳`*)
2

【自作詩】無題

どんな言葉も君の仕草も
鮮やかすぎるよ
上手に受け止められないんだ

朝日の下にいるのは
とても難しく思う
君はもうそっちに行ったのかい

夜の冷たさが馴染む
肌と風の境界線が映る
僕たちはいなくなればいいのに
誰も見つけてくれないね

たまに聞く声も覚えた香りも
優しすぎるよ
長く抜け出せないんだ

昼間の月を探すのは
少し前にやめた
僕はそっちに行けないのかい

夜の静けさを纏う
海と涙が繋が

もっとみる
押して頂き、ありがとうございます(*´꒳`*)
3

半月の恋物語

空白は最大のごちそうさ

欠けた月が語る物語は

まん丸のそれより

明るく鮮やかで

遠く先の方も見渡せる

そうしていつかの満月の夜に

欠けた君のことを想うんだ

横顔だけで笑う美しさと

ふたつの瞳の悲しさと

取りこぼしてきた感情の全てが

また欠けた月の物語を

分厚くしていく

君の影が濃くなるほどに

僕が君を好いていくような

その感覚に近いものがあるね

有難うございます!

「夜がくる前に」



立ち止まり  振り返れば

人ごみの中  茜色

なだらかに傾いて

薄明かりの下に注がれる

太陽はやがて消えていき

ぽつぽつと 世界の底に夜が灯り始める

夕焼けはビルの隙間をすり抜けて

あなたのもとへ 誰かのもとへ

届けられた

私はここで目を瞑る

ひそひそ話す 小さな声が

夜に連れられて大きくなると

誰の記憶にも残らず

空まで届いて星になった

私はもう  誰にも見えない

もっとみる

はじめまして。

はじめまして。
藍鼠(アイネズ)と申します。

詩を書いたり、創作をしたりするのが好きな20代女子です。

作詩を始めてから10年以上時間が経っているのですが、徐々に文章を考える脳が枯れていくような感覚に陥ってしまい、それを打破するためにnoteを始めてみました。

また、一緒にTwitterのアカウントも作成。

@ainezuco

活発に活動するかどうかは不明ですが、第一目標は継続すること

もっとみる
有難うございます!
13

思いがけない君の声

あの頃はまだぼくたちは別々の世界に住んでいた。

君はぼくが無理をして

世間からずり落ちないようにしているのをそばで見ていて、

もっと自分らしくしていればいいのにと思っていた。

君は自分の欲しいものをあまり顧みなかった。

ぼくの着なくなったトレーナーを好んで着ていたりした。

実家の親にプレゼントするつもりの温泉旅行が

何かの都合で行けなくなって、

結局自分たちで予定外に行くことになっ

もっとみる

詩)思考する朝

目覚めては思考する
天井の木目はゆらゆら揺らめいて
不安な朝
カーテンは閉じ 射さない朝日
残暑の温もりは そこまで来ている

目覚めては思考する
布団の感触はざらざら擦れて
不穏な朝
枕は濡れ 乾くこともない
壁の冷たさは わたしをここにつなぎ止める

目覚めては思考する
目覚ましの音はちくちく刺してきて
恐怖の朝
朝食は香り 変わらない食卓
はじまりの足音は わたしを急かす

思考しては目覚め

もっとみる

『銀杏並木』



秋の入り口で
銀杏並木がさらさら揺れる

ひらひら落ちる黄色い葉っぱは
あたたかい文字 優しい言葉
人混みをすり抜けて
まばらな形の足跡になった

一足 一足
積み重ねると
秋の絨毯
あたたかくて 柔らかい

街の灯りに照らされていても
風は通り過ぎていくけれど
わたしには聞こえるよ
秋の足音 話し声

もっとみる

(深夜テンション)自作の詩「ムーンゴールド」

深夜テンションで、去年の夏ごろに自作した詩を上げてみる。笑

突然始まった恥ずかしいことをあえてやってみようのコーナー!?笑(*_*;

去年一昨年はバナナマンのラジオ「バナナムーンゴールド」と星野源にめちゃくちゃ救われた1年だったから、その影響をめちゃめちゃ受けた歌詞になってる。笑
(星野源のSUNっぽさとチャットモンチーのとび魚のバタフライっぽさもある笑笑)

恥ずかしいけど、創作ってやっぱお

もっとみる
優しい世界にしましょう💓
4